1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

監督



清宮パパから学ぶ“超一流”育てる極意 思考する習慣&黄金期の年代に刺激


今夏の甲子園を沸かせた早稲田実業のスーパー1年生、清宮幸太郎内野手。清宮の怪物ぶりを語る上で欠かせないのは父でラグビーのトップリーグ、ヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督(48)だ。ラグビー界きっての名将として知られ、息子の活躍でその子育て術にも注目が集まっている。過去のインタビューや著書から学べる、子供を“超一流”に育てる極意とは-。

■15年間を楽しむ

清宮は1999年、清宮監督と幸世夫人の長男として生まれた。幸世夫人も慶応ゴルフ部時代に主将を務め、アスリートとしての遺伝子は完璧といえるが、その才能が開花したのは親が与えた環境と教育だ。

清宮は3歳から水泳とラグビーを習い、その後も、テニスと陸上などさまざまなスポーツを始めた。その理由について、2012年のサンケイスポーツのインタビューで清宮監督はこう語る。

「4~6歳は神経発達する第1次の黄金期なんです。刺激が必要な年代って聞いていました。そこでいろんな感覚が身に付くんです」

同インタビューによると、夫婦の掛け声は「高校に入ったら子育ては終わり。だから、15年間を一緒に楽しもう」。共働き夫婦だったが「仕事をしながらだと自分たちが満足する子育てができない」と幸世夫人は仕事をやめ、フードマイスターの資格を取るなど清宮をサポートした。

■世界を獲れ!

甲子園ではプレーだけでなく、前向きで力強いコメントでも魅せた清宮。清宮監督は著書『最強のコーチング』(講談社+α新書)で言葉の力について《目的を明確化することについては、私は自分自身にも課していることがある。それは、つねに『有言実行』することだ》と触れている。

清宮に対して、幼いころから「世界を獲れ!」と言い続け、小学校にあがると、父親のラグビーの試合の分析を“厳命”。さらに、ラグビーの試合後のパーティーでは壇上に上がらせて、あいさつや試合の感想を述べさせていたというのだ。

前出のインタビューで、清宮監督は「一流の選手になれるかなれないかは“頭”だと思っています。思考するという習慣をつけないといけない」と持論を展開。プロ顔負けのコメント力も教育のたまものだった。

■「場」の力

清宮監督は01年に早稲田大の監督に就任した際、練習環境の向上にも力を注いだといい、同書では《人間は『場』の力を借りて大きく飛躍できる》とコーチング術を紹介。それは子育てでも同じだ。

清宮には、テニスなら元テニス選手、陸上なら箱根駅伝の元区間記録保持者、野球なら元プロ野球選手というように「一流」の人から学ぶことを徹底させた。

一流の試合も観戦させたが、極めつけは清宮が小学生のころに新築した豪邸だ。地下に40平方メートルのトレーニングルームを完備し、息子のために雨の日も風の日も練習できる環境を整えた。

「第2次のゴールデンエージは10~12歳と言われています。その時にどういう生活をするのかが大事。野球はいろんな感覚が必要な総合スポーツだし、ラグビーも同じですけど、手を使った練習を取り入れないと発達しないんですよ」と、3年前のインタビューで語っていた清宮監督。













スポンサーサイト
  1. 2015/09/16(水) 04:00:55|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索