1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

五郎丸

“秘話”早大時代から変わらない教え子・五郎丸の流儀チーム

ラグビーW杯で教え子・五郎丸が躍進した理由
“秘話”早大時代から変わらない 五郎丸(右から3番目)の流儀


2015年ラグビーワールドカップ。大会の行方を左右する大事な初戦の南アフリカ戦。トライを決めた五郎丸選手は、拳を地面に叩きつけて喜びをぶつけました。
私は五郎丸選手が大学3、4年生のときに、早稲田大学で苦楽を共にして以来の関係ですが、試合中にこうした感情をぶつける姿はほとんど見たことがありませんでした。周到に準備を重ねて得た狙い通りのトライに、思わず感情が爆発したのでしょう。この瞬間、私はこの大会はいける。そう確信しました。
そして喜ばしいことに、この確信は現実のものとなりました。これまでわずか1勝しかできなかった日本が、予選グループで3勝。しかも全て格上の相手から奪った歴史的な勝利でした。五郎丸選手自身も大会のドリームチームに選出され、大きな成功を収めたと言っていいでしょう。
この成功の裏にはいくつかの要因があったと考えられ、メディアが様々な角度から検証しています。初戦では、普段と異なるリアクションを見せた五郎丸選手。一方で、ジャパンウェイならぬ「五郎丸ウェイ」とでも言いましょうか、早大時代からずっと変わらない彼なりの流儀が、今回の成功の一つの要因ではないかと私は考えています。

各自のスタイルを発揮することが組織には必要だ

私が五郎丸選手を評価している点の1つは、「自己認識力」が優れていることです。メディアはこぞって彼のキックにフォーカスしていますが、自分は何ができて、何ができないのかを理解していることが彼の一番の武器だと考えています。
五郎丸選手とは大会期間中もゆっくり話をする時間がありました。彼はチームの中でリーダーグループに属しており、リーダーとしての素晴らしい活躍を指摘したところ、「できないことはやらない。それだけです」と答えました。これはまさに私が早大時代に指導していたことでした。
多くのリーダーは、リーダーとしてのスキルを高めようとします。どうやったらうまくリードできるか、うまくプレゼンできるか、いいプレイをできるかといったスキルにフォーカスしがちです。そうではなく、スタイルを持つことが大事だと私は言い続けてきました。背伸びをせず、自分は何ができて何ができないのかを理解し、できることだけをひたすらやる。これにより自身のスタイルを確立し、組織の中で引っ張る場面(リーダーシップ)と、支える場面(フォロワーシップ)を機能させることがリーダーの役割だと考えるからです。
具体的には、彼は戦略戦術に関してはほとんど口を開かなかったそうです。戦略を考えたり、人前で話したりすることはほかのリーダーに任せ、とにかく全ての練習に怪我なく出て、試合にも全て出場し、言葉ではなく背中で見せ続けることをやりきったと話していました。また、彼はメディアではクールな姿を見せていますが、実は根本的にシャイな男です。彼がこの度の4年間でやったことは、チームの方針を、体を張って一番に実践することでした。
組織としてさらに重要なことは、できることとできないことを、ほかのリーダーにもさらけ出して共有したことでした。「戦略戦術に口を出す必要はないし、体を張って背中で見せることに集中した。やるべきことが明確だったから、リーダーとして心地良かった」。チームというのは、全員が完璧ではありません。相互理解をし、足りないところを補い合うことが、強固な組織を作るための条件なのです。



学生時代のエピソードを少し紹介しましょう。私は彼が3年生のときに初めて会いました。3年生のときから一応リーダーグループに属していましたが、彼の1つ上の代にはスター選手がたくさんいて、委員会と呼ばれる選手だけの会議ではほとんど発言しなかったようです。そして、1、2年生のときは清宮前監督の元で優勝していたのですが、3年生のときに初めて負けるということを経験しました。
彼自身燃えるものがあったと思いますし、副キャプテンにもなったことで、これまで以上に存在感を発揮するようになりました。あるとき、私はディフェンス(守備)のシステムを変えたのですが、最初は彼を含めて誰もが否定的でした。これまでやっていたディフェンス(守備)の成功体験があったからです。
しかし、一度練習で五郎丸選手が新しいシステムを試してくれ、それがうまくハマったのです。すると彼はチームの全員に新しいシステムの良さを伝えてくれたのです。そうするとチームのメンバーも、「五郎丸が言うなら」ということで前向きになってくれました。恐らく私がいくら言ってもメンバーは従わなかったと思います。120人のメンバー全員を変えるより、彼1人を変えるほうが効果的だったのです。
そのときに私は、彼には変なバイアスはかからず、良いものは良いと捉え、それを実行する力を持っていると感じました。先頭に立って周りに話をするのではなく、突っ走っているリーダーを、いかに自分の立場でほかを巻き込むかという点には自信があると、本人も語っています。つまり組織全体としてはリーダーグループの一員ですが、リーダーに対するフォロワーシップを発揮することに長けているということが言えます。



エディ監督が選手に課した“カオス”

こうしたリーダーシップとフォロワーシップを絶妙なバランスで持つには、前述した「自身のスタイル」を確立することが不可欠になります。最後に、この重要さを示す、エディジャパンのエピソードを紹介しましょう。
エディ監督は、練習中に度々「混乱(カオス)を起こす」ようです。例えば選手たちは良い練習だと思っていたところ、エディ監督が突如として激怒することが度々あったようです。選手たちはもちろんパニックを起こします。途中からは選手たちも、「これはもしかしたら、自分たちを試しているのではないか?」と考えるようになりました。
精神的にパニックな状態を引き起こした中でも、正気を保って目の前のやるべきことをやるということを教えているのではないか。結局本人に聞くことはなかったそうですが、五郎丸選手自身も、カオスの中で正気を取り戻して戦うことが今の日本が必要なことで、自分たちリーダーが率先してやるべきことではないかと気づいたようです。話は戻って初戦の南アフリカ戦。練習でのカオス体験を経たからこそ、普通なら全員がパニックに陥る状況で、冷静にラストプレーを選択できた。むしろ彼らからしたら必然の結果であったと言うことができるのかもしれません。
エディ監督が強烈なリーダーシップでビジョンを示し、選手はゴールに向かって邁進します。そしてチームのリーダーたちは、エディ監督が課すカオスに応えてゴールを目指す上での一番の理解者であり、実践者であり、恐らく完璧なフォロワーだったと言えます。そしてグラウンド上では背中を見せてほかの選手たちを引っ張った、完璧なリーダーたちでした。リーダーグループの選手たちが、フォロワーシップとリーダーシップの双方をバランスよく発揮した。これが今大会の成功の一因ではなかったのかと、私は考えています。そしてそのきっかけを作ったのは、もしかしたらずっと変わらない五郎丸選手の流儀なのかもしれないのです。








ラグビー日本代表に送られた天皇陛下の“激励メッセージ”

空前のラグビーブームを巻き起こした日本代表メンバー。W杯での3勝は世界を沸かせたが、その陰にはある異例の出来事があったという。ラグビー関係者は言う。
「実はW杯会期中、イギリスにいた彼らのもとに、天皇陛下からの“激励メッセージ”が届いていたんです」

この件は宮内庁の職員たちにも、ほとんど知られていないという。本誌が取材したある宮内庁関係者も、困惑の表情を見せていた。
「陛下が、お茶会や園遊会の際にアスリートをねぎらわれることはあります。しかし競技開催中の選手たちへお言葉を送られたということは、聞いたことがありません……」
前出のラグビー関係者が、その経緯を語る。
「発端は開催国であるイギリスのチャールズ皇太子からのお祝いの言葉だったそうです。9月19日の南アフリカ撃破は、世界中のラグビーファンを驚かせました。日本代表の闘いぶりを目の当たりにしたチャールズ皇太子も天皇陛下へ“日本チームの歴史的勝利に感動しました!”という内容のメッセージを送ったそうです。陛下はチャールズ皇太子に返信されると同時に、現地の代表メンバーに、お言葉を送ることを考えつかれたそうです」
日本ラグビー協会を取材すると、広報担当者は次のように答えた。
「現地に、天皇陛下からの“お言葉”が届いたのは確かです。非公式なものですので文面は明かせませんが、それを託された方から、選手たちに伝えられ、彼らにとってとても励みになりました」
選手たちが涙したお言葉は取材を総合すると、以下のようなものだったという。
《日本チームの勝利に、チャールズ皇太子からお祝いのメッセージをいただきました。皆さんの奮闘は日本だけではなく、世界から注目されているのです。次戦以降の活躍も期待しています》
スコットランド戦での大敗にも意気消沈することなく、激闘を続けた日本チーム。 “天皇陛下にも見守られている”という思いが、彼らの闘志を支え続けたといえる。
13日に開幕したラグビートップリーグでも代表メンバーたちは陛下の感涙メッセージを胸に秘め、熱い闘いを繰り広げていくはずだ――。



















スポンサーサイト
  1. 2015/11/20(金) 03:24:32|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索