1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ


ラグビーW杯開幕! 日本人が知らない熱狂
日本代表は英国入り後の調整は順調だという
9月18日夜(現地時間)、4年に1度のラグビーの祭典、ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会が開幕する。

1987年に始まったW杯は今回で8回目。いずれの大会も、南半球の強豪と欧州の伝統国がぶつかり合う、という図式で争われて来た。大会初となるニュージーランドの連覇なるか、それとも地元開催となるイングランドがラグビー発祥国の意地をかけ2度目の栄冠に輝くのか、44日間にわたる大会から目が離せない。

英国ではW杯に合わせて、観光プロモーションも積極的に行っている。日本を含む各国のサポーターに対し、国のPRを図る絶好の機会だからだ。今回は、スポーツ観光先進国の取り組みを見ていくことで、2019年の日本大会に向けた課題を論じていきたい。

■ 日本で無名だったラグビーW杯

日本では残念ながらラグビーW杯の存在はこれまであまり知られていなかった。おそらく大半の方々は「新国立競技場の建設問題」で初めてその名に触れたのではないだろうか。次期2019年大会の開催国が日本なのに、である。

日本代表はアジアの最強国として過去全大会に出場しているが、残念ながら過去の戦歴は振るわない。今回の大会では「次期開催国」としての意地をかけ、ベスト8進出という壮大な目標を設定。2003年大会で準優勝となった豪州代表を率い、自身の母と妻が日本人というエディー・ジョーンズ氏をヘッドコーチに据え、日夜激しい練習に励んできた。日本代表のW杯初戦は開幕翌日の9月19日。対戦相手は南アフリカ代表で、開催場所はイングランド南部のリゾートの街・ブライトン。その後3週間をかけて予選リーグ全4試合を戦う。

今回のイングランド大会に合わせ、日本ラグビーワールドカップ2019組織委員会も、アピールに余念がない。ロンドン・ウェストミンスターの「ビッグベン」にも近い会議施設で、アジア初のラグビーW杯開催をPRする「ジャパンパビリオン」を設営。日本の観光地や料理、アトラクションなどを紹介するという。

「20チーム、44日間、48試合、13会場、そして優勝は1チーム」
大会を主催するワールドラグビー(旧称・国際ラグビーボード、IRB)はさまざまな数字を使ってイングランド大会の規模を示している。前述の数字以外にも興味深いデータが数多く並んでいる。日本人の目には「はたして日本大会ではこの水準をクリアできるだろうか」という厳しい目標も少なくない。
例えば、チケットの総販売枚数は240万枚に達する。大会は予選リーグと決勝トーナメント合わせて48試合だから、単純に割り算すると1試合の定員が5万人となる。イングランド大会では世界でも有数の巨大施設が使われる一方、地方都市では2万席以下の小規模会場も使われるから、「うちでも十分やれる」と考える日本側の運営者もいるかもしれない。日本大会はすでに12都市での開催が正式に決まっている。ただ一部の施設ではかなりの改修が必要なほか、これから建設というスタジアムもある。
今大会では、8万1605人の定員を持つラグビーの聖地・トウィッケナムで10試合が行われるが、それとは別にロンドンではわざわざサッカーの聖地・ウェンブリー(定員9万2256)、オリンピックスタジアム(同5万4000)にも試合を振り分けた。
このように充実したロンドンの施設水準に比べると、日本の現状は厳しいと言わざるを得ない。旧国立競技場を解体してしまった今となっては、「東京ではどこで試合をやるのか」という素朴な疑問が国外のラグビー界を覆っている。
■ 国外からサポーター50万人が訪英
大会中、英国には50万人超の国外サポーターが押し寄せる見通しだ。近隣国のフランスやイタリアからの観戦客は一定数いるものの、豪州、ニュージーランドといったオセアニア勢がかなりの割合を占める。
訪英する日本サポーターも4けたに達するだろう。たまたまシルバーウィークの連休中に初戦、2戦目のスコットランド戦(23日)が行われることも後押しとなっている。予選リーグの日程だけで3週間以上にわたるため、全てを見続けることは難しいだろう。
一方、強豪国のサポーターの中には予選リーグから準決勝、決勝まで現地で応援を続ける人も少なくない。日本での開催となると、欧州とオセアニアの両方からファンが押し寄せるため、「訪日サポーターが100万人」といった数も夢ではないだろう。ところが問題は大会期間の長さだ。オリンピックは2週間で終わってしまうが、ラグビーW杯はサッカーW杯より長い8週間近くに及ぶ。

英国政府観光局(ビジットブリテン)は今月初め、在英のプレス関係者をトゥイッケナムスタジアムのメンバーズラウンジに集め、「大会中の観光プロモーション」に関する説明会を行った。国外からやってくるサポーターたちに「試合の無い日にどう遊んでもらうか」も重要な課題だ。




 試合が行われる全10都市では、街中に「ファンゾーン」というパブリックビューイング会場が設けられる。収容人数は5000~1万人超。主に別の街で開催される試合がライブ中継される。会場にはパブさながらのバーやスナックの屋台が並ぶという。
また、競技を超えた試みもある。例えばサッカープレミアリーグに今シーズン移籍した岡崎慎司選手が所属するレスターは、ホームスタジアムを10月1週目にラグビーW杯の試合会場として明け渡し、3試合を集中的に催行。中心街では街の道路を開放して、市民向けのラグビーの試合などを催す予定だ。
観光局の担当者は、「英国のさまざまな文化的行事を体験してほしい。大会中には映画『007』の新作「Spectre」も封切られるが、これもわが国を代表するコンテンツだ」と鼻息も荒い。
数十万人に達するサポーターが英国内のあちこちを動き回るにもかかわらず、宿不足や交通の混乱に関する懸念はどこからも聞かれないのが意外だ。主催者は事前の情報をメールや携帯のショートメールを使って、サポーター1人ずつにこまめに送付し、当日の移動に関する対策を促している。一方、各地の観光局では、「観戦の日は早めに開催地に赴いて、街を存分に見てほしい」と案内しているが、これには試合前の混雑緩和も念頭に入れているという。
■ 日本大会で、数十万の外国人サポーターをどう迎える?
日本大会では、「日本そのものに興味を持たない外国人サポーターたち」をどうもてなすかが今後の課題かもしれない。西洋人が慣れ親しんでいる東南アジア諸国で長期滞在して、自国代表の勝ち抜き状況をにらみながら格安航空(LCC)などで日本に試合を見に通う、というサポーターたちも大勢いるだろう。大会の運営そのものに気を取られて、観光に対する環境整備をおざなりにすると、せっかくのインバウンド需要を失ってしまう懸念を感じる。
国際ラグビー界では、アジア初となる日本大会を「新たな市場拡大の好機」と捉えられている。ブリーフィングに同席した関係者のひとりは、「私たちはイングランド大会の開催が決まった2009年から綿密な準備を進めてきた。日本の皆さんには『まだ4年ある』ではなくて、『あと4年しかない』と思ってキャッチアップしてほしい」と今後の追い込みに期待感を示した。
イングランド大会の勝負の行方はもちろん気になるところだが、発祥国のラグビー文化を知る絶好のチャンスだ。報道や映像などを通じ、次期開催国の日本に「W杯のチカラ」が広く伝わることを望んでやまない。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 04:35:42|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索