1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

五郎丸選手



南ア戦直前に見た「悪夢」

「憧れられる存在になる」

「勝つ文化を作る」


このミッションを4年間追い続け、W杯で日本は初めて3勝できました。帰国後、何よりびっくりしたのは、タクシーに乗ったとき。料金を支払おうとしたら、運転手の方から「結構です」と断られたのです。「そのかわり、一緒に写真をお願いします」と。

結果を出したことで、僕をはじめ、ラグビー日本代表を認知していただけたことを実感し、非常に幸せに感じた瞬間でした。

僕は幸い4試合すべてに出場できて、58得点。キックを決めても、相手に隙を見せないよう、ポーカーフェースを心掛けましたが、実は「恐怖心」という見えない敵と戦っていました。

19歳で日本代表に選ばれてから10年で初めて経験するW杯で、自分の納得いくプレーができるのか。'19年に日本で開催されるW杯を盛り上げるため、「ベスト8入り」という目標を是が非でも達成し、低迷気味だったラグビー人気を復活させる起爆剤にしたい、というプレッシャーとの戦いでした。

特にしんどかったのは、W杯初戦となった9月19日の南アフリカ戦を迎える4~5日前。夜は眠れましたが、必ず夢を見ました。1次リーグで全敗して、帰国する夢なんです。目が覚めると、さすがに憂鬱な気持ちになりました。

日本代表は過去7大会に出場し、わずか1勝。その屈辱の歴史を変えるため、就任したエディ・ジョーンズヘッドコーチの厳しい練習に耐えてきた。もう一度やれ、といわれても無理です。それほど心身ともに負荷のかかった練習を乗り越えたからこそ、「結果を残したい」という思いが募りました。



寝苦しい夜をすごしていた頃、イングランド代表の主将経験のある、ボーズウィックFWコーチからこう諭されました。

「W杯は、楽しまなきゃ」

W杯を迎えるまで、僕は代表戦に53試合出ていましたが、本番が近づくにつれ、国を背負って戦う責任の重さの違いを感じていました。ただ、このプレッシャーは普段、絶対に味わえません。逃げたくなるような重圧さえも「楽しもう」と考えることで、自分の中に起こるであろう変化を前向きに捉えようと発想を変えました。

僕たちは、リーチ・マイケル主将の発案で、南アフリカの情報を選手全員で共有するため、各選手が、対面する相手選手の特徴を書きこんだホワイトボードを食堂に置いておきました。そのボードを見ているうちに、2日前から重圧が和らぎ、自信が芽生えてきました。やってきたことを出し切れば、必ず勝てる……。

あの試合は、前半からFWが奮闘して相手ボールを奪い、南アフリカに最後までリズムをつかませなかった。僕も24得点できました。

試合後、「奇跡ではない。必然です」とコメントしましたが、実際は冷静ではなかった。正直、勝った実感はなく、けれど、その晩は興奮して寝られなかった。

寝惚けまなこで迎えた翌朝、携帯電話がこわれるんじゃないか、と感じるほどたくさんのメールをいただき、SNSでは何度もハイライトシーンが映し出された。それを見て初めて「南アに勝ったんだ。歴史を変えられたんだ」と実感がわき、ベッドの上で熱い滴が止まりませんでした。



涙をぬぐいながら、代表で過ごした日々が頭を駆け巡りました。19歳で選ばれた時は周囲の過大評価に戸惑い、4年前は、W杯期間中に1度招集されながら、急遽、他チームの選手が選ばれ、結局、代表に合流できなかった。

'12年に代表に復帰してからは国内で行われた欧州の強豪・ウェールズ戦やイタリア戦に勝っても「(代表に)外国人が多いせいで勝てたんだろう」と素直に認めてもらえず、とても悔しい思いをしました。

もう一つの「ルーティン」

'04年に欧州遠征した日本代表は、スコットランドに100失点、ウェールズにも98失点して大敗。以来、日本は欧州で「ラグビー後進国」のレッテルを張られました。

しかし、「スポーツ史上最大の番狂わせ」を演じた後は、自分たちに向けられる視線が変わりました。南アフリカを破って「汚名」を返上したことで、ラグビー発祥の国も認めてくれました。堀江(翔太)はW杯期間中、散髪代さえ、払わなくて済むようになったのです。

僕が大事にする、ゴールキック前の「ルーティン」はお馴染みになりましたが、実はこの大会期間中、自らに課した、新たな「ルーティン」がありました。それは、日記をつけることです。

大会前、W杯経験者と、そうでない人がまじってミーティングをしたとき、W杯経験者に過去の体験を聞いても、「覚えていない」と答える人が、残念ながら多かった。すごく、もったいないことです。

結局、モノを書かないと、感覚でしか記憶に残らない。人生でめったに味わうことができない機会に、感じたことを書き残そう、と決意しました。僕は普段、筆まめではありませんが、帰国前日の12日まで約1ヵ月間、その日あったこと、それについてどう思ったかなど、自由に書くことを続けました。

精神的に余裕があるときは、感じたことを事細かく書けますが、ちょうど、南アフリカ戦直前の精神的に苦しい時は、そうはいかなかった。今、読み返してみると、

「緊張しすぎて、自分を見失いそうだ」

その一言で終わっている日もある。

ただ、書き残すことで頭の中が整理され、過緊張状態を和らげてくれました。次世代の代表選手などに自らの経験を伝えるとき、何かしらの役に立てるのではないか、と思っています。

南アフリカ戦の4日後に行われたスコットランド戦は完敗しましたが、第3戦のサモア、最終戦のアメリカには快勝。W杯3勝は日本のラグビー史上初のできごとです。

仲間と別れてしまう不安

これは、世界の指導者の中でもリーダー的存在のエディさんが、正しい練習方法で、世界一の強度の練習で導いてくれたおかげです。

ただ、エディさんが口にする「ハードワーク」を、日本の指導者が耳にすると、勘違いする危険性がある。ずっと走るイメージを持つ方が多いと思いますが、持久力系の練習をただ繰り返しても、ハードワークできる選手が育つわけではない。

「(短距離世界王者の)ボルトは、マラソン選手のような練習はしない。スプリンターだからだ」とエディさんがおっしゃったように、目指すラグビースタイル、それを遂行するためのポジション適性に応じた練習方法を見極める力が、今の日本代表の選手やスタッフには備わったと思う。

だからこそ、今回の日本代表選手は、'19年の日本開催のW杯まで代表でいられるかどうかに関係なく、世界に通用する正しいスキル、それを獲得するための正しい練習を伝える責任があると思います。

日本では4年後にW杯があり、翌'20年に東京五輪が控えています。次のW杯を目指すかどうかは、まだ考えが整理できていません。今大会で完全燃焼した部分もある一方、ベスト8に行きたかった、という悔いも残っている。それ以上に、このチームの仲間と別れたくないという思いが強いからです。

今大会、一秒もピッチに立てなかった前主将の廣瀬俊朗さん、湯原祐希さんは試合前、出場選手の気持ちを高めるビデオレターを作るため、各選手の所属先のみならず、それ以外のチーム関係者、落選メンバーや、いなくなったスタッフからもメッセージを取り寄せてくれていました。

僕も過去、W杯の試合を所属チームの仲間と一緒に見たことがありましたが、当時、応援したのは自分の所属先の選手だけでした。

でも今回、2人のおかげで、ラグビー関係者にとどまらず、多くの方が日本代表を好きになってくれたことに気づくことができた。自分がピッチに立ちたい気持ちを抑え、チームを支えてくれた2人には、感謝の言葉しかありません。

僕たちは歴史を塗り替えたかもしれないけど、まだ世界のトップに躍り出たわけではありません。そこを勘違いしてはいけない。チャレンジャーだからこそ、これからも先を見ず、今を全力で生きていきたいと思います。











ジョーンズHCが離日「仕事はやり遂げた 日本の発展楽しみ」


ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本代表を率いたエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ(HC)(55)が4日、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」のストーマーズ(南アフリカ)監督に就任するため日本に別れを告げた。羽田空港で「日本がどう発展するのか楽しみ。個人的には日本ラグビーに関わり続けたい気持ちがある」と話し、名残惜しさもにじませた。
就任時に「世界トップ10に入るチームをつくる」と目標を掲げ、過去W杯で1勝という日本の歴史を変えようと注力してきた。W杯8強はかなわなかったが、現在の世界ランキングは10位。「ミッションは完了した」と達成感を示した。
「最も成長した一人」と称賛するFB五郎丸(ヤマハ発動機)のスーパーラグビーのレッズ入りが決まったことには「彼は彼の夢を追っている。日本ラグビーが成し遂げたことの一つ」と評価した。五郎丸は「勝つことに貪欲な人。充実した日々だった」と名将との猛練習を振り返った。
東海大でプロのコーチ人生をスタートさせ、トップリーグではサントリーの黄金期を築いた。「旅立ちの時には悲しさがあるもの。でも、やり遂げた自信はある。その意味では悲しくない」と胸を張り、数々の思い出が残る「特別な国」を旅立った。

スポンサーサイト
  1. 2015/11/06(金) 04:04:58|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索