1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

選手

PRの知念雄。沖縄県出身、身長184センチ、体重125キロの25歳だ。ハンマー投げで高校、大学と日本一に輝いた実績を誇るものの、本格的にラグビーを始めたのは現所属先の東芝に入ってから。正式に入社した昨季から、日本最高峰のトップリーグでも出番を得た。

いわばスピード出世での初代表入りだ。目指すは2019年のワールドカップ日本大会への出場だ。野太い声で決意を語る。
「ラグビーを始めた理由が、それなんで。もともとハンマー投げをやっていてオリンピックに出たいと思っていたのが、ワールドカップに変わっただけです。ハンマー投げでは小さな国際大会に出たくらいで、日本代表になったことはなくて…。ワールドカップに出たら、周りが僕より大きくて強いのは当たり前。テクニックもパワーもゲーム理解度も上げないといけない。自分のなかでその緊張の糸を切ったら、ラグビーを始めた意味がなくなっちゃう」
順天堂大大学院時代、関東リーグ戦4部のラグビー部の試合に助っ人参加していた。陸上部がオフ期間中のトレーニングの一環だったが、対戦相手だった駿河台大監督で元ジャパンの松尾勝博監督に本格的な転向を進められた。間もなく、東芝の薫田真広元監督、採用担当の猪口拓氏と面談。「ワールドカップ、目指しませんか」。いまは男子15人制日本代表のラグビー・オブ・ディレクターを務めている薫田に、知念はこう言われたという。
「いまだに、覚えてます。ワールドカップに出ることが、わざわざ競技転向を勧めてくれた人たちへの恩返し。東芝の会社のなかにも、ハンマー投げの選手を採っていいですかと言われて、いきなりイエスと言った人ばかりではないかもしれないんですよ。実際はどうかわからないですけど、僕はそういう(さまざまな意見を持った)人たちに『知念を採ってよかった』『ラグビーに転向させてよかった』と思ってもらえるようにやらなきゃいけない」
今度のジャパンの編成事情と日程については、「準備期間が長い方がいいのは確かですけど、そこは僕らがコントロールできる部分じゃない」と前向きに話す。勝負に言い訳は無用。ラグビーをする前からトップアスリートだった知念の、それがプライドであろう。26日にあった練習では力感がものを言う右PRに入り、低い姿勢でのスクラムを組み込んでいた。
「僕らは、いま集まってできること、コントロールできる部分に集中する。それができるメンバーだと、もうわかった。僕は僕がチームで求められることをやる。それしかないです」

3月にフィジー遠征に出向いた「ジュニア・ジャパン」の仲間である金正奎や中村亮土、国際リーグのスーパーラグビーに参戦するサンウルブズの山中亮平や安藤泰洋と、チームメイトの凄さを次々と語り、「楽しいです」。フィジカル勝負にこだわる東芝で成長しただけに、「痛いラグビーしか知らないので、そのエッセンスを出す。安定したセットプレーと、相手にダメージを与えるプレーを」と決意を語る。世界を食らう一歩を踏み出すか。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/03(火) 03:34:13|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索