1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

スーパーラグビー

掛け持ちOKの謎。五郎丸歩が挑む「スーパーラグビー」とは?




9月~10月までイングランドで開催されたラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表が3勝の快挙を達成。その立役者のひとり、フルバック(FB)五郎丸歩(ヤマハ発動機)が、今シーズンのトップリーグ終了後の来年2月から、世界最高峰のプロラグビーリーグである「スーパーラグビー」のクイーンズランド・レッズ(オーストラリア)に加入することが決まった。
エディー・ジャパン全57試合取材の記者が語る「英国での40日」
「W杯のベスト4、ニュージーランド(NZ)、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンに加えて日本が参加する高いレベルのリーグ。ポジション争いもあるが、ゼロからのチャレンジを楽しんで、しっかりとしたパフォーマンスを出したい」(五郎丸)
そもそも五郎丸が来年2月から参加するスーパーラグビーとは何か? ワールドカップ優勝経験国のNZ、オーストラリア、南アフリカのチームで行なわれる国境を越えたプロリーグで、1996年にスタート。2011年からは15チームになった。圧倒的にNZ勢が強く、過去20年のうちNZのチームが13回、オーストラリアチームが4回、南アフリカのチームが3回優勝している。


そして2016年は新たに南アフリカのキングス、アルゼンチンを本拠地とするチーム(名称未定)、そして日本を本拠地とする日本代表に準じるサンウルブズと3チームが加わり、計18チームとなった。その18チームが南アフリカグループ(4チーム×2カンファレンスの8チーム)と、NZ・オーストラリアの2つのグループ(NZカンファレンス5チームとオーストラリア・カンファレンス5チーム)に分かれて、17週にわたって1チームあたり15試合のリーグ戦を行なう。


2つのリーグ、そして4つのカンファレンスは、野球の米国メジャーリーグをイメージしてもらえばわかりやすいかもしれない。
同カンファレンス内のチームとはホーム&アウェーで対戦。同じグループの別のカンファレンスとそれぞれ1試合ずつ対戦する。さらに、別のグループの一方のカンファレンスと1試合ずつ対戦する。たとえば、日本のサンウルブズは同じカンファレンスのチームとそれぞれホーム&アウェーで計6試合、南アフリカ・カンファレンス2のチームと4試合、さらにオーストラリア・カンファレンスのチームと5試合、合計15試合対戦する。なおサンウルブズの本拠地は日本だが、ホームのうち5試合は秩父宮ラグビー場、3試合はシンガポールで行なわれる。


【スーパーラグビー参加の全チーム】 ※各チームのカッコ内は日本代表関係者
■南アフリカグループ(計8チーム)

南アフリカ・カンファレンス1(4チーム):ブルズ、チーターズ、ストーマーズ(ジョーンズHC)、サンウルブズ

南アフリカ・カンファレンス2(4チーム):キングス、ライオンズ、シャークス、アルゼンチンを本拠地とするチーム
■ニュージーランド・オーストラリアグループ(計10チーム)

オーストラリア・カンファレンス(5チーム):ワラターズ、ブランビーズ、フォース、レッズ(五郎丸&ツイ)、レベルズ

NZカンファレンス(5チーム):クルセイダーズ、チーフス(リーチ)、ハイランダーズ(田中)、ハリケーンズ、ブルーズ
■サンウルブズの東京・秩父宮ラグビー場で行なわれる5試合

今シーズンのサンウルブズは秩父宮ラグビー場では下記の日程で5試合を戦う。今後、対戦相手の中に日本代表の選手が含まれる可能性もあり、スーパーラグビーを日本で見ることができる貴重なチャンスである。
2月27日 対ライオンズ

3月19日 対レベルズ

4月23日 対アルゼンチンのチーム

5月7日 対フォース

7月2日 対ワラターズ
リーグ戦の後、プレーオフの末、優勝が決まる。プレーオフには各カンファレンスの首位の4チーム、南アフリカグループの残り6チームの総勝ち点で一番多いチーム、またNZ・オーストラリアグループの残り8チームの総勝ち点上位3チームの計8チームが参加し、来年は7月22日に準々決勝が行われ、8月6日に決勝で優勝チームが決まる。1月末に終わる日本のラグビーシーズンと日程的に重ならないため、日本のトップリーグと両立することも可能だ。これは逆に、スーパーラグビーの有名外国人選手がトップリーグに来る理由の一つにもなっている。五郎丸も移籍という形ではなく、ヤマハでトップリーグの試合を消化した後に、ヤマハ在籍のまま南半球へ渡る。


五郎丸以外に2016年には、スーパーラグビー挑戦の「パイオニア」であるSH田中史朗(パナソニック)が4年連続ハイランダーズ(NZ)でプレーする。日本代表主将のフランカー(FL)リーチ マイケル(東芝)も昨年大活躍したチーフス(NZ)と今年も契約した。またFLツイ ヘンドリック (サントリー)も五郎丸が加入することになったレッズで今年もプレーする。
さらにサンウルブズと同じ南アフリカ・カンファレンス1には、エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチが指揮を執ることになったストーマーズが入っており、早速、サンウルブズとストーマーズは、南アフリカ(4月8日)とシンガポール(5月14日)で2試合を行なう。日本を本拠とするサンウルブズのメンバーは発表されていないが、日本代表選手やトップリーグで活躍する外国人選手などが参加する(12月にはヘッドコーチや所属選手が発表される予定)。
また、日本を本拠地とするサンウルブズと五郎丸、ツイの所属するレッズは、5月21日にブリスベンで対戦することも決まっている。
「さらにレベルの高い場所で戦ってみたい」という思いは、アスリートの本能に近いだろう。田中や堀江翔太(パナソニック、2013年にレベルズに参加)、リーチはスーパーラグビーで試合を重ね、その経験を日本代表に還元して、ワールドカップ3勝に大きく貢献した。そのことは五郎丸自身も感じていて「堀江、田中の第一人者が、日本人の可能性を示してくれたからこそ、ほかの選手もチャレンジしたいという気持ちになった。失うものは何もないのでしっかりやりたい」とレッズに挑戦した意図を明かした。
2015年、24年間、ワールドカップで白星のなかった日本代表が、優勝2回を誇る南アフリカを倒し、3勝を挙げるという結果を残した。そして、2019年には日本でワールドカップが開催される。日本代表の多くがプレーするだろうサンウルブズがスーパーラグビーに参戦し、また海外のスーパーラグビーでプレーする選手も増えてきた。「五郎丸がレッズでプレーすることは、サンウルブズにとっては痛手だが、日本ラグビー界にとってよいこと」(ジョーンズ前日本代表HC)
日本の選手たちがテストマッチに近い、レベルの高い試合に多く身を置くことが、2019年のワールドカップで、日本代表が今度こそベスト8に入る近道となる。

































































幹事丸

スポンサーサイト
  1. 2015/11/17(火) 03:52:44|
  2. 未分類

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索