1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ

ラグビー山田ANNで快進撃裏話「ゴール狙いかと」
山田章仁




 ラグビーW杯イングランド大会で活躍した日本代表WTB山田章仁(30=パナソニック)が23日、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」でラジオのパーソナリティーに挑戦した。午後10時から2時間、W杯の裏話や、帰国後の盛り上がりへの驚き、今後の期待などを語った。




 W杯初戦の南アフリカ戦の大金星を振り返り、ゴールを狙うかトライを狙うかの最後の場面では「僕はどちらかというとゴール狙いかなと思った」と本音を漏らした。また、第3戦のサモア戦でトライを決めた自身のプレーには「正直、めちゃくちゃデカイ相手が突っ込んできてびびった。うわあって思ったけれど、クルッとかわしちゃいました。そこからは『明日の新聞の1面トライだ~』ってゆっくりな感じ」と“解説”した。1次リーグで3勝1敗の好成績を挙げたにもかかわらず、決勝トーナメント進出はならなかったが「3勝したいと言っていましたが『本当にできるのか?』っていうのが8割くらい」と苦笑い。「W杯は100点に近い95点でした」と評価した。




 エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチとの初対面では、奇抜な髪形や黄色いスパイクをダメだしされたことも明かし「すべてを完全否定されました。その日は駅2つ分くらい、上を向きながら涙をこらえながら歩いた」と懐かしむ場面もあった。「確実に僕には厳しかったですね。でもエディーさんのおかげでの結果。本当に感謝しています」とした。




 今後の活動に関しても明言。2月から参戦予定の世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に関しては、「できれば海外のチームでやりたい気持ちが強い」。アメリカンフットボール参戦にも「先週末に2つのチームを見てきた」と、今季も再びラグビーとアメフットの二刀流挑戦も宣言した。




 番組の最後には今後の目標をきっぱりと言い切った。「19年には東京でW杯がある。20年には東京で五輪もある。どちらも全力でチャレンジして、世界と戦っていきたい。ポジションを譲るつもりはまったくありません」と決意表明で番組を終えた。






















ラグビーは少し特殊で、野球やサッカーと違ってサポーターの応援席に両サイドがなく、全員どちらを応援しようが混ざりあって座ります。その文化もあるせいか、スタジアム外でもお互い記念写真を撮ったり、知らない人と国籍人種関係なく仲良くなってしまいます。 着てるユニホームが違えど、そもそもラグビーが好き、相手をリスペクト、ノーサイドの精神、同じ人間、それらが身に染み込んでいるからです。 ワールドカップの雰囲気を楽しみながらスタジアムに入り自分の席に着きましたが、周りはみんな南アフリカのジャージを着ていました。一通り周りの人に挨拶したあと興奮冷めぬなか選手入場。 南アフリカの国歌を聞けてとりあえず満足したままキックオフ。あとは、あの試合やハイライトを見れば試合内容はわかるでしょう。 これからはその画面に映っていなかったことをお話しします。 前半が終わり、隣の南アフリカ人の方と話をした際に、「日本はよくがんばっているね!南アフリカにとっては少しストレスのたまる試合だよ!まあ勝つんだけどね。」と言ってくれました。 前半が終わった段階で日本 10 - 12 南アフリカ 実は、僕はこんなことも思ってました。エディヘッドコーチが言ってた日本ラグビーの歴史を変え、もっと日本でアピールしたいということにもう近いことをしてるんじゃないかと。前半から大敗すると思っていたので2点差で折り返すことでも興奮していました。 ラスト10分しか報道されていませんが、そこまでの70分間も選手にとってもサポーターにとっても壮絶な戦いでした。正直圧倒的にグリーンのジャージが多かった観客席が「JAPAN」コールでいっぱいになり、これほどの盛り上がりはないくらいでした。しかし、相手がいいプレーするたびに敵側のサポーターが拍手する姿は変わりませんでした。 実は僕もラスト10分の前からすでに号泣していました。 そして、相手のペナルティーをしてリーチキャプテンが同点のPG(ペナルティーゴール)ではなく、トライをとって勝ちにいくことを決めた時、会場はさらなる盛り上がりとラグビー、いやスポーツの本質を感じることができました。僕も実はPGだっ!て思ってました。 そして勝利が決まったときに、気づくと周りのグリーンジャージに泣きながら何十人とハグをしていました。ふと見ると、涙浮かべながらこちらを見つめている南アフリカファンが立っていて、とても強いハグをしてくれました。 あの瞬間は勝ち負けはどうでもよかったんです。日本が勝つことをみんな期待して見ていたのではなく、人生最高の試合を見て、みんなハラハラし、無我夢中に頑張る選手に感動覚え応援していただけです。スポーツを愛しただけでした。負けたら悔しいのに、どうして南アフリカファンも笑顔で泣いていたのでしょうか。その感動はスポーツの本質を肌で感じ、負けたことではなくて素晴らしい光景見たからでしょう。 そしてその感動と感想を国籍、人種、チーム関係なくみんなで抱き合いながら共有できるラグビーは素晴らしいと思いました。周りに相手のサポーターがいることはどれほど素晴らしいものか、ラグビー見に行くと思うでしょう。 スタジアムからの帰りは大変でした。頑張ったのは僕ではなく選手、でもファンにとっては関係ありません。日本人に対して大きな尊敬とあの試合を見せてくれた感謝を、僕や他の日本人にいろんな人が寄ってたかって記念写真やハグや握手をしてくれるのです。 「何十年生きてきて最高の瞬間だった!」と何度言われたでしょう。スポーツは本来どういう姿なのか、考え直すきっかけになりました。世界中が感動したのも知っています。 言葉では説明することは僕には少し難がありました。しかし、試合を見てファンの様子なども見たらわかってもらえると思います。 「自分の国が勝つことよりも大切なことはたくさんある。」ということを知ってほしいです。 余談ですが...グッズショップのJAPANグッズには列ができジャージから何からすぐ完売してました。帰りの電車の中でもJAPANコールが響き、ロンドンでもハグやハイタッチされました。あの試合はイギリスでは全国放送されていたので、かなりの人が見たでしょう。また、次の日の新聞もえらいことになってました。





































五郎丸選手、日本シリーズで始球式 あのポーズは封印
始球式を務めたラグビー日本代表の五郎丸歩選手




 プロ野球日本シリーズが24日、福岡市のヤフオクドームで開幕し、ラグビー日本代表で地元出身の五郎丸歩選手(ヤマハ発動機)が始球式を務めた。赤白の代表ジャージーを着てマウンドへ。




投球前にソフトバンク・五十嵐亮太投手から指導は受けたというが、球は大きく高めに浮いた。「ブルペンと感覚が違った」と苦笑い。




ワールドカップ(W杯)で話題を集めたキックをする前のポーズは「(日本シリーズという)神聖な場所だから必要ない」と封印したが、「一生の思い出になる」と満足そうだった。












    




































































































スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 03:06:21|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索