1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ



ファンタスティックだった日本代表 エディーは選手称賛「彼らはヒーローだ」



エディージャパンにとって最後のゲームだった。
「始まる前、ロッカールームでチームトークの際、エディーさんが涙ぐみながら、『プライドを持って、しっかり戦おう』と話をしました。試合前にエディーさんがあんなに涙ぐむのを見たのは初めて。選手はそれでちょっと気合を入れすぎたかもしれない」



堀江翔太はそう言って笑った。ラストゲームとなったアメリカ戦の立ち上がり、少し押され気味だったが、きっちり修正して28-18で制し、勝ってすべてを終えた。ワールドカップで3勝1敗という好成績を残しながらもプールステージ敗退となってしまったが、世界中がラグビー日本代表を称賛した。


アメリカとの激闘後、畠山健介も、日和佐篤も泣いていた。プールステージでスコットランド代表のグレイグ・レイドローに次いで2番目に多い58得点を記録(テストマッチ通算700得点を突破)した五郎丸歩は、今大会2回目のマン・オブ・ザマッチに選ばれ、そのインタビューで「このマン・オブ・ザマッチは、本当にチームの……」と言って言葉を詰まらせ、男泣きした。


試合後の記者会見、あなたにとって日本代表を指揮する最後の試合になりましたねと訊かれたエディー・ジョーンズ ヘッドコーチは、「きょうの試合は、私のラストゲームに関するものではなく、選手たちの試合だった。本当にすばらしかった。チームの成長を示してくれた。大会4戦で3勝という成績は、リーチをはじめとした選手たちのハードワークの結果です」と言った。
日本代表がバスでスタジアムに到着したとき、多くのファンが待っていた。指揮官は笑顔で振り返る。

「歓声がすごくて気分がよかった。この日本代表のように、日本人ではない人たちが日本の国旗を振って応援してくれるチームになることは、なかなかできることではない」
世界のラグビーファンやメディアは、ラグビー日本代表を「ブレイブブロッサムズ」と呼ぶ。勇敢な桜のジャージーの男たち。彼らの勇姿はいまや、これまでラグビーに興味のなかった人々の胸をも熱くさせ、日本中が盛り上がっていることはジョーンズ ヘッドコーチの耳にも届いていた。



「今夜はたぶん、3000万人が日本で(テレビで)見ていたと思う。3000万人といったら、オーストラリアの総人口にカンガルーやニュージーランド人を足した数だ。そのなかには、子どもにラグビーをプレーしてほしいと思った親もいるはず。見ている子どものなかには、次のリーチになりたい子どももいるだろうし、鏡の前でこんなポーズをして五郎丸のキックを真似している子もいるだろう。日本ラグビー界にとって、新しい世代の選手、ファン、ヒーローを獲得するための素晴らしい機会。この選手たちはいまやヒーローです。彼らは日本ラグビーのイメージを根底から変えた」


ジョーンズ ヘッドコーチがヒーローと呼んだ日本代表のリーチ マイケル主将は、ワールドカップのプールステージで、どの選手よりもボールを持ってゲインラインを越え、タックル回数でもランキングトップとなった。指揮官は「もし現時点でベストフィフティーンを選出するならば、彼は今大会のベストナンバー6として考えられるべき選手です」と、ハードワーカーのリーチを絶賛した。
リーチはプレーヤーとしてだけでなく、主将としても頼りになる男だ。

「土曜日の夜、準々決勝に行けなくなったけど、自分たちのプライドがモチベーションでした。プールステージの最後の試合。世界にどんだけ日本がすごいか見せよう、と。日本で見ている人たちにも、ラグビーというスポーツのすばらしさを見せよう、と言いました。試合が終わった瞬間に思ったことは、『本当に勝ってよかった』と」
試合後、スタンドのファンにあいさつを終えたあと、日本代表はグラウンドの中央で円陣を組んだ。リーチは振り返る。

「この4年間で、ベスト8という目標は達成できなかったけど、自分たちで立てた細かい目標は全部クリアできた。コーチ陣に感謝して、どうやって2019年(ワールドカップ日本大会)につなげるかということを話しました。チームをとても誇らしく思います。2019年へ向け、ファンを獲得できたと思う。ファンのサポートが続いてくれることを祈ります。ワールドカップでの経験はファンタスティックでした」








  ■エディー・ジョーンズヘッドコーチ

「今日の試合は、選手たちの試合だった。チームはとても成長した。大会4戦で3勝という成績はこれまでのチームのハードワークの結果。この日本代表のように、日本人ではない人たちが国旗を振って応援してくれるチームになることは、なかなかできることではない。日本の子供たちにとって、選手たちがヒーローになった」
 
■リーチ マイケルキャプテン
「決勝トーナメントにいけないとわかったあと、チームのモチベーションになったのは自分たち日本ラグビーのプライド。世界にどれだけ日本ラグビーが素晴らしいか見せようという話をしていた。この4年間で、ラグビーワールドカップの決勝トーナメントに進むという目標は達成できなかったが、この後、2019年の日本開催にどうつなげていくのかが大切だと選手たちと試合後に話をした。今日の試合は勝ってよかった。もうそれだけ」
 
■五郎丸歩選手
「決勝トーナメントに行きたかった。その悔しさで達成感はない。今回3勝できたからといって、次にベスト8に入れるような甘い世界ではない。歴史を変えるために、この4年間に日本代表に関わってきた選手、スタッフはみんな必要な存在だった。チームを離れてみんなと別々になると思うと、寂しさを感じる」
 
■アマナキ・レレイ・マフィ選手
「この大会で、歴史をいくつも変えることができたことはとても嬉しい。最高の気持ち。日本ラグビーに貢献できたことも、とても嬉しい。テレビでしか見たことのなかった選手や、いろいろな国の様々な選手と試合をすることができ、世界に向けて自分のパフォーマンスをアピールすることもできた。素晴らしい大会だった」
 
■松島幸太朗選手
「トライができたのは、チームの勢いに乗ることができたから。ラグビーワールドカップに4試合出ることができ、自分の力を出し切ることができた。チームの目標であるベスト8は達成できなかったが、3勝できたことで日本の未来につながる大会になったので、次はベスト8より上を目指したい」
 
■藤田慶和選手
「今日は緊張せずに、いつも通りに試合に入ることができた。チャンスだと思って入ったモールでトライすることができたが、これはFWのトライ。この大会で決勝トーナメントに進むという目標を達成できなかったが、3勝したことで日本でも世界からも日本ラグビーをリスペクトしてもらうことができた。これを2019年のラグビーワールドカップ日本開催につなげていきたい」








ラグビーのワールドカップの1次リーグB組の最終戦の日本対アメリカが12日、グロスターで行われ、日本が28-18で快勝。ボーナスポイントの差で1次リーグ突破はできなかったが、歴史的な3勝目を刻んだ。試合のマンオブザマッチに選ばれたのは、3本のペナルティキックと、トライ後コンバージョンを2本決めて13得点をマークした五郎丸歩(29)。試合後、公式インタビューに呼ばれた五郎丸は、最初に、2度目のマンオブザマッチに選ばれた感想を聞かれ、「ええ、このマン・オブ・ザ・マッチは本当にチーの……」とまで言うと、言葉に詰まった。鼻を押さえ、目は真っ赤。涙腺が崩壊して、もうそれ以上、言葉が出てこない。今大会中、常に冷静さだった男が号泣した。


動画↓↓↓クリック

五郎丸











本当にチーム……の後に続けたかった言葉は、「チーム全員で取ったものだ」という五郎丸の気持ちだったのだろう。
さらに、今の感情言葉であらわして欲しい?と質問されると、「我々の目標は、ベスト8に入ることだった。満足はしてない」と言って再び絶句した。
その涙は、3勝したが、ボーナスポイントの差でベスト8進出を逃した悔しさであり、エディヘッドコーチの元で、苦しい練習と準備を乗り越え、チーム一体となって、世界で通用する「ジャパンウエイ」を体言できたことに対する、ひとつの達成感もあったのかもしれない。複雑な感情が入り混じったのだろう。
南アフリカを相手に世紀の番狂わせをやってのけたゲームでは、精神を集中させてペナルティを成功させ続けた五郎丸の独特のお祈りポーズがクローズアップされた。スコットランド戦では大会のベストタックルのひとつに選ばれるスーパータックルでトライを阻止もした。エディジャパンのスター的な取り上げられ方に対して、五郎丸は、戸惑いと違和感を覚えてもいたようだが、4試合で計58点は、堂々の得点ランキング2位。 その正確なキック力で、世界に、その名をとどろかせた。
日本はベスト8進出を逃したが、プールの3位をキープしたことで2019年の自国開催のワールドカップの出場権を自力で得た(自国開催枠で出場できる方向だったが)。4年後は五郎丸は油の乗り切った33歳。
「ラグビーにはヒーローはいない。チームみんながヒーロー。胸をはって日本に帰りたい」

涙を拭いた五郎丸は、そう言って前を向いた。









一部の批判もはねのけ…ラグビー日本代表、海外出身選手の行動に賞賛の声相次ぐ



現在開催中のラグビーワールドカップ2015において、強豪サモアを撃破し決勝トーナメントに向かって快進撃を続ける日本代表。
ワールドカップという大舞台での試合であると共に、五郎丸選手のポーズが話題になり、かつてない注目を浴びています。
さて、ラグビーの日本代表選手には外国人選手が多いのですが、彼らが日本の国歌「君が代」を熱唱していることに賞賛の声が相次いでいることをご存知でしょうか?

日本代表31名中10名が海外出身

 

日本代表選手31名中、外国出身の選手は10名おり、内5名は日本に帰化しています。
もちろん日本代表選手となるのに、日本国籍が必須というわけではありません。

国際統括機関「ワールドラグビー」では、「本人が当該国生まれ」「両親か祖父母の1人が当該国生まれ」「本人が3年以上継続して当該国に住んでいる」という3条件のいずれかを満たせば、代表資格があるものと定めている。
ただし、他国での代表歴がある場合はNGだ。
他国での代表歴がなければ、最低でも日本に3年以上住んでいれば代表となれるのです。
しかし、他国と比べると日本は国籍を重視する傾向にあり、厳しい意見を持つ人もいます。

そんな意見を知ってか知らずか、日本代表主将のリーチ・マイケル選手はこんな取り組みをしていました。

選手全員で「君が代」の練習

 

日本人選手、外国人選手問わず、全員で「君が代」の練習をしているというのです。
その内容も、ただ歌詞を覚えるというものではありません。

「試合の前の合宿中には、必ず全員で君が代の練習をします」
ほかの外国出身選手はもちろん、日本人選手にも歌詞を教えることもあるという。
「君が代の中身を自分たちにつなげて、歌詞を理解して歌わないとダメだと思います」と話す。
歌詞を単純に覚えるのではなく、その意味についても選手全員と学び、歌うという取り組みをしていました。
外国出身の選手のみならず、日本人選手も一緒に取り組んでいるということは注目すべきポイントの一つではないでしょうか。


















佐賀県唐津市で男女4人がイノシシに襲われケガをした。イノシシは警察や住民などが大捕物の末、捕獲された。

6日午後6時ごろ、唐津市内の寺に現れた1頭のイノシシ。市役所の職員が捕獲しようとするが、興奮したイノシシに突進され、手も足も出ない。

周辺では6日、相次いで人がイノシシに襲われていた。70歳代の女性が頭を打撲、20歳代の女性警察官が足を切るなど男女計4人がケガをした。

警察や住民約15人を巻き込んでの大捕物。暴れるイノシシを取り押さえたのは、騒ぎを聞いて駆けつけた近くに住む自営業の原田正明さん(55)だった。高校時代からラグビーをしていた原田さんは、手足をかまれて5針縫うケガをしながらもイノシシに果敢にタックル、素手で捕獲した。

原田さん「怖かったですよ。イノシシはごつい。筋肉の塊ですから。(ラグビーの現役時代が)久しぶりによぎりました」

唐津市によると、数か月前から唐津沖を泳ぐイノシシが多数目撃されていて、今回捕獲されたイノシシも離島から餌を求めて海を渡ってきた可能性があるという。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/13(火) 04:26:40|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索