1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

選手

白鴎大出身のアメリカ代表ドゥルタロ、SR日本チームのサンウルブズ入り!
ハードワーカーのアメリカ代表ドゥルタロ

あさって21日に発表されるサンウルブズ(スーパーラグビー日本チーム)のスコッドに、アメリカ代表のパワフルなFLアンドリュー・ドゥルタロ(28歳)が選出されたことが明らかになった。ラグビー専門サイトの『アメリカズ・ラグビーニュース』が報じている。
フィジー人の両親のもとニューヨークで生まれたドゥルタロだが、日本との縁は深い。フィジーの高校で学んだあと栃木県にある白鴎大学に留学し、関東大学リーグ戦の下部でプレーしていた。日本語も堪能で、白鴎大4年時にはバイスキャプテンを務め、オール栃木でプレーしたこともある。
U19、U21フィジー代表の主将にもなったドゥルタロだが、結局、星条旗を背負ってプレーする道を選び、アメリカ代表として今年のワールドカップに出場。ブレイクダウンでの激しいファイターとして知られるこの男が、英国・グロスターでおこなわれた日本代表との最終戦でターンオーバーを連発したのは記憶に新しい。
7人制アメリカ代表でも活躍し、昨季セブンズワールドシリーズのロンドン大会で初優勝に貢献したドゥルタロは走力もあり、サンウルブズにとっては大きな戦力となるのは間違いない。
ラグビー日本代表の次期ヘッドコーチ(HC)として、スーパーラグビー(SR)ハイランダーズ監督で元日本代表FWジェイミー・ジョセフ氏(46)の就任が確実となったことが17日、分かった。
年内にも発表される。同日の日本協会理事会後、坂本典幸専務理事は「(候補者の)名前を出して今までの選考過程を報告し、方向性を決めた」と語った。
SRに参戦する日本チームのサンウルブズHCには、元ニュージーランド代表FWマーク・ハメット氏(43)が内定し、21日に発表される予定。













人生には忘れることのできない存在が必ずいる。今の自分を作ってくれた恩師の姿は、温かな記憶とともに甦る。スポーツキャスターの松尾雄治氏(61)が、ラグビーの道へ進ませてくれた2人の恩師について語る。
* * *
私には恩師が2人いる。1人目は親父だ。名前を松尾雄という。私が雄治で、弟が雄吾、雄太、雄介。やけに「遺伝」を重んじるちょっと変わった人だった。

小さい頃から、親父には「勉強なんかするな。お前には運動しかない」といわれ続けてきた。それは親父が勉強ができず、お袋もそれに輪をかけてできなかったためで、その子供の頭がいいはずがないからだった。「勉強すると運動能力が落ちる」、「勉強で頭を使うとマイナス思考になる」と、まあ色んなことをいっていたが、とにかく「勉強ができないのは遺伝だ」の一点張り。
親父は立教大ラグビー部出身だったので、「鉛筆を持つ時間があればラグビーボールを持て。ラグビーの仲間さえいれば人にとって大切なことは学べる」が持論だった。
そのため私は、幼稚園から大学までエスカレーターで進める成城学園に入れられた。個性尊重の校風で、あまり勉強ができなくても進級できたからだ。しかし私が高校1年の時に急に学校の方針が変わり、成績が良くないと進級できなくなった。これを聞いた親父が怒ってね。学園長と大喧嘩し、私は退学になってしまった。まァ親父は私に教科書も持って行かせなかったのだから、そりゃダメだと思う(笑い)。
親父は「自衛隊でラグビーを続けろ」といい出したが、中学の卒業証書しかない経歴で受け入れてくれるはずもなく、しばらくブラブラしていた。
そんな時に出会ったのが、もう1人の恩師である明大ラグビー部の北島忠治監督だ。八幡山の明大グラウンドで練習を見学していた時に声を掛けてもらい、練習に参加させてくれた。その時の約束は「1日でも休んだら二度とラグビーはさせない」というもの。私は約束通り、1日も休まず練習に参加した。


その時点での学歴が高校中退だった私に、高校編入の便宜を図ってくれたのも北島監督だ。明大に練習に来た目黒高校ラグビー部の梅木恒明監督に「預かってもらえんか」と頭を下げてくれ、翌日から私は目黒高校に通えることになった。もちろん目黒高校でもあまり勉強はせず、ラグビーに明け暮れた。そして明大に進み、また北島監督のお世話になった。
北島監督からは「正義」を教えられた。「正々堂々と戦え」、「汚いことをして勝っても意味がない」、「グラウンドに出たら自分自身がレフェリーになれ」、「日常生活ではキャプテンになれ」……私は全力プレーをモットーとしてきたが、それも北島監督の「相手に失礼がないように力を出し切れ」という教えからだ。このように北島監督には色んな人生訓を教わった。
考えてみれば、親父が学校と大喧嘩しなければ、ラグビーの恩師である北島監督に出会うことができなかったし、明大ラグビー部も目指さなかった。親父が私と北島監督の出会いを演出したともいえるわけだ。親父には感謝している。
そういえば親父からも人生訓を学んだ。「人が生きるのに一番大切なのは勘。勘のないヤツは成功しない」。とにかく変わった親父だったと思う。

●まつお・ゆうじ(スポーツキャスター)/1954年東京都生まれ。小学校からラグビーを始め、1975年に明大を初の日本一に導く。新日鐵釜石では1979年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権で不滅の7連覇を達成。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/19(土) 04:32:56|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索