1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ

「ラグビーにヒーローはいません」。五郎丸はW杯を終えた後、涙を浮かべてそう言った。自分以上に称えたい人物に敬意を払っていたからだ。日本代表の選手たちに「男の中の男」を選んでもらった。
たとえピッチに立てなくても
一歩外に出れば、カメラのシャッター音と声援を一身に浴びるFB五郎丸歩(29歳)が、「惚れた」男がいる。それは、W杯で、1分もピッチに立たなかった選手だった。
「日本代表で一人あげるとすれば、廣瀬さんですね。
僕は、目の前のラグビーのパフォーマンスをいかに高めるべきか、という狭い視野でしかとらえていないのに、廣瀬さんはラグビーを、これからの人生の中でどう位置づけるべきか、という広い視野でとらえている。
試合に出られない中でも、リーダーとして監督や選手たちとコミュニケーションをとりながら、チームを支え続けることはなかなかできない。自分にないものを持っているので、ひかれるのかもしれませんね」
SO廣瀬俊朗はエディ・ジョーンズ前監督の日本代表が発足した'12年に主将に任命され、2年間、チームを引っ張った。'14年にリーチマイケル(27歳)に主将を譲った後も代表選手の一人としてW杯に臨んだものの、結局、4試合で一度もピッチに立てず。33歳で挑んだ初の夢舞台は、近くて遠い世界だった。廣瀬が明かす。
「メンバー発表の日に自分の名前が呼ばれないのは悔しかった。でも、『悔しがるのはミーティングルームを出るまで』と決めていました。このチームが発足するとき、『日本で開催される'19年のW杯にむけて日本ラグビー界を変えたい』という大義があったからです。試合に出られなくても、やるべきことがあるんです。
苦しいことは『修行』みたいなもので、苦しいことを乗り越えたら、楽しいことが待っていると考えるようにしました」

だから試合に出なくても、出るメンバーのためにできることに全力を尽くした。練習場では、選手が気持ちよくプレーし、けがにつながらないよう、ごみを自ら拾った。試合前日の選手ミーティングで気持ちを高めるビデオレターを作るため、代表から落選した選手や代表選手が所属していないチームの人からもメッセージを集めた。なぜ自分の欲求を抑えられたのか。
「僕は慶大でも主将でしたが、当時はプレーで引っ張ればよかった。東芝に入っていろんな経験を積む中で、徐々に考え方が変わりました。
僕はつらいことは大抵忘れられますが、東日本大震災と、主将のときに起きた不祥事ははっきりと覚えていて、そのことが影響しています」
入社5年目の'08年に東芝の主将に就任。そのシーズンが佳境に入った'09年1月以降、外国籍選手による窃盗、ドーピング違反と不祥事が続いた。
「二つも続いたら、部の存続は厳しい……」
廣瀬はラグビーができなくなることを覚悟しながら主将として、社内外の人に頭を下げ続けた。
「心はパニック状態でした。でも社内の人が、部を残そうと動いてくれたり、『残っている部員は悪くない』という他チームのファンの方々の声には救われました。本当の感謝の気持ちは、本当につらい時に心から感じる。『自分たち選手だけの力で、ラグビーをやっているわけではない』とあの時、痛感しました」
27歳の冬。突き刺す木枯らしのような試練が廣瀬の視野を大きく広げ、今やラグビー界のスターにのぼりつめた男すら惹きつける人間になった。
善行を口にしない「男気」
では、廣瀬は誰に惚れたのか。
「ひとり、というわけにはいきませんね。ゴロウ(五郎丸)もキンちゃん(大野均)も、すごい。共通していたのは、『'19年につなげたい』という覚悟だと思います」
五郎丸について、廣瀬はこう続ける。
「チーム発足当時から一緒にやってきましたが、最初は、今のように言葉もふるまいもリーダー、という感じではなかった。言葉ではなく、プレーで引っ張るタイプでした。
でも、メンタルコーチの荒木香織さんの指導で、感覚でやってきたプレーをあえて言語化し、自分を客観視する習慣を身につけた。それを成長のきっかけにしたのは、すごいことです」
一方、五郎丸には「ブレない」強さもある。ラグビーライターが明かす。
「自伝『不動の魂』(実業之日本社)は、昨年11月に発売されましたが、五郎丸はかねてから少年少女へのラグビー普及や震災復興への思いがあり、印税を寄付することを前提に、本が作られました。
五郎丸は印税を、日本ラグビーフットボール協会や、震災支援を目的にした日本代表選手たちによる社会貢献活動、『SAKURA基金』に全額寄付している。W杯で一気に注目を浴び、6万部販売されているので、約500万円を寄付したことになる。五郎丸は、このことを一切言わない。それが、かえって『男気』を感じさせます」

五郎丸が副将として支えた、主将のFLリーチマイケルの名前をあげたのは、SH田中史朗(30歳)だった。
「僕は『チームのためになる』と判断したことはストレートに言って、チームメートと喧嘩になることもあった。そんなとき、チームがまた一つになれるよう、リーチが声をかけてくれました。
『フミがチームのことを思ってやってくれているのはわかるから』と言ってくれたのは、本当にありがたかった」
田中は、土壇場で力を発揮するリーチのエピソードを披露した。
「昨年、僕がスーパーラグビー(ニュージーランド・ハイランダーズ)でプレーしていた時期に、彼は遊びにきてくれた。彼の母国ですからね。
あるとき出先で、何かの手違いで車のトランクの中にキーを入れたまま、閉めてしまった。普通なら途方にくれますが、彼は、そばにいた人から工具を借りて車を一部分解し、後部座席の下からトランクに手を伸ばしてキーの入ったカバンを取りだした。たくましいですよね」
歴史的金星となったW杯初戦の南アフリカ戦。3点差を追い、ラストワンプレーで得た相手反則で、エディ・ジョーンズ監督の「PGを蹴って、同点にしろ」という指示をさえぎり、リーチはスクラムを選択。トライに結びつけたのは、今や語り草だ。トライにつながる最後のワンプレーで、リーチは3度もボールを持って走った。南アの屈強なFWと80分間対峙すれば、体力を消耗し、ボールを持って走る余力は残っていないはず。リーチが振り返る。
「僕がスクラムを選んだので、ほかの人でトライをとれなければ、自分がとるつもりでした。主将は、他の人が一番つらい時に走らないといけない」
そのリーチが一目置くのが、東芝の10年先輩にあたるLO大野均(37歳)だ。リーチが明かす。
「キンちゃんは、何でも素直に受け入れてくれる。たとえば、代表で色々な国に遠征すると、食事がおいしくないところもある。『まずい』と訴える選手もいますが、キンちゃんから文句を聞いたことがない。それはどんなにキツい練習でも、ベストを尽くす姿勢にも通じています」
大野は歴代最多の代表戦96試合に出場した、レジェンド。大半の一流選手は遅くても高校までに楕円球に触れるが、大野は大学からだ。しかも東北地区大学リーグの日大工学部。大学ラグビー界では無名だ。大学4年の春、国体の福島選抜に選ばれ、当時のFWコーチが、東芝の薫田真広監督(当時)と同期だった縁で、東芝の練習に1度だけ参加。そこで大野は「内定」をたぐりよせた。HOとして日本代表戦に44試合に出場した薫田氏は、こう明かしている。
「ラグビーに関してはド素人。でも厳しい練習に音をあげずについてきたし、根性があった」
入社当初、大野は「何とか5~6年続けて、公式戦に出られればいい」と考えていた。未熟であることを自覚している分、練習態度はひたむきだった。1試合が終わると体重が4~5㎏減る豊富な運動量が、何よりもそのことを示す。W杯のチームメートSH日和佐篤(サントリー)が明かす。
「サモア戦の前半終了間際、突然、キンさんがバタンと倒れたんです。肉離れ(右太もも裏)をおこしていて、それでも足をひきずりながら、走り続けた。37歳になっても、愚直さを失わないのは尊敬します」
大野は、けがを押して走り続けたが、命を失う覚悟でW杯に挑んだのが、田中だった。166cm、71kgは、W杯の出場選手中、最小兵。大会には身長208cmの選手もいれば、体重140kgの巨漢もいた。恐怖心を乗り越えて、自分の倍以上もある選手に、タックルしなければならない。
「W杯に向かう直前、妻の智美さんに『命をかけて戦ってくるから、もし(自分が)死んだら、いい人を見つけて新しい人生を歩んでほしい』と言い残したそうです」(テレビ局関係者)
4年前のW杯で、日本代表は「2勝」を期待されながら1勝もできず。前回も出場していた田中は大会終了後、報道陣の前で謝罪した。
この悔しさを晴らすため、田中は南半球の強豪クラブが集うリーグ戦「スーパーラグビー(SR)」に挑み、'13年からハイランダーズに加入。SRに参戦した日本人第1号だった。その後、SRに挑戦する選手が続出。海外の猛者に対抗できるスキルを身につけ、W杯で初の3勝を達成した。
その他、選手やラグビー関係者からの意見をまとめたランキングが上の表だ。W杯以後、「ラガーマンは女性にモテる」という特集がテレビや雑誌で組まれる。だが真のラガーマンは、女性だけでなく、男にも惚れられることを、彼らの言葉と生き様が証明している。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/20(日) 03:03:32|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索