1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

チーム

サンウルヴズ  メンバー

世界最高峰リーグのスーパーラグビーに初挑戦する日本チーム、サンウルブズの、2016年スコッドが12月21日に発表された。
今年のワールドカップで3勝1敗という歴史的偉業を達成した日本代表メンバーからは10人が選出。ジャパン歴代最多の96キャップを持つ37歳のLO大野均(東芝)、副将としてもチームをけん引したHO堀江翔太(パナソニック)、堀江と同じくレベルズでスーパーラグビー出場の経験を持つPR稲垣啓太(パナソニック)、そして強力なスクラムと安定したラインアウトで日本代表の快進撃を支えたPR三上正貴(東芝)、HO木津武士(神戸製鋼)、LO真壁伸弥(サントリー)も名を連ねた。バックスでは、南アフリカ代表戦の試合終了間際に落ち着いてアタックをコントロールし世紀の番狂わせを演出したSH日和佐篤(サントリー)、SO、CTBで名コンビとなる立川理道(クボタ)と田村優(NEC)、そして日本が誇るスピードスターのWTB山田章仁(パナソニック)もサンウルブズの一員として新たな舞台に立つ。

会見に出席した山田は「こうして盛り上がっているなかで、いまやらないでいつやるんだという思い。日本ラグビーのために、もっと言うと日本のために頑張っていきたい。勝負事なので、負けてもいい試合なんてひとつもない。素晴らしいリーグのスタートラインからプレーできるのは喜び。みんなで素晴らしいチームにしていきたい。みんなで誇れるチームに」と意気込みを語った。
そのほかの日本代表キャップ保持者では、HO有田隆平(コカ・コーラ)、PR垣永真之介(サントリー)、FL村田毅(NEC)、SH矢富勇毅(ヤマハ発動機)、CTB山中亮平(神戸製鋼)もスコッド入り。セブンズ日本代表の経歴を持つFB笹倉康誉(パナソニック)、元ジュニア・ジャパンのPR山本幸輝(ヤマハ発動機)、PR平野翔平(東海大学)、PR具智元(拓殖大学)、FL細田佳也(NEC)、SH井上大介(クボタ)、そして豊田自動織機ルーキーのFB山下一も選ばれた。
矢富は「世界最高峰のリーグに日本の初めてのチームとして参戦できることを楽しみにしている。礎を築けるように、仲間と一緒にしっかりやっていきたい。高い目標を持って戦う」とコメント。垣永は「個人としても、チームとしても、2019年に向けて素晴らしいチャンスをいただいた。目標は決勝トーナメント(プレーオフ)進出。負けることが嫌いなので、ひとつずつ目の前の敵を倒してチームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。
外国出身選手は12人。
今年のワールドカップに出場した選手では、サモア代表の司令塔として奮闘し、サントリー7年目の今季もトップリーグで活躍しているSOトゥシ・ピシと、白鴎大出身のアメリカ代表FLアンドリュー・デュルタロが大きな戦力となりそうだ。
さらに、セブンズ日本代表の経歴を持つNTTドコモのCTBパエア・ミフィポセチ、宗像サニックスブルースに所属するサモア代表のLO/FLファアティンガ・レマル、昨季までNTTドコモでプレーしていた元南アフリカ代表のFBリアン・フィルヨーン、キングズ(南アフリカ)でスーパーラグビーの経験を持つ元アルゼンチン代表のFL/NO8トーマス・レオナルディもサンウルブズに入った。
日本と縁がある選手はほかにもおり、花園大出身で現在はリコーでプレーしているWTBアマナキ・ロトアヘア、トヨタ自動車所属のCTBデレック・カーペンター、そして、帝京大で副将を務めて大学選手権3連覇を遂げ、サントリーでもプレーしていたLOティモシー・ボンドも活躍が期待される。
ブルーズ(ニュージーランド)でスーパーラグビー出場の経験を持つLOリアキ・モリ、昨季までレッズ(オーストラリア)に所属していたLOエドワード・カーク、7人制フィジー代表でスキルを磨いたWTBジョン・スチュワートも楽しみだ。
サンウルブズは来年2月27日に東京・秩父宮ラグビー場で、ライオンズ(南アフリカ)と歴史的な第1戦を戦う。
<2016 サンウルブズ スコッド>
【PR1】
三上正貴(東芝ブレイブルーパス/2015RWC日本代表 32キャップ)
稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ/2015RWC日本代表 10キャップ)
山本幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ)
【HO】
堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ/2015RWC日本代表 42キャップ)
木津武士(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/2015RWC日本代表 41キャップ)
有田隆平(コカ・コーラレッドスパークス/日本代表 9キャップ)
【PR3】
垣永真之介(サントリーサンゴリアス/日本代表 6キャップ)
平野翔平(東海大学)
具智元(拓殖大学)
【LO】
大野均(東芝ブレイブルーパス/2015RWC日本代表 96キャップ)
真壁伸弥(サントリーサンゴリアス/2015RWC日本代表 34キャップ)
ティモシー・ボンド(ベイ・オブ・プレンティ/元 日本A代表)
リアキ・モリ(前ブルーズ/元U20トンガ代表)
エドワード・カーク(前レッズ)
【FL/NO8】
村田毅(NECグリーンロケッツ/日本代表 5キャップ)
細田佳也(NECグリーンロケッツ)
アンドリュー・デュルタロ(2015RWCアメリカ代表 12キャップ)
トーマス・レオナルディ(前トゥールーズ/アルゼンチン代表 18キャップ)
ファアティンガ・レマル(宗像サニックスブルース/サモア代表 15キャップ)
【SH】
日和佐篤(サントリーサンゴリアス/2015RWC日本代表 51キャップ)
矢富勇毅(ヤマハ発動機ジュビロ/日本代表 16キャップ)
井上大介(クボタスピアーズ)
【SO】
立川理道(クボタスピアーズ/2015RWC日本代表 43キャップ)
トゥシ・ピシ(サントリーサンゴリアス/2015RWCサモア代表 28キャップ)
【CTB】
田村優(NECグリーンロケッツ/2015RWC日本代表 35キャップ)
山中亮平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/日本代表 4キャップ)
パエア・ミフィポセチ(NTTドコモレッドハリケーンズ/日本A、7人制日本代表)
デレック・カーペンター(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
【WTB】
山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ/2015RWC日本代表 15キャップ)
アマナキ・ロトアヘア(リコーブラックラムズ)
ジョン・スチュワート(元U20フィジー代表)
【FB】
笹倉康誉(パナソニック ワイルドナイツ/7人制日本代表)
山下一(豊田自動織機シャトルズ)
リアン・フィルヨーン(グリクアス/南アフリカ代表 0キャップ)
入場するやいなやシャウトしてこの日一番の注目を浴びた垣永真之介

<スーパーラグビー海外クラブに所属する日本代表選手> ※ 2015年12月21日時点
■SH 田中史朗(ハイランダーズ・NZ/パナソニック/2015RWC日本代表 53キャップ)
■CTB マレ・サウ(ブルーズ・NZ/ヤマハ発動機/2015RWC日本代表 26キャップ)
■FL/NO8 リーチ マイケル(チーフス・NZ/東芝/2015RWC日本代表 47キャップ)
■FL/NO8 ツイ ヘンドリック(レッズ・AUS/サントリー/2015RWC日本代表 36キャップ)
■FB 五郎丸歩(レッズ・AUS/ヤマハ発動機/2015RWC日本代表 57キャップ)



















「ヨドコー」と呼ばれる淀川工科高校は大阪市の東隣、守口市にある。全国大会出場13回。しかし、名門チームも1994年度の第74回大会を最後に21大会花園から遠ざかる。 今、「ヨドコー」の名を全国に知らしめるのは吹奏楽だ。国内トップのクラブには240人近い生徒が集まる。
ラグビー部員は2年生15人、1年生13人の計28人。約4分の1である。
監督は体育教員でもある農端(のばた)幸二。54歳の元FLは赴任7年目を迎えた。

「このチームが強かった、ということを知らない子どもがたくさんいる。なにもしなければ、部がなくなってもおかしくありません」
人数難と戦いながらも、来年1月の新人戦は25人のメンバー表選手枠を埋められる。
「ワールドカップ効果で1年生が4人、この秋に入って来てくれました」
声は弾む。日本代表3勝のおこぼれをもらった。指導は優しい。
「休みたい時には休んだらいい。実際、家庭の事情でバイトをせなあかん子もいます。それでも入ってきてくれる子もいる。そんな子を辞めさせたらあきません」
淀川工科には就職前提の入学者が多い。片親など金銭的に豊かでない生徒もいる。午後4時前から約2時間の練習は背景を理解して行われている。
農端は府立金岡高校から東海大に進んだ。東海大テクニカルディレクターの土井崇司は高校、大学の先輩。2003年W杯の日本代表監督、向井昭吾は大学同期になる。母校の金岡で10年、東住吉総合(旧校名は東住吉工)で15年勤務し、淀川工科に来た。
「全国大会に出せていないけど、ささやかな自慢は15人を切らしていないことです」
合同チームに参加したことはない。スポーツ推薦や奨学金がある私立ではなく、公立高校の監督としては誇れる略歴である。
「私学うんぬんを言っても始まりません。違うもの。でも指をくわえていたくもない」
府下のラグビー経験者は常翔学園、東海大仰星、大阪桐蔭などの私学強豪に集まる。
府立校の全国大会出場は1996年度の第76回大会の島本が最後。20年近く花園の芝生を踏んでいない。
私立優勢の逆境の中、農端は部員獲得のために動く。
「入学してきた1年生は体育の授業などを利用してかたっぱしから声をかけます」
ラグビー経験者の供給元となる中学校を大事にする。毎年8月には2日がかりで招待試合を行う。前任で80年代に淀川工を全国レベルに再浮上させた岡本博雄の名前をとって「博雄カップ」と名付けられた。今年は24チームが参加した。
同僚に頼んでホームページも作ってもらった。校外の人間の認知度を上げるためだ。
強豪校からも学ぶ。全国大会の抽選前日、12月4日には三重・朝明の斎藤久、沖縄・コザの當眞豊、北北海道・遠軽の山内宣明ら3監督と夕食を共にした。
「みなさん公立でめぐまれない環境の中で情熱を傾け、全国大会に出てくる。見習わないといけない部分がたくさんあります」
今夏には遠軽で夏合宿も行った。
冬の花園には部員を連れて行き、補助役員として運営を手伝わせる。
「プレーうんぬんじゃなくて、トップの子らの姿勢を見させます。かばんや靴をそろえるとか、そんなところでいいです」
練習にはレスリングを取り入れる。経験者の同僚に頼んで、柔道場でタックルの仕方を学ぶ。日本代表やヤマハ発動機のトレーニングを参考にしている。
旧校名の淀川工の創立は1937年。現在は機械、電気、メカトロニクス、工学と4系統に分かれている。
ラグビー部創部は1947年。2016年で70週年を迎える。府内では34回の常翔学園を筆頭に全国大会出場数は5番目。府立高校では天王寺の19回に次ぎ2番目だ。主なOBには1995年、第3回W杯の日本代表監督をつとめた小藪修(SH、同志社大→新日鉄釜石、代表キャップ1)や前パナソニック監督の中島則文(FB、日本体育大→三洋電機)がいる。
2年生の新主将はCTB堤力也だ。
「僕はラグビーをやっていたので、強かったことを知っていました。入部した時は、あんまりかなあ、と思っていたけど、レベルは高かったです。先生は基本をしっかり教えてくれます。OBはよく練習に来て下さるけど、ありがたいなあ、と思っています」
この秋の花園予選は第2地区の8強戦でCシードの早稲田摂陵に20-24で敗れた。
堤は新チームの目標を定める。
「ベスト4に入りたいです」
農端も同じだ。
「準決勝に出るためにはシード校を倒さないといけない。それを続けていきたいです」
強豪に勝てば注目を集める。右腕に白1本ラインの赤ジャージーを監督、部員が一体となって復活させたい。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/22(火) 04:23:14|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索