1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

五郎丸

今やラグビー選手の枠を超えた「国民的スター」は、劇的な変化をどうとらえているのか。'16年、自身初となる海外挑戦を迷わず選んだ本当の理由は何か。五郎丸が本誌に率直な思いを明かす。


「有名になる」ことの意味
東海道線の磐田駅。静かな朝だ。ほんの数名を乗せて路線バスがゆったりと走る。ここから遠くない場所に列島の人気者がいる。
五郎丸歩。説明は不要だろう。ラグビーの日本代表のフルバックとしてワールドカップ(W杯)で南アフリカを破った。
ルーティンでおなじみの正確なプレースキック、忘れがたきトライとタックル。端正なたたずまいの背番号15は、あの歴史的な金星を境にヒーロー、いやそこにとどまらず「ヒーローにしてスター」と遇される。テレビに雑誌にその姿を目にせぬ日はない。
ひとつの勝利によって世界が動く。スポーツの醍醐味だ。師走のグラウンドをひた走り、ときに放送局の廊下も駆ける。公式戦で結果を残しながらメディアにも露出する。すべては愛するラグビーのためである。
「せっかく、ラグビーを日本の国民のみなさまにこれだけ知っていただけた。実際にはコンディションは落ちていないのですが、もし少し落ちたとしても、いまは与えられた使命、自分にしかできない仕事をするべきだろうと思っています」
最後のくだりに自覚がにじんだ。
ラグビーとは究極のチーム競技だ。耳たぶをカリフラワーの形状にしてスクラムを押し合い、人の壁に頭を差し入れては地面のボールを奪うフォワードがあって、バックスの美しいトライも生まれる。
しかし南アフリカ戦の金星をきっかけに興味を抱いたファンは、やはり「五郎丸」に引き寄せられる。
「ラグビー文化、スポーツ文化の定着した国であれば、いろいろな選手がスタジオに呼ばれると思います。日本の現状ではどうしてもキックのポーズが注目される。エンターテインメントとして扱われてしまう。でも、いまは仕方がない」
自分が露出することでラグビーの奥深さを知ってもらえれば。まさに使命である。W杯の快挙の前からのファンは、そんな姿勢を「同志」として理解、感謝もしている。


「(テレビ出演などが)好きか嫌いかといわれれば、そんなに好きではないですよ。拘束されますし。でも行けば行ったで楽しいところもある。初めての経験なので。そもそも相手に合わせるタイプでもありませんし、ことさらに苦手意識はありません」
有名であることには慣れたのだろうか。
「立ち位置は間違いなく変わりました。いい意味で自分自身にプレッシャーをかけられます。これだけメディアに登場して、パフォーマンスがよくない、試合を欠場する、というケースもありうる。そこを乗り越えて結果を出すという高いモティベーションを持ちたいですね」
口調、言葉の選び方はどこまでも冷静だ。万事にブレない。いくら称賛されても浮かれたところは見つからない。
「脚光の当たり方は変わりました。ただ自分たちラグビー選手の行動はずっと変わらない。これまで広く知られていなかっただけで。本当に内面の素晴らしい人間が多いんです。地道な努力を以前から続けてきました。せっかくなら、たくさんスタジアムにきていただいたお客さんに満足して帰ってもらえるような試合をしたい。僕だけでなく、すべての選手がそう考えています」
2019年のラグビーW杯日本大会、その翌年の東京五輪、アスリートとしてスポーツ文化醸成の力となりたい。そのために知名度をいかせるなら何でも引き受ける。
「(サッカーW杯と合わせて)世界の3大スポーツイベントのうち2つがやってくる。ここで変わらなくては。だから自民党の式典にも出て挨拶させてもらったんです」
11月29日の同党60周年記念式典への出席は「サプライズ」とされ、特定の政党への接近を危ぶむ見方も一部にあった。
「自民党の政治家をめざしているのか、と。まさか。そんなつもりも能力もありません。勘違いはしていない。ただ現実に国を動かしている方々に、私たち選手のワールドカップでの経験、現地のホスピタリティーなどスポーツ文化について伝えたかった。どうしてもラグビー界だけでは大会を成功に導けないわけですから。いろいろと話もさせていただきました。でも、そこは報道されませんでした」
いまなら耳を傾けてもらえる。どこか愚直なまでの使命感である。私人ではなく、ラグビー競技の公人として動こうとしている。
「練習の時間は確保できています。その分、家族との時間を削っている。きのうも子供が泣いたらしいです。4月から代表の合宿が続きましたし、家族への負担は本当に大きいですよね」
かわいい子供たちにとっての朗報がある。
南半球の最高峰リーグ、新年2月からのスーパーラグビーのレッズへの加入だ。オーストラリアのブリスベンに本拠を置く名門で、地元紙は「ワールドカップのセンセーション」と紹介、契約を大きく報じた。
そこには肥沃なラグビー文化がある。妻子との時間もある。レストランでも理髪店でも、ファンがスマートフォンで写真を撮るに際しては、スポーツ選手への敬意をこめて、誰もが「よろしいですか」と断るだろう。
楽しみですね。そう聞くと即答した。
「いまは自分が好きなように行動はできません。向こうに行けば、自由な時間もある。メディアの取材も少しはあるのでしょうけど、その伝え方などを比較することもできそうです」
チーム内の競争は激しい。最後尾から指示を飛ばすポジションの特性から英語力も要求される。
「ヤマハには海外駐在に備えるための英語教育システムがあります。きょうも午前9時から1時間、受講してきました。ほぼ毎日です。どのくらい役に立つかはわかりませんが、やらないよりはいいだろうと」
そして、レッズでのプレーについて意外な発言をした。
「自分自身が活躍するというイメージはまだないですね。まずは、どれだけ失敗して帰ってこられるのかというのが僕としては楽しみで」
「自分自身、過去を振り返って、いちばん伸びたのは(早稲田)大学1年のときでした。ガムシャラで。いつでも(自分のプレーの)ビデオを見て、少しでもうまくなりたい、このチームの力になりたい、と考えていた。人間、そういう環境のほうが伸びるんじゃないかと凄く感じていて。日本での自分のプレーはある程度は確立されています。このまま国内にいても、ラグビーを盛り上げる役目はあるにせよ、プレーについてはもう伸びないのではないかと」
でも、できれば失敗はしたくないのでは。
「地位が固まれば固まるほど失敗というリスクを避けて通るようになる。これだけスポットライトを浴びて、評価もしてもらって、国内にとどまっていたら、本当にリスクを避ける人間になってしまう。その意味でも海外に挑戦して、まだまだ日本人のラグビー選手は弱いだろう、と思っているオーストラリアに行くのが楽しみなんですよ」
名誉の先の渇望。これもアスリートの「業」なのだろうか。
「選手寿命もそう長くはない。ラストの海外チャレンジ、すなわち、ラストの失敗の場でもある。そこから成長、成功できるチャンスかもしれない。失敗も批判も自分のためになる。そこは気になりません」
根底に自信と探求心がある。


「海外遠征でスポーツの文化を感じる。でも、それだけでは『文化』という言葉でしか表現できない。海外の生活を知らないと本当のところはつかめない気がするんです」
1年前、現在の自画像を描けなかった。1年後もまた。
'19年のW杯、芝の上に立つイメージは?

「ずっと'15年大会を区切りと考えてきました。その4年後もあると考えると妥協してしまう。いまは自分がアスリートとしてどこまでいけるかにフォーカスしたい」
問答の途中、宇宙から初めて地球を見た人間のイメージがわいた。想像を超えて別次元に達した男は、型通りの帰結を好まない。成功にしがみつかず、数年後の自分を決めつけない。あえて失敗を希求するのだ。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/15(金) 03:51:27|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索