1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

報道

五郎丸スマスマ登場

ラグビーに脚光 トップリーグ中継に本腰入れる日テレの狙い

 プロ野球に代わるスポーツコンテンツは何かないか――。テレビ局にとって長年の懸案がラグビー日本代表のW杯での活躍で動き始めている。日本テレビが国内ラグビーの最高峰「トップリーグ」中継に本腰を入れるという。

 日テレで生中継した今月3日のW杯サモア戦は平均19.3%、瞬間最高では25.2%を記録し、巨人戦の何倍も視聴率を稼いだ。それだけに色気を見せるのも当然。それにヤマハ発動機ジュビロの五郎丸歩(29)の人気沸騰で、ファンクラブへの加入などが急増、待望のスター誕生という風が吹いている。

「これまでトップリーグの試合は、主にJスポーツの中継か、BS朝日のダイジェスト番組で見ることができる程度で、好きな人はスタジアムに足を運ぶしかなかった。ところが今回は、W杯を日テレだけでなく、BS日テレやNHKでも放送して視聴者が食いついてきた。これで中継をやらない手はないということ。ラグビーファンの期待は高まりますね」(ラグビー担当記者)

 もうひとつの追い風は2019年に日本で開催されるラグビーW杯である。今大会でのジャパンの活躍で、4年後への注目が高まっている。

 気になる日テレの目論見とやり方だが、放送関係者がこう言う。

「巨人がCSでヤクルトに負け、野球賭博騒動でイメージは最悪。原監督から若手の高橋由伸監督へのバトンタッチでイメチェンを図りますが、そう大きな期待はできない。だったら五郎丸らが活躍するラグビーにシフトして、トップリーグの試合を土日の午後に生中継し、深夜に録画放送する。また、ラグビーはプロ野球に比べて放映権料が破格の安さです。今回のW杯は2、3億円だったともいわれ、4年後のW杯の放映権料が上がったとしても、それほど負担にならない。日テレはプロ野球に代わるスポーツコンテンツとしてラグビーに狙いを定めているのです」

 五郎丸は今後は他局の番組に出演予定だが、今のところは日テレの“独占”状態。囲い込みを行っているのだ。この日テレの動きに、出遅れたTBSやテレビ朝日は焦っているともっぱら。

 いずれにしても、ラグビー好きの中高年は大喜びだろう。

いびつなラグビー人気はすぐ終焉しかねないフィジカル面で日本人は世界に通用しないとされてきたが、ラグビー日本代表はそうした常識を覆した今回の「日本サッカーの問題点を聞く」は、日本中に大旋風を巻き起こしたラグビー日本代表の活躍を受けてお送りする。思い起こせば、ワールドカップで優勝を遂げ日本中が盛り上がった、あの「なでしこジャパン」ブームのときと、根っこの部分は何も変わっていないのではないか。 ――ラグビーの日本代表が帰国しました。3勝1敗という好成績を挙げながら、グループステージで敗退してしまいましたが、彼らの戦いについてどう評価していますか。 厳しいトレーニングを積み、完璧な準備をして、初戦で最高のゲームをして優勝候補の南アフリカを下した。それに尽きるでしょうね。ラグビーは実力が得点に反映されやすく、番狂わせの少ない競技だと言われていますが、それなのに、これまでのワールドカップで1勝しかしていなかった日本が勝ったということは、ものすごい勢いで進歩を遂げた証でしょう。 だからといって、世界のトップグループに入ったわけではない。中3日という厳しい日程でしたが、スコットランドには完敗しましたから。でも、セカンドグループの中ではかなり上のほうにいるんじゃないでしょうか。 昨年のブラジル・ワールドカップで『優勝を狙う』と言いながら、惨敗に終わったサッカーの日本代表よりも、世界のトップに近い位置にいることは確かです。■ 体のぶつかり合いでひけを取らなかった あと、すごく印象的だったのが、体と体のぶつかり合いでまったくひけを取らなかったことですね。何人かの外国人選手がいたわけですが、日本人選手も自分より体格の大きな選手をふっ飛ばしたり、タックルで止めたりして、あれだけのゲームを披露した。 だから、サッカーでよく言われる“日本人はフィジカルでは世界に勝てない”というのが、単なる言い訳にすぎないことがよくわかりました。同じ日本人が違う種目でやれている。つまり、民族的にはできないわけじゃないということですね(笑)。 ――4年後のワールドカップは日本で開催されます。自国開催に向けて弾みがつきましたね。 本当の目標は4年後のワールドカップを成功させること。まだ何かを成し遂げたわけではありません。しかも、今回の躍進でかなり警戒される存在になったことでしょう。これからもチャレンジャー精神を忘れずに戦うことが大事だと思います。 ただ、選手たちのコメントを聞いていると、目標にしていたベスト8に達しなかったという現実としっかり向き合っているように感じます。彼らが浮かれることはないんじゃないでしょうか。■ ブームしか作れない日本のメディア むしろ問題なのは、『よくやった』『よくやった』と騒いでいるメディアと国民です。五郎丸(歩)の涙を思い出してほしい。あれは嬉し涙ではないでしょう。選手たちは満足していないのに、メディアや国民が必要以上に褒めたたえては、悔しがっている選手たちに失礼だと思いますね。 ――空港には約500人のファンが集まり、代表選手たちを迎えました。 4年前のなでしこフィーバーと同じ現象が起きていますね。4年前、サッカーのなでしこジャパンが女子ワールドカップで優勝したときも、開幕当初はまるで関心を持たれていなかったのに急に注目を集めるようになり、ブームになっていった。今回の“五郎丸人気”を見ていると、あの頃の澤(穂希)や川澄(奈穂美)を思い出します。 エディー(ジョーンズ)ヘッドコーチは五郎丸のことを『世界で5本の指に入るキッカーだ』とたたえていますが、日本のメディアは、イケメンだとか、ジェスチャーのことばかりを取り上げていて、彼の選手としての魅力が伝わってきません。 ちょっと過熱しすぎて、五郎丸が通う美容院にまで押しかけている。日本のメディアの報道はワンパターンなんです。だから、ブームしか作れない。ワイドショーはまだしも、スポーツニュースでも選手をアイドルのように扱っていて、彼らがどんな戦いをして南アフリカに勝ったのか、ラグビーという競技の魅力を取り上げる番組があまりない。今、本格的なスポーツニュースが少なくなって、みんな、バラエティ番組のようですね。 ――スター選手を作り上げ、その選手ばかりを取り上げている、と。 五郎丸が『ラグビーにはヒーローはいない、チームみんながヒーロー』と言っているのに、日本のメディアは彼ばかりを取り上げる。スター選手をもてはやすことに躍起になっている。そうしてブームを作り出し、その熱が冷めてきたり、その競技が負けたりすると、サッと手を引く。まさに、なでしこがそう。ワールドカップで2大会続けて決勝進出という快挙を成し遂げたのに、報道量が極端に少なくなった。■ 競技の魅力を伝え、負けても応援する なでしこジャパンに飛びつき、(浅田)真央、羽生(結弦)に飛びつき、錦織(圭)に飛びつき、今度は五郎丸。そうやってブームをどんどん作り出し、スポーツを食い物にする。競技そのものの魅力を伝え、負けても応援する文化が日本のメディアに生まれなければ、スポーツ報道は成熟しないでしょう。 ――7月の女子ワールドカップのあと、宮間あや選手が「女子サッカーをブームではなく、文化にしたい」と言っていましたが、先日の帰国会見で、エディージャパンの選手たちも「ラグビーを文化として根付かせたい」と言っていました。 ラグビーも昔、すごく活気づいていた時代があったんです。松尾(雄治)がいて、新日鉄釜石が強かった時代ですね。でも、なかなか企業スポーツの範疇から抜け出せず、一方、サッカーはJリーグの誕生とともにプロ化して、日本における両スポーツの立場に大きな差が生まれた。 でも、ラグビーにはオールドファンがたくさんいますから、日本においてポピュラーなスポーツになっていく素地はあります。今回のワールドカップ、そして4年後の自国開催のワールドカップは発展のきっかけになるでしょうね。 ――それには、4年後のワールドカップをなんとしても成功させなければいけませんね。 サッカーの日韓ワールドカップがそうだったんですが、日本人はメンツが懸かると、すごいエネルギーを使って本格的な強化に乗り出すけれど、それが終わった途端に、急に責任の所在が曖昧になり、誰も責任を取りたがらず、成長が停滞するばかりか、下がり始めます。 ラグビーも自国開催のワールドカップまでは、しっかりとした強化を進めることでしょう。ラグビーが本当に日本でポピュラーなスポーツになり、文化として根付くかどうかは、ワールドカップ後に懸かっています。サッカー界と同じ過ちを犯してほしくはないですね。

 

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会に日本代表として出場した神戸ゆかりの5選手に対し、神戸市は23日、スポーツ特別賞の贈呈を決めた。1次リーグ敗退で成績の授賞基準を満たさないが、日本初の1大会3勝を挙げ、ラグビー人気を高めた功績を評価した。

 南アフリカ戦の歴史的勝利に貢献した木津武士選手▽FWとして全試合に出場した山下裕史選手▽34歳でW杯初出場を果たした伊藤鐘史選手▽最終戦でけがから復帰したクレイグ・ウィング選手-の4人が神戸製鋼ラグビー部所属。素早い球出しでリズムを作った神戸市立広陵中、報徳学園高出身の日和佐篤選手も表彰する。

 特別賞の基準は、国際大会3位以上▽日本選手権優勝▽日本記録の更新。このほか、スポーツ振興に著しい功績があった人や団体に特例として授与することがある。今回の日本代表の活躍は、4年後にW杯日本大会の開催を控える同市の後押しになったと判断した。

 神鋼の4人に対しては11月に市役所で贈呈式を予定しているという。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/28(水) 04:23:13|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索