1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

コーチ

サンウルブズのアシスタントコーチに就任、田邉淳コーチ



世界最高峰のリーグ戦であるスーパーラグビーに、初の日本人指導者が誕生した。田邉淳、37歳。2016年度から初参戦するサンウルブズのアシスタントコーチとして、野望を明かす。
「どこにもないマルチカルチャーのチームを作りたい」
日本をベースとしたサンウルブズは、人種のるつぼだ。マーク・ハメットHC(ヘッドコーチ)はニュージーランド(NZ)人で、チームの大半を占めるのが堀江翔太主将ら日本人選手。元アルゼンチン代表のトーマス・レオナルディ、フィジー人のジョン・スチュワート、サモア代表のトゥシ・ピシ、オーストラリア出身のエドワード・カーク、アメリカ代表のアンドリュー・デュルタロも並び、多国籍軍を形成している。そんななか、語学堪能でもある田邉は「間に入って、みんなをまとめられたら」と言う。
「3~5年経ったら、サンウルブズでやってみたいという外国人選手が増えてくる、そういうチームを作りたい。海外へ行っている日本代表の選手にも、ああ、サンウルブズでやっとけば良かったなと思われるようにもしたい」
「どの選手に聞いても、勝利はすぐそこにあると言っている」

サンウルブズは初戦のライオンズ戦に13対26で敗れた
2月27日、東京の秩父宮ラグビー場。ライオンズとの開幕節を迎えた。やや粗さの目立った相手に13対26と敗れた。もっともサンウルブズは、下馬評では苦戦必至。他の常連クラブが前年から始動したのに対し、新参者であるサンウルブズの初顔合わせは約4週間前だったからだ。それだけに、試合後の田邉の声も暗くはなかった。
「どの選手に聞いても、勝利はすぐそこにあると言っている。その勝利をつかむために、細かいところを詰めていく」
7月までのレギュラーシーズンを見据え、「沈みかけたところからスタートしたのはわかっている。そこからどう豪華客船にしていくかに、手腕が問われます」とも続けた。言葉の選択で人をわくわくさせる、コーチとしての魅力をにじませた。
「選手は世界に出て行った。コーチも出て行かなきゃ」

現役選手生活の最終年である2013年から、田邉は「将来、コーチとして世界に行きたい」と宣言していた。
国内所属先のパナソニックは、くしくもこのシーズンから日本のトップリーグを3連覇することとなる。田邉がプレーしていた時代は、いわば黄金期の始まりのころだ。
異文化との距離は近かった。2014年度から監督となるロビー・ディーンズアドバイザー(当時)にはオーストラリア代表での指導経験があり、レッズで指揮を執ったフィリップ・ムーニー、クルセイダーズの肉体強化に貢献したアシュリー・ジョーンズなど、スーパーラグビーで実績を残した名手がそろって入閣していた。ロッカールームでは、ハイランダーズで日本人初のスーパーラグビープレーヤーになった田中史朗がNZのラグビー文化を仲間に伝えていた。レベルズにも籍を置く堀江も、このパナソニックで主将を務めていた。
この年度を選手兼コーチとして過ごした田邉は、自然な流れで大志を抱いた。
代表HCに選出基準を質問する積極性
15歳のころから約9年間、ニュージーランドはクライストチャーチで暮らした。「不安はなかった。行って、不安になるタイプですね」。帰国後はパナソニックの前身である三洋電機とプロ契約を結び、ゴールキックの得意なフルバックとして躍った。2008年に右膝の前十字靭帯、後十字靭帯、さらには内側をいっぺんに断裂しながら、翌09年にはベストキッカー賞と得点王をそれぞれ初受賞した。
身長171センチ、体重76キロという小さな身体で、日本代表にも選ばれた。2010年にジョン・カーワンHC、2012年にはエディー・ジョーンズHCにそれぞれ招かれた。田邉はいずれの折も、どうしたら代表に選ばれるのかをボスに直接、質問していた。カーワンの時は携帯電話の番号を調べて英語で話し、ジョーンズの時はイベントで本人と顔を合わせる予定だった関係者に伝言、間もなくコールバックを受けた。
冒険心と繊細さを持ち合わせ、自分の願いを叶えるべく具体的に行動する。ずっと田邉はそういう人で、スーパーラグビー挑戦へも努力を重ねた。田中に「お前から見て、俺というコーチはどうなん?」と聞いたこともあった。「人の理論をコピーアンドペーストするは無理やと思うんです。それを、どうしてそうやっているのかを学ぶ」と、自分なりのラグビーの捉え方も論考した。
チャンスが回ってきたのは、2015年の12月だった。発足の準備がままならぬサンウルブズの運営サイドから入閣を誘われ、田邉はすぐに快諾した。パナソニックのバックスコーチとの二足のわらじを履くことを決め、「ここで手を挙げなかった選手、コーチに悔しいと思ってもらいたい」と決意した。
HCの「ハマー」ことハメットとは、始動前から連絡を取り合った。2月上旬から愛知、沖縄で合宿をするなか、今回が初来日という指揮官の意図を汲みとっていった。
「今はみんなで助け合っていく環境づくりを大事にしているんだ、と。確かにひとつの脳みそより、40個の脳みそが集まっていた方がいい。間違いなく言えるのは、ハマーは日本人選手のことはまだそこまで把握してない。僕もその手助けもできれば。できるだけみんなで同じ画を見るために、僕が知っている日本人の情報を共有したい」
グラウンド上では、攻撃戦術の確立を担う。他の首脳陣と意見をすり合わせ、大まかな枠組みを練る。それを日本代表経験者の堀江や日和佐篤、立川理道、田村優、サントリーでもプレーするピシといった「ストラテジー(戦略)リーダー」に「どう思う?」と投げかける。煮詰め、まとめた意見を、チーム全体にプレゼンする。
「どうスペースをつくるのかを選手間で共有すれば」

昨秋のワールドカップイングランド大会を戦った日本代表は、ジョーンズのもと「シェイプ」という複層的陣形を作った。選手が運動量を生かして駆け回り、相手をかく乱させた。1日2~4回の猛練習で、それに必要な体力も鍛えていた。かたや今後の代表強化も支えるサンウルブズは、攻め方をやや簡略化した。
キーワードは、「スペースクリエイター」と「フィニッシャー」。プロップ、フッカー、ロックという黒子役が、「スペースクリエイター」として接点で相手を引きつける。それ以外の選手が「フィニッシャー」として、空いた場所を一気にえぐる。
「エディージャパンは、準備期間があったからあのラグビーをできた。ただ、2~3週間ではあれだけのフィットネスをつけるのは無理だし、戦術を落とし込む時間もない。1、2歩下がったところから始めないと」
田邉は解説する。
「このチームにはスーパースターはいない。ただ、ハードワークする選手がたくさんいる。どうスペースをつくるのかを選手間で共有すれば、自ずといいチャンスが生まれてくる気がします」
「ゼロから作り上げる経験はプラスになる」

次世代の選手が憧れるチームを作ることができるか?
初戦の後は、「お互いをもっと知り合うことが大事」とも展望した。現在ニュージーランドの高校へ留学中の長男・淳之介にも、自らの現役生活を通じて日々の鍛錬の大切さを伝えてきたつもりだ。「それがかえってプレッシャーになるかもしれない」なんて、迷いを口にしながら。とにかく、地に足をつける。
沖縄では、ゴールキックの居残り練習にも加わった。ピシとともにキッカーを務める田村、立川のフォームや精神バランスを安定させるべく、蹴り込む姿を動画撮影。すぐにうまくなる魔法などないから、まずは個別の課題を丁寧に抽出する。
「コーチとしての目標ですか?……ゼロから作り上げるチームが、実際にどう作り上げるのかを知るのは間違いなくプラスになる。今度、似たような状況のチームに呼ばれてもすぐに対応ができる……。そんな風になれたらと思いますね」
魅惑的な言葉と地道な下働きで、派手な「豪華客船」を作り上げる。その経験を、もっと広い世界で生かしてみたい。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/05(土) 02:46:02|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索