1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

中学校



ラグビーW杯での日本代表による歴史的快挙で、注目度が高まっているラグビー。華麗なキックを決める五郎丸歩選手の姿をみて、自分の子どもにもラグビーを、と思った人もいるかもしれない。子どもがラグビー選手を目指すにはどうすればいいのか、今から始めて代表の可能性はあるのか……ラグビーの今を取材した。



まず、幼少期にラグビーを始めるにあたってもっとも入りやすいのは、地域のスクールに通うことだろう。調べたところ、実は東京都内だけでも20以上ものスクールがあり、そのほとんどが未就学児からの生徒募集をしている。チーム規模はさまざまだが、多いところでは100人近い生徒がいるという。ラグビーの盛んな大阪や福岡には、さらに多くのスクールがある。実はラグビーは、小学生以下には間口の広いスポーツなのだ。

「ラグビー人口のボリュームゾーンは、実は小学生以下の世代にあるんです」と話すのは、日本ラグビー協会・普及競技力向上委員会の川合レオさん。だが一方で、問題になるのが小学校卒業後だ。

「ラグビー部のある中学校はあまり多くないので、中学以降、続けられない子も多いというのが課題です」(川合さん)

つまり、ラグビー選手を目指すには幼少期に始めたラグビーを、いかに中学で続けるかがカギになる。私立中学などにはラグビー部がある場合も多いが、そのために進学先を変えるというのは難しい。それまで通っていたラグビースクールでプレーを続けるという手もあるが、スクールは土日のみの活動がほとんどだ。

だが、そういった問題をカバーする取り組みも行われている。それが「放課後ラグビープログラム」だ。これは大学や社会人チームのグラウンドなどを利用して、平日の週1回、中学生を対象に(地域によっては小学生も可)ラグビー教室を開催するというもの。

この活動は、文部科学省が企画する「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」の一環として行われており、日本ラグビー協会が取り仕切っている。同省の肝いりということもあってか、教室の指導陣はかなり豪華だ。元日本代表選手や社会人チームの現役選手など、コーチ陣には錚々たる面々が名を連ねる。全12回の開催で、保険料800円だけで受講できるのも魅力だ。

現在、東京や大阪、福岡などの各地域で開催されている。今回は東京の町田で行われているクラスを取材した。

訪れたのは、多摩市にある社会人チーム・キヤノンイーグルスのグラウンド。人工芝にナイター用の照明と、かなり恵まれた環境だ。夕方になると、小学6年生から中学生までの、総勢30名ほどが集まった。指導するのは、7人制ラグビーチーム「湘南ベルマーレ」GMの小畑江至さんと、元日本代表で、現在はキヤノンイーグルススタッフを務める瓜生靖治さんだ。

ここに集まる大半は、小学校前後からラグビーを始めたが、進学した中学校に部活がないという生徒たち。だが、時には全くの初心者が参加することもあるそうだ。

この日、ここに通う長男の練習を見に来たという女性は、「指導陣が豪華で、練習内容もすごくしっかりしているので、ありがたいですよね」と話す。女性は二児の母で、長男も次男も、週末は都内のラグビースクールに通っている。幼稚園のママ友に誘われたことをきっかけに始めたが、それまでラグビーの知識はまったくなかったという。それが最近では、息子たちと一緒に大学リーグを観戦に行くほどになったそうだ。

「息子たちは元気が有り余っていたので、ラグビーくらい運動量が多いスポーツが楽しいみたいです。性格に合っていたのかなと思います」

確かに、試合中ほぼ走りっぱなしのラグビーは体力を存分に使うし、子どもたちの基礎体力を鍛えるのにも適しているかもしれない。また、ラグビーではメンタルの部分での成長も期待できるという。小畑コーチは言う。

「ラグビーは1チームの人数が多く、ポジションもさまざま。試合を進めるうえでは、それを把握したうえでコミュニケーションを取らなければならない。お互いの立場を理解することが必要になるんです。自然とコミュニケーション能力が培われますし、相手のことを考えられるようになります」

このプログラムに通う小6の男児は、「小5くらいまでは勝てなかったけど、最近になって、勝てるようになったのがうれしい」と話す。勝てるようになった理由は「お互い声を掛け合って、コミュニケーションが取れるようになったから」だと言う。

一方、ラグビーを始めるにあたって気になるのが、接触などの激しいプレーがあること。安全面の配慮は、どうなっているのだろうか。

「体が接触する激しいプレーは、段階を踏まえて教えるようにしています。小中学校の時点では、しっかりと体づくりをすることが最優先。体が細い子にタックルなどを教えることはまずありません。体ができてから、スクラムやタックルを段階的に教えていきます。教えるに際しても、ケガをさせない倒し方、ケガをしない倒れ方をしっかり教えるようにしています」(小畑さん)

初心者でも体づくりからじっくり取り組めば、コンタクトプレーにも負けない強いフィジカルを手に入れることができそうだ。

現在は小学生以下からの経験者も多いラグビーだが、中学、高校から始める選手も決して少なくはないという。現在の日本代表でロックとして活躍する大野均選手も、実は大学からラグビーを始めた選手だ。

「どんな競技にも言えることかもしれませんが、強い気持ちがあれば経験にかかわらず、上を目指せると思います。彼のほかにも、高校で始めて活躍した選手などもいます」と小畑さんは話す。

2019年には日本でのW杯開催が控えている。ラグビー人気復活の兆しをみせる今、桜ジャージを目指して始めてみるのもいいかもしれない。











英国流おもてなしを日本大会に生かせ ラグビーW杯


ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本代表がサモアを破り、初めて1大会で2勝を挙げるなど奮闘する中、日本で初めて開催される次回2019年大会の会場となる自治体職員らが、イングランド大会を視察している。大会の雰囲気をじかに味わい、運営に生かすのが目的。ラグビー発祥地のノウハウと「おもてなし」を4年後に生かそうと、準備を進めている。
視察は19年W杯日本大会組織委員会と開催自治体が合同で、3回に分けて実施。第1陣は9月17日から24日にかけ、岩手県・釜石市▽埼玉県・熊谷市▽大阪府・東大阪市▽福岡県・福岡市▽熊本県・熊本市と、収容人数が1万6千~3万2千人の比較的小規模な会場を持つ自治体が職員を派遣し、1次リーグB組の日本-南アフリカが行われたブライトン、日本-スコットランドの会場となったグロスターの両市を訪問した。
熊谷市の担当者は「通りをまたぐ横断幕やバナー、出場チームの国旗などで町が飾ってあった。案内役のボランティアも配置され、シンプルだが歓迎の気持ちが伝わってきた」と評価。会場についても「施設が狭くても仮設テントなどでスペースをつくって対応していた。いろいろなやり方があると思った」と語る。
ブライトンを視察した熊本県の担当者は、結婚式やクリスマスパーティーも開かれるほど充実した球技専用スタジアムに驚かされたという。「日本とではスポーツ文化が相当異なり、観客を楽しませるため、数多くのホスピタリティースペースが備えられている。一般的な日本のスタジアムにはないもの。そういった部分をどうするのか、検討を行う必要がある」と話す。
福岡市の担当者は、優勝トロフィーが開催都市を回るツアーや、学校でのラグビー教室などを実施して、大会の2年前からムードを盛り上げた取り組みを聞き、機運醸成の必要性を感じ取ったという。観客輸送も参考になった様子で「会場周辺への車両を規制し、来場者は空港周辺からのシャトルバスか徒歩で会場に向かうようにしたほうがよい」などと思案をめぐらす。
今月1日には札幌市、静岡県、神戸市など第2陣が日本を出発し、8日までの日程で視察を実施。19年大会で決勝会場となる日産スタジアムがある神奈川県・横浜市や、開幕戦の舞台となる味の素スタジアムがある東京都は14日に出国予定。各自治体は、地元との協力態勢や、スタジアム内の大型ビジョンの位置、キャンプ地の状況などにも関心を寄せている。「本番」を体感できる唯一の機会にどれだけ収穫を得られるかが、大会の成否にもつながりそうだ。











五郎丸 サモアが選ぶMVPに「試合のMVPカップより価値がある」


サモア戦で16得点を挙げ日本のW杯通算得点記録を更新したFB五郎丸歩(29=ヤマハ発動機)が4日、ツイッターを更新。サモアからMVPに選ばれたことを明かした。
この日はペナルティゴール4本、コンバージョンゴール2本を決め16得点を挙げた五郎丸。W杯通算45得点とし、日本歴代1位だった栗原徹の記録(40得点)の記録を更新、「マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)」にも選ばれた。
だが、「試合のMVPカップより嬉しいものをサモアチームに頂いた。サモアチームが選ぶMVPです」とサモアからMVPに選ばれたことを明かし、MOMよりも名誉であると告白。「敗者となった彼らから貰った贈り物は試合のMVPカップより価値があり我々もこんなチームになりたいと思えた」と敗れながらも対戦相手を称えるサモアに感服していた。










【ラグビーW杯】日本 3勝1敗で決勝T進出逃せば異例の事態


日本が“ルーツ国”より長く生き延びた。ラグビーW杯イングランド大会で、1次リーグB組の日本は26―5でサモアを破り2勝1敗の勝ち点8とし、上位2チームが駒を進める決勝トーナメント進出の可能性を残した。
一方、A組では優勝候補の一角だった地元イングランドがオーストラリアに13―33で敗れて1勝2敗となり、史上初のグループリーグ敗退が決まった。開催国の「ラグビー発祥の地」イングランドは、日本より早く大会を終える屈辱を味わった。
優勝1回、準優勝2回を誇る世界ランキング6位のイングランドにとっても、前大会4位のウェールズ(同2位)、優勝2回を誇るオーストラリア(同3位)と同居する「死の組」で生き残ることは難しかった。
開幕戦こそフィジーに35―11と貫録勝ちしたが、ランキング上位の両チームに連敗。地元ファンをどん底に突き落とした。
日本が南アフリカを倒す世紀の大金星が衝撃を呼んだ今大会、ラグビー界はさらなるショックに襲われた格好だ。
その日本は、反則とミスを繰り返し、一時退場者が2人出て13人で戦う場面もあったサモアに主導権を渡さず、80分間を戦い抜いた。
得点源のFB五郎丸はこの日もPGとコンバージョンで計8回のうち6回(16点)を決めて、今大会45点で試合終了時点での得点ランキング1位に。トライは前半24分にスクラムを相手が崩したことによる認定、同41分のWTB山田の快走による2本を奪った。
勝ち点8とした日本はスコットランドの10に次ぐ2位に浮上したが、直後の試合で南アが34―16でスコットランドを下して勝ち点を11に伸ばして首位に立ったため、3位に下がった。上位3チームとも2勝1敗ながら、トライ4以上、7点差以内の負けに与えられるボーナスポイントの獲得で差がついた。
日本は1次リーグ最終戦となる次戦(日本時間12日)で、現在2敗の米国と対戦する。
その前に行われる南ア―米国(同8日)、スコットランド―サモア(同10日)で、南アとスコットランドがともに勝つと、ボーナスポイントなしでも勝ち点はそれぞれ15点、14点となる。
日本は米国にボーナスポイント付きの勝利で勝ち点5を取っても計13点で追いつかないため、この試合を待たずに敗退が決まる可能性がある。
3勝1敗で決勝トーナメントに進出できなければ、これも異例の結果。こちらも、まさに「死の組」といえそうだ。







3大会連続出場のロック大野が感慨深げに言った。「W杯で普通に勝てるんだ」。サモアのベサム監督も「日本は世界レベルに追い付いた」と認めた。決勝トーナメント進出が厳しい状況は変わらないが、日本のラグビーが新たなステージを歩み始めたのは確かだ。


















    









スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 03:35:39|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索