FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

エディージャパンの奇跡 映画で感動再び…ラグビーW杯開幕に合わせて全世界公開

日本代表が南アフリカ相手に“世紀の大番狂わせ”を起こしたのは2015年のラグビーW杯イングランド大会。あの興奮が劇映画でよみがえる。オーストラリア人のエディー・ジョーンズ氏(58)がヘッドコーチに就任してから奇跡の勝利に至るまでの3年間を描くもので、日本で開催される来年9月のW杯開幕に合わせ、全世界で公開の予定だ。


34対32。世界を驚かせた大逆転劇に「ハリー・ポッター」シリーズのベストセラー作家、J・K・ローリング氏もツイッターで「この物語は書こうと思っても書けない」とつぶやいたほどだった。


映画化を企画したのはオーストラリア出身の映画監督で脚本家のマックス・マニックス氏(53)。学生時代にはオーストラリア選抜にも選ばれたラグビー選手でもある。


12年にNHKドラマ「東京裁判」の脚本執筆のために滞在していた東京で、旧友だったエディー氏に再会。日本代表のアシスタント・コーチへの就任を依頼されて快諾し、3年間チームに同行した経緯があった。そんなマニックス氏だからこそ知り得た真実が描かれる。もちろん脚本・監督も自らが手掛ける。


撮影は来年1月からオーストラリアのゴールドコーストで始まる。キャスティングも着々と進み、日本独自のスタイルを掲げて攻撃ラグビーを磨き上げたエディー氏には「スター・ウォーズ」シリーズなどに出演するテムエラ・モリソン(57)が決定。キャプテンとして引っ張ったリーチ・マイケル(29)には売り出し中のウリ・ラトケフが扮する。


さらにエディー氏の父親役に「ジュラシック・パーク」などのサム・ニール(71)、広島県にルーツを持つ日系米国人2世の母親に工藤夕貴(47)、妻ヒロコに筒井真理子(57)が決定。大活躍したフルバック五郎丸歩(32)ら配役にも注目が集まる。


リーチは「あの劇的勝利の裏のストーリーがとっても面白い。公開を楽しみにしています」と語った。実際の南ア戦の映像も盛り込み、興奮に拍車をかける。ラグビー映画ではクリント・イーストウッド監督(88)の「インビクタス/負けざる者たち」(09年)が有名だが、新たな傑作誕生の予感がする。関係者はW杯と映画の相乗効果を期待している。

  








  


 











 
 
スポンサーサイト
  1. 2018/10/02(火) 14:17:43|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索