1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

コーチ

エディーHC「態度を改めなければイングランド代表から外す」―慢心する選手に警告ラグビーイングランド代表のエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)は15日、シックスネーションズ(Six Nations Rugby 2016)で全勝優勝(グランドスラム)を果たした選手の慢心に不快感を示し、数人をオーストラリア遠征に帯同させない可能性を示唆した。

シックスネーションズ制覇に貢献した4、5人の選手が所属クラブでみせているパフォーマンスに不満を募らせているジョーンズHCは、6月に行われるワラビーズ(オーストラリア代表の愛称)との3連戦で代表落ちする選手の名指しこそ避けたものの、その選手は残りのシーズンで信頼を回復しなければならないと明言した。
ジョーンズHCは「シックスネーションズで起用した選手は、現時点で27人から28人が卓越したプレーを披露している。しかし、そうではない選手が4、5人いる。彼らにはプレーに対するアプローチを変えない限り、遠征には連れて行かないと言っておく」と語った。
「彼らのプレーに満足はしていない。態度を改めない限り、彼らをツアーには連れて行かない。才能ではない。態度だ。彼らは所属クラブのために体を張っていない」
報道陣から問題の選手と話をしたのかと問われると、ジョーンズHCは「彼らはどこからかこのメッセージを受け取ることになる」と答えている。
「彼らが事態を好転させることを願っている。いつもそう願っている。選手はこれがイングランド代表に選ばれる契約の一部であることを理解しなければならない」
「オーストラリア代表で指揮を執っていた2004年に、ブリスベーンでイングランドから51得点を奪った。われわれは彼らが夜にパブで酒を飲んでいたことを知っていたからだ」
「もしそういう態度の選手がいるのであれば、その時点で彼らは代表に選ばれない。単純な話だ」
■ヒーローを求めるイングランドの国民性
ジョーンズHCはイングランドが2003年以来のグランドスラムを達成したことで勘違いしている選手を把握しており、態度を改めない限り、彼らの代表でのキャリアを終わらせることにためらいはないとしている。
「誰が(代表落ちの)リストに載っていても驚かない。彼らには代理人がいて、彼らがいかに素晴しいかを吹聴する取り巻きがいる。新聞を読んでテレビのコメンテーターの発言を聞いている」
「これはイングランドのラグビー界において最も難しいことの一つだ。それは誰もがヒーローを求めているということだ。それが現実だ。ヒーローは彼らの頭を満たしてくれる」
「代理人は『この靴を履け、あいつは面倒を見てくれるぞ、お前は最高だ』などと言い聞かせる。代理人は口が達者だ。背中をたたいて褒めてくれる。だから選手は勘違いしてしまう」
「そういった選手が何人かいる。以前とは別人だ。彼らは自分自身を理解しなければならない。そうでなければイングランド代表のキャリアは良い思い出になるだろう」
スポンサーサイト
  1. 2016/04/17(日) 03:12:27|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索