1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

選手

1月下旬、極寒の成田空港。わざわざ来てくれたメディアの方々のインタビューに応えた後、妻と娘、エージェント、サントリーの広報担当・田原(耕太郎)さんでコーヒーを飲み、しばし談笑。あっという間に出発時刻。
出発直前、妻と娘から手紙をもらう。3歳の娘が書いた「おとうさん れんしゅう がんばってね」という文字に涙がこぼれる。久しぶりにもらった妻からの手紙からは、背中を押されるような心強さをもらう。インターネットやSNSなどを日常で当たり前のように使用しているぶん、「手書き」の温かみを改めて感じることが出来る。
見知らぬ土地に行く不安があったせいか、プレミアシップというプレッシャーがあったせいか、「久しぶりに」という時間的な問題か。少なからず不安がある中で、手書きという救いは本当に有難かった。手紙で不安が和らいだおかげで、成田空港から乗り継ぎ先のドバイまでの約12時間、機内で深い眠りにつけた。ニューカッスルでもこれぐらい深い眠りにつけるのか……ドバイでまた少し不安にかられた。
初めてのゲームメンバー、そして初めてのグラウンド。
現地時間で、2016年2月12日金曜日。ファルコンズはホームのキングストン・パークで強豪レスター・タイガースとの試合。キックオフは19:45のナイトゲーム。この試合で僕は初めてゲームメンバー(リザーブ、18番)となり、仲間の戦いをベンチから見守った。
イングランド、プレミアシップで最多リーグ優勝回数を誇る名門レスター。しかし今シーズンも好調なレスターに対し、序盤からファルコンズのメンバーは素晴らしいパフォーマンスを発揮した。ホームということもあり、雰囲気もゲーム展開も終始ファルコンズペース。20-9で前半を終え、後半へ。
後半に入ってもファルコンズはレスターの猛攻を耐え続け、得点チャンスでしっかりスコアし、23-9。それでもレスターの猛攻は続き、64分にトライされてしまう。キックは外れて23-14。
トライ後に「ハタケー!!!」と観客席にあるリザーブ選手が座る席にいる僕の名前が呼ばれた。僕の他にフッカーのジョージ(・マグウィガン)、スタンドオフのクレイグ(・ウィリス)も呼ばれ、3人が交代する。
この時の僕は比較的、冷静だった。もちろん多少の緊張はしていたが、不思議と落ち着いていた。

理由は、まず勝っているというのが大きい。1トライ1ゴールの7点でも追いつけない点差で勝っていることが1つ。あとは、15分という時間。15分は決して短くはない。レスターのような強いチームなら十分逆転出来る点差。しかし、ホームスタジアムという地の利があり、今日のファルコンズのパフォーマンスなら十分守りきれると感じた。
もちろん、自分が余計なミスさえしなければ。しかしその「ミスしなければ」という感情すら浮かばないほど、程よい緊張と落ち着いた感情を保ったまま試合に入れた。これは若い時では出来なかったかもしれない。メンタルセット、歳を重ねる、経験を積む、失敗したことがあるからこそ生まれる「次に何をしなくてはいけないか」というポジティブな思考。これらは僕にとって貴重な武器だ。
ロッカーでイングランド流の歓迎セレモニー!?
15分はあっという間だった。何度か危ない場面もあったが、仲間の集中力とパフォーマンス、ファンの声援、全てがレスターにプレッシャーを与えた。結果、26-14でファルコンズ勝利。強豪レスターに7年ぶりの勝利だった。
僕のボールキャリーは2回、タックルは3回ぐらいかな。一番心配だったスクラムは1回だけだった。決して多くはないプレー時間、プレー回数だったが、怪我なく勝利に多少なりとも貢献できてよかった。それ以上にチームが勝利出来たことが一番嬉しかった。
ノンメンバーもスタッフも決して広くはないロッカーに皆で入り、勝利を喜びを分かち合った。ディレクターのディーン(・リチャーズ)が「よくやった」と選手を讃え、この日のマン・オブ・ザ・マッチを発表。この日はニリ(・ラトゥ/元NECのトンガ代表フランカー)が選ばれた。
その後、主将のウィル(・ウェルチ/フランカー)が「今日はハタケのファルコンズ、ファーストキャップ(初めての試合)だ!」と言って、誰のか分からない使用済スパイクにビールを注ぎ、渡してくれた。皆が拍手と歓声をあげながら、スパイクのビールをこぼしながら飲み干した。
日常会話より、グラウンド内の方が簡単。
2008年、当時23歳の僕がトップリーグにデビューした時も金曜日のナイトゲームだった。相手は三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)。試合には負け、満足いくパフォーマンスも出せなかった、ほろ苦いデビューだった。イングランドでは仲間のおかげで、30歳にして最高のデビューとなり、苦いはずのビールが若干、美味く感じた。
ニューカッスルに来て練習に本格的に合流したのは、渡英から4日後ぐらいだった。英語での日常会話より、グラウンドの方が良いコミュニケーションが取れている気がする。日本でもイングランドでも、ラグビーの内容、本質は大きくは変わらない。

サイン名は違っても、動きは同じ場合があったりする。細かいポジショニングやシステムの違いはあっても、案外アジャスト出来る。なんなら、ランニングコースやディフェンスの上がり方など、細かい部分に関しては「体格で劣る」という理由で、時間をかけてこだわってきたエディージャパンの財産のおかげで、対等以上に戦えている気がする。
コンタクトの激しさはやはり日本以上だった。
問題はやはりフィジカル、コンタクトの激しさにある。一発一発のコンタクトのレベルは、日本のトップリーグとは違う。日本でも激しいタックルや当たりがくることはあるが、それはトップチームやレベルの高い選手のみ、という限定された中だけだったりする。ここでは全てのチーム、選手が何発も何発も重く激しいコンタクトをしてくる。この激しさに慣れ、対応しないと、ここでは戦えない。
日本に持ち帰れる「土産」は早々に練習で得ることが出来た。日本でプレー経験がある仲間も「日本のトップリーグはよりテンポの速いゲーム展開だが、ここは日本よりテンポはゆっくりだが、コンタクトのレベルが圧倒的に激しい」と話していた。
課題は強みの再認識だったりする。日本ではコンタクトのレベルは低いが、よりテンポの速いゲームプランを遂行できる。イングランドではコンタクトレベルは高いが、テンポの速いゲーム展開では無いため、速いテンポに対応出来ない可能性が高い。エディーが3年間かけて世界と戦うために用意した狂気的なプランは、我々の強みを活かしたものだったと再確認できた。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/26(土) 02:09:57|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索