1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ

最先端をいくラグビーのデータ活用法日本代表アナリストが語るW杯への準備

  

エディージャパンはW杯に向け、どのような準備をしたのか。アナリストの中島正太に語ってもらった

エディージャパンはW杯に向け、どのような準備をしたのか。アナリストの中島正太に語ってもらった


ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会で、当時、世界ランク3位の南アフリカから歴史的勝利、過去最多となる3勝を挙げるなど大躍進を遂げた日本代表。目標とするベスト8進出はならなかったものの、その戦いぶりは世界中から称賛された。
その躍進を陰で支えたアナリスト・中島正太の存在をご存知だろうか。中島はチームの分析担当として、エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)をはじめ、各コーチのニーズに合わせたデータを用意。そのデータ活用法は対戦相手の分析からトレーニングメニューの構築、選手へのコーチングと多岐にわたる。エディージャパンはW杯に向け、どのような準備をしたのか。知られざるアナリストの仕事の一端を語ってもらった。


「準備の前段階の準備」をするのが仕事

主な仕事は「準備の前段階の準備」と語る中島。コーチ5人のニーズに合わせてデータを準備していた

主な仕事は「準備の前段階の準備」と語る中島。コーチ5人のニーズに合わせてデータを準備していた

――まずは日本代表における役割を教えてください。
役割は分析担当アナリストです。エディー・ジョーンズ体制はコーチがエディーを含めて計5人いるのですが、5人がそれぞれ試合に向けて行う「準備の前段階の準備」をすべて私がまかなっています。チーム全体で一つということではなく、主に映像とデータを使って各コーチのニーズに合わせた情報をそれぞれ提供しています。
例えば、スクラムコーチのマルク・ダルマゾに対しては試合の映像に加えて、三上(正貴)がスクラムを組んでいるシーン、堀江(翔太)がスクラムを組んでいるシーンというように、対戦相手1人ずつとスクラムを組んでいるシーンの映像データを集めて提供します。
――分析には他にどのようなデータを使うのでしょうか?
対戦相手によってコーチがどういう準備をしたいのか。それによってデータは変わります。ダルマゾコーチは、ビデオをベースに対策を立てる人なので、対戦相手ひとりひとりのスクラムの組み方の映像を集めます。それを渡してから、この選手が来たときには、腕をこうした方が良いとか、脚を少し近づけた方が良いというように細かな修正を加えます。
FWコーチのスティーブ・ボースヴィックはより詳細なデータを求めます。グラウンドの場所別に、どういったラインアウトの構成なのか、誰が一番多く取っているのか、どこがうまく取れていないのか。詳細なデータを提示し、W杯で南アフリカと戦うのであれば、ラインアウトはこの人数が良いとか、前の方で取った方が良いといった対策を考えます。そういうデータを私が渡し、コーチがプランを立てていく形ですね。
――アナリストの一般的なイメージは数字を駆使し、データを分析するというものだと思います。映像の編集も重要なのですね。
かなり重要です。ただ、映像を見てこういう傾向があるなと感じてデータを見てみると、やはりそうだなと思うことがあります。感覚的なものを確認する客観的なデータとして、照らし合わせるために使うことが多いですね。
データを見てある程度のイメージを膨らませてから映像を見る人もいれば、映像で傾向を見てから、データを確認している人もいます。ラグビーは試合中もパソコンで映像を見ることができるので、試合中に重要な情報の8~9割は映像になりますね。
ラグビーを取り巻く環境が大きく変化

試合中はコーチボックスでデータを分析。アナリストの仕事は采配にも影響を及ぼす

試合中はコーチボックスでデータを分析。アナリストの仕事は采配にも影響を及ぼす


――主な仕事は「準備の前段階の準備」というお話ですが、試合中は何をしているのでしょうか?
コーチボックスというコーチ陣とアナリストが入る席にいます。そこにはテレビ局から5つのアングルから取った映像が送られてくるんですね。それをコンピュータに入れて、僕が分析した映像とデータを、コーチのパソコンに送るようになっています。
例えば前半40分頃に、前半10分のスクラムを確認したいと思えばすぐ見ることができますし、前半20分のミスタックルのシーンも映像で振り返ることができます。僕が入力したデータはスタッツとなって、常に見ることができる状況にあります。HCから質問があった時には、それに関する数字を答えられるよう準備しています。
――試合中の分析は、試合にどう影響するのでしょうか?
選手のパフォーマンスもそうですし、ハーフタイムにHCが話す内容にも影響します。先のW杯でも、日本はやらなかったのですが、ロッカールームもインターネットがつながっていたので、パソコンを置いておけばコーチボックスで作った映像をロッカールームで見ることができますし、グラウンド上でも確認が可能です。基本的にはその試合の修正をするための準備を常にしています。
――そういった分析を可能にするソフトウェアができたのは大きいですね。
分析ソフトができ、発展を続けてきたことによってアナリストの作業が劇的に進化し、試合会場でテレビ局から映像を配給してもらうことが当たり前になった。ロッカーやグラウンドでも共有できたら良いという考えから、インターネットがつながって映像やデータを見られるようになりました。分析ソフトの向上とそれに合わせたチームのリクエストが増えたことで、ラグビーを取り巻く環境がどんどん変わってきている感じですね。
ロッカーやグラウンドのインターネット環境が整ったのは今大会からですし、5つのアングルの映像が届くようになったのは前回大会(ニュージーランド)からです。
「ジャパン・ウェイ」を確立するために


「ジャパン・ウェイ」を確立するために、エディーHCはあらゆるスポーツの要素を取り入れていたという
――W杯に向けては6カ月前から準備をしたそうですが、中島さんの準備はいつから行っていたのでしょうか?
2012年の11月に対戦カードが決まった時から意識し始めていました。W杯初戦で対戦した南アフリカの試合に関しては、僕らがやる前の14試合分の映像とデータをすべてデータベースに仕込んでいました。
――エディーHCにはどんなデータや分析を求められるのでしょうか?
リクエストが非常に多いです。彼は毎朝4時に起きていて、5時にはメールが2通入っている。それで私がその日の午前中にやる仕事が決まります。彼は全世界のラグビーをすべて見るので、世界中の試合映像を入手しなければならないし、気になる点があればそこのデータを取らないといけない。クリップ(映像素材)も良いクリップがあれば全部集めて次のキャンプに使ったり、選手に直接送ってこういうプレーを目指しなさいと伝えたりします。
そして、エディーHCはスポーツが好きなので、サッカーのバルセロナのパス精度、回数などのデータも取りますし、NBAのスタッツも取りました。なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)の映像を入手してスタッツを取ったりと、リクエストは多岐にわたります。
――他競技のデータも集めていたのですね。
エディーHCは当初から「ジャパン・ウェイ」という日本独自のラグビーを目指すということでスタートしています。その「ジャパン・ウェイ」に共通している部分があればどんなスポーツの映像でも使いました。僕らは忍者のように動くことを目指したんです。
エディーHCは日本のことを良く知っているので、イチローのようなしなやかな動きを目指したり、チャンスがあったら確実にそこへボールを運びなさいということを伝えるために、バレーボールのセッターの映像を使ったり、テニスの錦織圭がスペースにパッとボールを落とす映像を使ったりしました。とにかく「ジャパン・ウェイ」に共通するものがあれば、いろいろなスポーツから要素を取り入れて選手に理解させていました。
――他競技のアナリストから学んだこともあるのでしょうか?
女子バレーボールの眞鍋政義監督のところへエディーHCと行きました。W杯前年の8月にW杯プランニングミーティングというものがありました。私たちの中で、他競技の日本代表から学べることをこの半年で学んでいこうということになり、コーチ陣で女子バレーの練習を見学させてもらって、そこからヒントを得たり、スタッフの方とは何度もお話しさせてもらいました。
進化が見込めるオフザボールの分析

倒れている人数を減らし、数的優位を保つために、中島はオフザボールの分析が重要だと語った

倒れている人数を減らし、数的優位を保つために、中島はオフザボールの分析が重要だと語った

――アナリストとして、W杯で手応えを感じた瞬間はありましたか?
やはり勝ったときですね。僕は試合後、日本チームと相手チームのひとりひとりのデータを取るので、寝ないで分析を行いますが、やはり勝った試合と負けた試合を見るのでは大きな違いがあります。チームが勝った試合を見るのが一番ですね。
――今回のW杯でデータ分析が以前より進んでいる印象はありましたか? また、日本が分析されていると感じたことは?
おそらく同じような分析は各国やっています。ただ、データは簡単に取れるので、違いは自分たちがやってきたラグビーに対して自信が持てるか、最後まで信じられるかです。分析が優れているかとか、どのチームが勝ったとかは大きく捉えるとありますけれど、対戦していてそこを感じることはなかったです。
ただ、(W杯2戦目の)スコットランド戦は相手の強みを出させてしまいました。そういう意味では、最後の詰めのところまで落とし込めなかったという思いはあります。スコットランドに対して注意すべきことを注意できずにやらせてしまった。やられてしまったという部分では、時間的なものではなく、誤差があったというところで悔いはあります。
――データ分析の分野は今後も進化していきそうですね。
今までは、ボールを持っていたところを主に分析していましたが、ボールを持っていない、オフザボールの分析も徐々に進化していくと思います。
アタックであれば、今まではコンタクトをしてボールが出て、そこでその選手の仕事は終わりでした。今はそのあとの動き方が重要で、そこもすぐに立ち上がって次のプレーに参加できれば、アタックの人数が多くなる。ラグビーは絶対に倒れるので、倒れている時間が長ければ長いほどアタックに参加できない。さらにボールをもらえる良いポジションに立てるかどうかも見ていたので、オフザボールの時にどういったアクションをするかというところを各チームが意識すると思いますし、僕らももっともっと詰めていかなければいけないと思います。いわゆるテレビに映っていないところですね。
ラグビーは常に動いていることが求められ、倒れている人数を減らすことは日本にとって良いことです。そこの分析がどんどん進むことで、選手のパフォーマンスがどんどん上がっていくと思います。日本はそこをやっていかないといけないですし、世界もそのような方向に向かっていくと思います。
中島正太

埼玉県立熊谷工業高校→筑波大学。5歳からラグビーを始め、大学卒業まで競技を続けた。その後、2008年にセコムラガッツのアナリストを勤める。09年キヤノンイーグルスに所属。キヤノンスポーツパーク情報分析システムを考案。11年創立以来初のジャパンラグビートップリーグに昇格。
12年にエディー・ジョーンズHCが率いる15人制ラグビー日本代表アナリストに就任。対戦国の情報分析を担い、練習時にはドローンを用いパフォーマンス分析に活用した。チームは世界ランクで歴代最高位の9位を記録。15年ラグビーW杯では、世界ランク3位(当時)の南アフリカから逆転勝利をし“史上最大の番狂わせ”と報じられた。同年、五輪競技のラグビー男子セブンズ日本代表アナリストに就任する。































スポンサーサイト
  1. 2015/12/11(金) 03:18:13|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索