1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

コーチ

ラグビー大番狂わせの裏に「世界一のデータ分析」
エディージャパンのアナリストが語るW杯
世紀の番狂わせ――。2015年9月19日、ラグビーワールドカップ(W杯)2015 イングランド大会における日本代表の南アフリカ代表戦の勝利は世界をあっと驚かせた。第2回大会のジンバブエ戦のW杯初勝利以降、24年間勝ったことがなかった日本が優勝候補を破った主な要因の一つは、「世界一のデータ分析」である。その“陰の立役者”とも言えるのが、エディージャパンのアナリストとして分析を担当した中島正太氏である。同氏が「スポーツアナリティクスジャパン2015」(主催:日本スポーツアナリスト協会、2015年12月19日開催)で明らかにした、データ分析の中身を談話形式で2回に渡ってお伝えする。
元ラグビー日本代表 チーム分析担当(アナリスト)の中島正太氏
なぜ、南アフリカ代表に勝てたのか。私は準備の差にあると思う。日本代表は常に「Beat the Boks」(南アフリカ代表を負かそう、Boksは同チームの愛称Springboksの略)を合言葉に掲げていたのに対し、南アフリカ代表の目標は日本戦のはるか先の優勝にあった。
実際、対戦相手のすべての選手を分析していた日本代表に対し、日本を脅威に感じていたのは日本でプレーしている南アフリカ選手のみ。こうした状況の中で、双方に準備の差が生まれた。
試合の3年前から情報収集開始
2012年4月1日、エディー・ジョーンズ氏(現イングランド代表ヘッドコーチ)をヘッドコーチとする「エディージャパン」が誕生した。エディーが掲げた最大の目標は、それまで最高13位だった世界ランキングを10位以内に引き上げることだった。
その目標は2014年6月に達成し、次の目標としてW杯でのベスト8が設定された。エディーはこれらを実現するために、ラグビーのスタイルとして日本独自の「ジャパンウェイ(Japan Way)」を掲げた。我々スタッフに対しては、「世界で最も準備されたチーム」を目指すことが強く指示された。フィジカルでもスピードでも一足飛びには世界一になれない。ならば、準備で世界一を目指そうと…。
エディージャパンの組織は、ヘッドコーチであるエディーとアシスタントコーチ4人の体制で、それぞれのコーチに役割と責任が与えられていた。例えば、エディーならアタック、スティーブ・ボーズウィック氏(元イングランド代表主将)はラインアウトとキックオフといった具合だ。各コーチは試合に向けて対戦相手を分析し、対策を考えてトレーニングメニューやミーティングのプランを作る。アナリストである私は、コーチ陣の前段階の準備をするのが仕事で、準備内容は各コーチごとに異なる。

本番8カ月前にゲームプランを考案
W杯の対戦カードは、本番の3年前に発表された。私のアナリストとしての役割は、初戦である南アフリカ戦に向けた準備から始まった。
南アフリカ代表戦までの準備の過程
本番1年前の2014年夏には長野県の菅平高原で2泊3日のミーティングを開催した。分析だけでなく、スタッフがW杯まで何を準備すべきかを確認。対戦相手について、どのような情報を集めるかの詳細を決めた。本番8カ月前の2015年1月には、それぞれのコーチが考えてきた分析を三つぐらいに絞り込み、エディーを交えてミーティング。最終的にはアナリストとコーチスタッフ全員が集まり、チームとしてのゲームプランを考案した。
2015年7月から選手がW杯に向けた代表合宿に集まる計画だったので、それまでに選手にどのように情報を伝えるかの手段をプランニングした。
各方面から南アの映像とデータを入手
では、取得したデータをどのように戦術に落とし込んでいったのか。最も細かい準備をするスティーブが担当する「ラインアウト」を例に紹介しよう。ラインアウトとは、ボールがタッチに出たときに再びグラウンド内に投げ込むプレーである。
スティーブは準備の段階で、南アフリカ代表戦のすべての試合映像とキープレーヤーの映像、さらに世界でラインアウトやキックオフが優れたチームの映像を求めてきた。次に、詳細が求められたのが映像のデータベースとデータである。これらは複数のソースから収集した。具体的には、日本代表のオフィシャルデータサプライヤーのデータスタジアム、オーストラリアの分析会社であるSportstec社、さらにW杯を主催するワールドラグビーから映像を入手した。
データスタジアムからは国内のトップリーグと選手の試合中の「座標データ」を、Sportstec社からは日本以外の世界のラグビーチームのデータを、ワールドラグビーからは毎試合インターネットにアップされる三つのアングルの映像を入手し、それらを使った。
分析ソフトはデータスタジアムの「データスクラム」やSportstec社の「SportsCode」を用いた。それぞれのデータを私がパソコンのソフトウエアに取り込んだ。ここで重要だったのが、それを日本代表に合った形に修正する作業である。


スティーブが担当するラインアウトの分析手法について、具体的に見てみよう。
ラインアウトでは、「グラウンドのどこでそれが行われたのか」「誰がどこにボールを投げて成功率はどうだったか」「誰がジャンプしてボールの獲得率はどうか」「ラインアウトを何人で構成したか」「その後ボールがどうなったか」をソフトに入力し、スティーブが求めるアウトプットの形に整えた。
ラインアウトのデータ分析項目

ソフトでは、データの数字をタップするとその映像が再生されるシステムになっている。
南アフリカ代表の試合映像とデータを入力したソフト

分析の結果、身長2m以上の選手が多くいる南アフリカ代表は、ラインアウトが強力であることがデータからも明らかになった。実に全トライの50%以上が、ラインアウトが起点だった。これで南アフリカ代表がトライを取りやすい地域(例えば、自陣ゴール前)でのラインアウトは、避けなければないならないことが明白になった。
データ分析の結果、南アフリカ代表は全トライの半数以上がラインアウトが起点であることが判明

日本代表には、南アフリカ代表にラインアウトの強みを出させない戦術の構築が求められた。そこで、データを見ながら南アフリカ代表のラインアウトのプランを分析。日本代表は何人でラインアウトを構成するのか、どのエリアでラインアウトを多く獲得できるといいのかなど、具体的な戦術を考案していった。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/13(日) 04:09:28|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索