1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

五郎丸

天理貫禄の“白い壁”シード常翔の猛攻阻み撃破
接戦の末、常翔学園を降した天理フィフティーンは喜びを爆発させる

◇全国高校ラグビー2回戦 天理5―3常翔学園(2015年12月30日 大阪・花園ラグビー場)
天理の“白い壁”がシード校・常翔学園の猛攻を阻んだ。松隈孝照監督は「率直にうれしい。最後までDFが我慢した」と選手をねぎらった。
前半11分にPGで先制され、同16分にはNo・8柴崎がシンビン。数的不利に陥ったが、SO林田主将を中心に「1人抜けたことで逆にまとまった」と結束した。前半29分、左中間22メートルのラックから左につなぎWTB小川が逆転トライ。殊勲の小川は「うちに凄い選手はいない。一人一人が一生懸命やって、2、3人分の仕事をする」と胸を張った。


  


「高校時代の五郎丸はヒョロヒョロしていて『これで将来やっていけるのかな』と、不安に思いました」

そう語るのは、佐賀工業高校ラグビー部総監督を務める小城博さん(65)。五郎丸選手(29)の“恩師”である。
「彼は世間で言われているような“エリート”ではありません。実際、4年前のW杯では代表にも選ばれていませんからね。では、なぜ彼が成功したかといえば、この数年で体重を20キロ増やして100キロになったこともあります。彼はキックが注目されていますが、タックルも良くなっています。100キロといっても外国選手に比べれば軽自動車ぐらいのものです。それがダンプカーのような外国選手を押しつぶすタックルができるようになったのです」
実は五郎丸は高校時代からずっとトラウマに悩まされていた。‘03年1月の全国大会の準々決勝で五郎丸のミスが原因で敗退したのだ。同じラグビー部に所属していた兄・亮(31)から全国制覇の夢を奪ってしまったことに、五郎丸は号泣したという。
W杯開催中、小城さんもイギリスで教え子の闘いを見守っていた。19日に発売された『五郎丸日記』(実業之日本社)によれば、五郎丸は現地で恩師にLINEで、こんなメッセージを送っていたという。
《花園(高校生最後の全国大会)での失敗で、すべての期待を裏切った私の過去は変えられません》
小城さんが続ける。
「しかし今回のW杯の活躍で、12年前のトラウマからようやく抜け出したようです。そんなメッセージももらいました」
トラウマから解き放たれた五郎丸は来年2月からオーストラリアで、どんな活躍を見せてくれるだろうか。
良いお年を!!

 
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 03:24:34|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索