1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

エディー



エディ元HC、離日 「誇り取り戻せた、悲しくない」

南アフリカに向けて旅立つエディ・ジョーンズ元ヘッドコーチ


ラグビー日本代表のヘッドコーチを退任したエディ・ジョーンズ氏(55)が4日、次の指導先である南アフリカに向けて、羽田空港から出発した。日本での約4年の指導を振り返り、「日本のラグビーに誇りを取り戻せた。旅立ちの時ではあるが、そういう意味では悲しい思いはない。私のミッションは完了した」と穏やかな表情で語った。
次に指導するチームは南半球最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)のストーマーズ(南アフリカ)で16日から練習を始める。代表チームからクラブチームの指導者になるが、指導者であることの喜びについてジョーンズ氏は「自分自身が成長できたとき。選手が成長し続けるのを見るのも喜びだ」と話した。日本代表がワールドカップで3勝を挙げた活躍は、ジョーンズ氏にとっても喜びであり、勉強でもあったという。「マインドセット(気持ちの持ちよう)が大事だということを目の当たりにした。才能以上の結果を出した」。もっとも印象に残る思い出については、2013年6月のウェールズ戦の勝利を挙げ、「世界でトップ10になれる自信を持てた」とその理由を語った。
SRのレッズ(豪州)入りが決まった五郎丸歩選手については「彼の夢を追いかけていて、非常にうれしく思う。彼にとって素晴らしいことだし、それも日本ラグビーが成し遂げたことのひとつだ」と評価した。










「日本版オールブラックスの育成を!」退任するジョーンズHCが国家レベルでの強化を説く

日本記者クラブで会見した退任するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ


ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、強豪の南アフリカ撃破など3勝をもたらし、退任する日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が30日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した。

日本人の特性を生かす強化に成功した指揮官は、2019年に日本で開かれる次回W杯に向け、「選手たちは今、『スーパースター』だが、これからやるべきところに戻り、ハードワークを惜しまずやってほしい」とエールを送った。

前日、中国・上海の日本人学校で講演したというジョーンズHC。500人ほどの児童の前で「五郎丸(ヤマハ発動機)のポーズをやってごらん」と話すと、300人くらいは「完璧にやった」とエピソードを紹介した。

19年W杯に向けた課題については、小国ながらラグビー大国として君臨するニュージーランドを例に「なぜ勝っているかというと、国民を挙げてオールブラックスを育成する心があるから。この根底が変わらないと、ベスト8に入れるとは思えない」と述べ、国家レベルでの強化の必要性を訴えた。

「どうやって、人口400万人、羊100万匹がいるニュージーランドがあれほど素晴らしいラグビーチームを輩出できるのか? 国内のすべてのチームがオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の選手を輩出するために連動しているからだ」
「そういったことは日本にない。それが変わらない限り、2019年に8強入りすることは難しいだろう」

エディーHC“置き土産”提言 エリート育成機関新設せよ


ラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC、55)が30日、都内の日本記者クラブで会見を行い、19年W杯日本大会で結果を残すため、若手育成の重要性を訴えた。

W杯で3勝1敗の成績を残し、11月1日付で退任してスーパーラグビーのストーマーズ(南アフリカ)で指揮を執るジョーンズHC。再び日本に戻る条件にも若手育成システムの確立を挙げ、日本ラグビーの現状に警鐘を鳴らした。

スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」が生中継するなど異例の態勢で行われた会見。W杯期間中よりいくらかふっくらとした様子のジョーンズHCは在任中のメディアからのサポートに礼を述べると、日本ラグビーの行く末を案じた。
「今後、日本が世界で活躍するには2つが大切。才能と準備だ。まずは才能ある選手を16~18歳で選ぶこと。そして国際経験を常時積ませることが必要。それによって次の世代が育つ」
今月13日のW杯帰国会見でも、19年大会で同じ結果を残すのは「難しい」と断じた指揮官。提案したのが16~18歳の将来有望な選手約30人を選抜し、代表クラスの選手に育てるプログラムやエリート育成機関の新設だ。

ジョーンズHC自身、12年の就任とともにジュニアジャパンを立ち上げたが、大学や高校の協力が得られず、短期間の合宿や遠征をこなすだけで、形骸化した悔恨がある
年間120日にも及んだ代表合宿では戦術確認だけでなく、筋力や走力の向上にも時間を割いた。指揮官は「本来なら所属チームのやること」と一刀両断。特に成長期の高校、大学の強化態勢には「指導者に従順なあまり、状況判断のできる有能な選手が生まれない」などと常に疑問を抱いており、最後の会見では「日本(だけ)で通用するラグビーをやっている」「自分たちのことにひっきりなし」と大学ラグビーに見切りをつけた。
日本でも日本オリンピック委員会がエリートアカデミーを創設し、卓球、フェンシングなどで中1~高3世代の選手を味の素ナショナルトレセンを拠点に育成。卓球の平野美宇が世界で活躍するなど一定の成果を収めている。

ジョーンズHCもトレーニングセンターの必要性を訴え、今大会での躍進は「才能あふれる選手がいてたまたま(サイコロの)いい目が出たが、19年に同じように振っても思ったような目は出ないかもしれない」と話した。
今大会で目覚ましい活躍を見せている南アフリカの正SOポラードは、94年3月生まれの21歳。日本ではWTB藤田(早大)と同じ大学4年世代に当たる。4年後、ポラードのような選手がピッチに立てるのか。



再来日の条件に「才能ある選手の育成ができること」を挙げたジョーンズHCも、地球の反対側で凝視し続けるに違いない。


日本代表のエディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、もはや国際ラグビー界で注目の指導者と遇される。周到な準備、一切の妥協を排する実践で地力を培った。勝負にかける直感と科学の融合は、大舞台に驚愕の結果をもたらした。

ただし、この人、黙っていても敬意を得られそうなのに、ちっとも静かではない。

南アフリカ戦の2日後、さっそく、「なぜ大会後に日本を離れるのか」について現地のメディアに口を開いた。

「かの地でラグビーを運営する人々には熱意が欠けている。大きなフラストレーションを感じていた」(インディペンデント紙)。

南半球のスーパーラグビーに来年2月から加わる日本の「サンウルブス」をめぐる疑いも隠さない。

「日本の参加が認められたことに驚いている。きっと法律上の問題があるのだろう」「もし失敗すれば、この競技(ラグビー)に深刻なダメージを与える」(ニュージーランド・ヘラルド紙。9月29日付)。

まあ直截、ストレートである。

そして、そんな激情の気性、軋轢をおそれぬ辛辣な言動は、穏便な人間関係の敵であっても、いざ勝負の最前線では強い。それこそ敵に回すとこわいのである。















五郎丸、スーパーラグビー挑戦 TLと掛け持ち




ラグビーW杯後、チームの練習に合流したヤマハ発動機の五郎丸(中央)=ヤマハ発動機大久保グラウンド

 世界最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」のレッズ(オーストラリア)に加入することで合意したラグビー日本代表のFB五郎丸歩(29)=ヤマハ発動機=。スーパーラグビーが来年2月26日開幕で、トップリーグとシーズンが重ならないことで、社員選手の五郎丸は、掛け持ちで海外挑戦が可能になった。今季のトップリーグは日程を大幅に短縮して行われ、日本代表を軸に編成される「サンウルブズ」がスーパーラグビーに参戦するためだ。




 関係者によると、決断には家族と過ごす時間が欲しいという本人の希望も影響したという。南アフリカのカンファレンスに入り、日本と南アの移動で負担が大きいサンウルブズよりも、オーストラリアに拠点を置くレッズの方が調整しやすい側面もある。




 レッズはバックスの複数ポジションをこなしてプレースキッカーも務めた元オーストラリア代表のオコナーらが退団。W杯で安定したキックで得点を重ねた五郎丸に白羽の矢を立てた。





































































































スポンサーサイト
  1. 2015/11/05(木) 04:10:26|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索