1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

イングランド

聖地トゥイッケナムでイングランド代表が久々に栄冠を掲げた。ワールドカップで悔し涙を流してから5か月。初の外国人指揮官であるエディー・ジョーンズ ヘッドコーチのもと再建の礎を着実に築き、新たに挑んだシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)で連勝街道を突き進む。12日、トゥイッケナムにウェールズを迎え、25-21で撃破。ホームネーションズのスコットランド、アイルランドにも勝ったため、トリプルクラウンのトロフィーを手にした。
イングランドはこれで4勝0敗となり、まだ優勝の可能性を残している2勝1敗のフランスが現地時間13日のスコットランド戦で敗れれば、イングランドが5年ぶりの欧州制覇となる。だが、赤いバラを胸に誇りを取り戻した男たちは、最終節で自らの手で、しかも13年ぶりのグランドスラム(全勝優勝)達成に気持ちは向いているかもしれない。
イングランド対ウェールズ戦。前半はボール支配、地域獲得ともイングランドが60%以上で優位に立つ。ウェールズは前半だけで19のミスタックル。

この日、ゴールキック成功率100%だったイングランドのCTBオーウェン・ファレルがPGで得点を重ね、31分にはデビュー3戦目の21歳LOマロ・イトジェがディフェンスに穴をあけ、FBマイク・ブラウン、WTBアンソニー・ワトソンとつないでトライが生まれた。
イングランドは守りも堅く、ブレイクダウンではLOイトジェ、LOジョージ・クラウスなどが激しくファイトし、SHベン・ヤングズもプレッシャーをかけて相手の自由にはさせなかった。
しかし53分(後半13分)、ウェールズのSOダン・ビガーがキックチャージから初トライを奪い、流れを変えた。その後、イングランドはCTBファレルのショットで得点を重ね、25-7としたものの、71分にPRダン・コールがシンビンとなり、セーフティリードではなくなった。
73分、ウェールズがスクラムからのアタックでWTBジョージ・ノースがトライ。76分にもテンポよく攻め込み、最後はNO8トビー・ファレタウがインゴールに突っ込んだ。25-21。
4点差に詰めて勢いが止まらないウェールズ。しかし、残り時間が少なかったのがイングランドにとっては幸いだった。ラストアタックでタッチライン沿いを駆け上がるウェールズWTBノースを、21か月ぶりにイングランド代表に復帰したCTBマヌー・トゥイランギがタッチライン外に押し出し、勝負あり。直後のラインアウトでボールをキープしたイングランド側が外に蹴り出し、ノーサイドの笛が鳴った。
グランドスラムまであと1勝。イングランドは最終節をパリで戦う。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/14(月) 03:58:56|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索