1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

監督



保険金詐欺で誤認逮捕の悲運を乗り越え、初出場
「破天荒監督」率いる大阪偕星が甲子園にドラマを起こす!
まるで「ルーキーズ」の世界



グラウンドには、やくざまがいの怒号が響いていた。

「やる気あるんか? 勝ちたいんか? おうコラ、ぼけコラ、アホちゃうか。甲子園に出ただけで満足かコラ!」

選手に檄を飛ばすのは大阪偕星学園の山本晳(セキ)監督(47歳)である。彼の言葉は直情的で乱暴だ。しかし、暴力的な印象は受けない。柔道家の山下泰裕氏に似た風貌から投げかける視線は、愛と情熱に満ちている。

第97回全国高校野球選手権大会に初出場した同校は、1回戦で比叡山に勝利し、13日に行われる2回戦、九州国際大付属との試合を控えていた。打撃ゲージの後方に置かれたテレビに対戦校の映像を大音量で流し、相手エースを想定したフリーバッティングを山本監督は見守っていた。ただ叱るだけでなく、脇を締め、きっちり逆方向へ打ち返した選手には「それだよ、それ。ナイスバッティング!」と褒めちぎる。

岡山出身の山本監督は、津山商業から大阪学院大に進学し、卒業後は香川・尽誠学園でコーチを務めた経験を持つ。その後、アメリカに留学し、またトライアウトを受けて韓国のプロ野球・太平洋ドルフィンズでプレーした経験もある。野球の知識や技術理論には絶対の自信を持っている。

偕星学園には、いわゆる野球エリートはいない。ボーイズリーグやシニアリーグで補欠だった選手が圧倒的だという。また、主砲の田端拓海や西岡大和など、中学時代に素行が悪く〝ヤンチャ〟していた球児や、天理高校を退学して編入してきた外野手兼投手・姫野優也のようなドロップアウト組が集まっているのも大きな特徴だ。テレビドラマにもなった人気マンガになぞらえて、偕星学園ナインが「リアル・ルーキーズ」と呼ばれるゆえんである。

山本監督はいう。

「ずば抜けた選手は同じ大阪でも大阪桐蔭、履正社に行く。うちに来るのはどこも取らない選手ばかり。そういう選手でも、基本に忠実に、きちっと練習すれば、激戦区で一番にもなれるんです」

逮捕、そして懲戒解雇

時にルーキーズを深夜0時を越えるほどの猛練習で鍛え上げ、道を外れそうになった選手にも辛抱強く接し、就任5年目で大阪代表を勝ち取るまでにチームを育ててきた。量より質を重視する風潮の中、昭和の時代に戻ったかのような練習風景である。しかも、学校からグラウンドまでは18㎞の距離。多くの選手はバスや自転車で移動するが、投手陣はこの距離を2往復、つまり70㎞以上も走ることがあるというから驚きだ。

「私の指導方針は、平等に選手と接するということ。複雑な家庭環境の子もいるし、ユニフォームを購入することもままならない家庭もある。私らはそういう家庭を基準にして、部費もわずかしか集めていないし、たとえば岡山に遠征するにしても、一泊二日で2500円、しかも食事付きでやりくりしている。過去には廃盤となったユニフォームを500円で購入し、マジックで学校名のアルファベットを書いて試合を戦ったこともありました。

別にユニフォームで相手と試合をするわけじゃない。試合が始まれば、貧乏人も国籍も関係ない。貧乏人が金持ちにも勝つことができる。すべてが平等なのがスポーツです。私もこれまでの野球人生で、いろいろ経験してきましたから……」

2011年に大阪偕星学園監督(当時は此花学院、13年に校名変更)に就任した山本監督だが、テレビや新聞が報じることのない過去がある。岡山・倉敷高校の監督だった2010年、保険金詐欺で逮捕され、学校を追われることになったのだ。野球部の移動で使っていた大型バスが事故に遭い、バスを修理に出した際の代車費用に関連する保険金詐欺容疑だったが、21日間に及ぶ拘留のあと、嫌疑不十分で不起訴となった。

「身に覚えのない事件でした。野球一筋で生きてきて、法律に詳しくない私は、弁護士に相談したんです。すると、弁護士でさえ、『なぜ監督が逮捕されているのか理解に苦しむ』と話すぐらいでした。保険会社から被害届も出ていないんですよ。最初から無罪であるのは明らかだった」

事件と前後して、学校からは懲戒解雇処分を通達されていた。不起訴になったあと、山本監督は労働審判手続きをして、無罪と不当解雇が認められた。しかし、復職の道は選ばず、自ら身を引いた。

「これ以上、学校と戦ってもしょうがないと思いました。報道も、逮捕されたときは大きく扱うのに、不起訴となったニュースは小さな扱い。家族が傷ついたことが一番、つらかったですね。息子がね、『お父さん、悪いことしてんの? 今日僕、学校でそんなことを言われたんだ』って言うんです……。近づいてくる人間も誰もいなくなりました。そんな時、此花学院から声をかけていただいた。無実とはいえ、逮捕歴のある私を雇って野球部の監督を任せてくれた学校と理事長には心から感謝しています」

妻と子どもを岡山に残して大阪に単身赴任した山本監督は、英語教師として週18時間、教壇にも立ち、野球部の寮で選手と寝食を共にした。

「野球を指導できるのはもちろんですが、もう一度教壇に立つことができた。それが大きな幸せでした」

スポーツは、唯一平等

大阪桐蔭と履正社の二強が抜きんでた大阪の高校野球において、山本監督が11年に監督に就任した此花学院は決して強豪ではなかった。就任した年の秋の大会でベスト16に進出し、13年秋にはベスト4。そして今年の春にはついに決勝に進出した。

「大阪桐蔭に敗れはしたものの、接戦(1対5)を演じることができた。それが自信になったし、子どもたちの中で〝戦える〟という意識が芽生えたと思います」

この夏の大阪大会では、トーナメントの早い段階で大阪桐蔭と対決することを望んでいた。偕星学園のエースは光田悠哉。できるだけ光田に疲労がない状態で、昨年夏の全国王者と戦いたかったのだ。

目論見通り、準々決勝で大阪桐蔭と対戦した偕星学園は、姫野が先頭打者本塁打を放ち、体調万全の光田が2失点完投して勝利。大体大浪商との決勝では4番田端のスクイズで勝ち越し、4対3で勝利した。波瀾万丈の野球人に率いられたヤンチャ軍団が、甲子園の大舞台に立つことが決まった。

「選手達がね……私の無実を、そして私の教えが間違ってなかったことを証明してくれた。そういう気持ちは強い」

初めて山本監督と会った日、彼は私に「君は在日(韓国人)か?」と聞いてきた。苗字に韓国籍の名に多い「柳」の文字があるために、「同胞」だと思ったのかもしれない。山本監督は、自身が在日韓国人3世であることを打ち明けた。かつては韓国籍だったが、今は日本に帰化している。

「いろいろつらい思いをしたこともありますし、就職差別にも遭いました。だけどね、私のおばあちゃんや、父親ほどではないし、在日として生まれたことで、私自身に日本の社会に対する反骨心みたいなのがあるわけでもない。仕方ないことだと思っています。『おぎゃー』と生まれてから、社会で平等なことなんてひとつもないじゃないですか」

そして冒頭の言葉を繰り返した。

「スポーツというのは、唯一、チャンスが平等に与えられる。だからこそ、チャレンジすることに意味がある」

甲子園出場が決まると、学校が新しく「大阪偕星」の4文字が胸に入ったユニフォームを新調してくれることになった。右袖には学校の所在地である大阪市生野区から「IKUNO」と入れた。生野区に所在のある学校が甲子園に出場したのは大阪偕星学園が初めてであるが、ユニフォームに区域名を入れるのは珍しい。

「生野区のあたりというのは、外国人も多く日本で一番、インターナショナルな街で、ボーダーレスな社会がある。人を見た目や国籍、肌の色で判断することはない。素晴らしい地域です。地元の方に愛されたいし、地元の人の活力になるような活躍をしたいと思っています」

甲子園監督となった山本監督だが、野球関係者や報道陣の中には、逮捕歴がある彼を「指導者としてふさわしくない」とみる者も少なくない。私の元には、「山本監督の背中にはモンモン(入れ墨)が入っている」という情報まで寄せられていた。

偕星学園のグラウンドを訪ねた日の練習後、シャワーで汗を流した山本監督が、素っ裸で私の目の前に現れた。その大きく分厚い背中には、くっきりと日焼け跡があるだけだった。
















RWC2015前の国内最後の試合で完璧な勝利

最高のパフォーマンス残し、イングランドへ
29日、東京・秩父宮ラグビー場でリポビタンDチャレンジカップ2015第3戦、ウルグアイ代表との第2テストマッチが行われ、前半12分のFB五郎丸歩の先制トライを皮切りに計6トライを奪ってみせた日本が40—0で快勝。

9月18日に開幕するラグビーワールドカップ(RWC)2015前に日本国内で行われる最後の試合で完璧なパフォーマンスを見せた日本代表は「ワールドカップで旋風を巻き起こす」(エディー・ジョーンズヘッドコーチ)ことを宣言して、9月1日、歴史を変える戦いの場となるイングランドに向けて旅立つことになる。
ウルグアイに40ー0で快勝後、ファンと記念写真に収まる日本代表。最高のかたちでRWC 2015へ


「世界選抜との試合、ウルグアイとの第1試合、そしてその前のパシフィック・ネーションズカップ(PNC)も含めて、いろいろな戦術を試して、外から見るとあまり納得いかない試合だったと思う。

もう一度、ファンの人たちにも自信つけてもらうような、このチームは勝てると信じてもらえるような試合をしたい」
試合前日にFLリーチ マイケルキャプテンがそう語ったRWC2015前の日本国内でのラストゲームに関する目標は完璧に達成されたと言っていいだろう。
「簡単なミスが練習中からあって、どうやってなくしていくかリーダーでも話し合って、修正はできた。BKがスペースにどうやってボール運ぶか、FWがどうやって優位に戦えるか。いまFWはいい感じになった。あとはFWとBKがいいコネクションになれば、いい試合ができる」(同キャプテン)
この5ヶ月、日本代表の完全なるキャンプ地となった宮崎での最後の1週間で、もう一度課題の修正に取り組んできたチームは、間違いなくRWC2015での飛躍に思いを抱かせるパフォーマンスを80分間続けた。
開始4分にいきなりSO小野晃征がWTB福岡堅樹に完璧なキックパスを通して、ウルグアイゴールに迫った時点で大きく膨らんだ期待が実際にスコアにつながり現実的な歓喜となったのは前半12分。

FLマイケル・ブロードハーストの突破など、FW陣がつくったチャンスに最後はBKがきれいに右展開して先制。

続く15分にはNO8ツイ ヘンドリック、WTB松島幸太朗が大きくゲインした後、SO小野がウルグアイのインゴールで押さえた。
25分にもWTB福岡の好走からFLブロードハーストがトライを奪い、3本のゴールをFB五郎丸が完璧に決めて、前半は21−0。
何度も快走を披露して秩父宮のスタンドを沸かせたWTB福岡。後半28分にはダメ押しトライも
何度も快走を披露して秩父宮のスタンドを沸かせたWTB福岡。後半28分にはダメ押しトライも
「世界で一番ハードワークしてきた。

選手の自信大きい」(LO大野均)
試合後、「今季初めてアタックのリズムが出た」と振り返ったジョーンズHCだったが、それでもまだ前半は「保守的だった」とも。

後半、さらにテンポを上げた日本は4分にWTB松島、10分NO8ツイ、26分にWTB福岡と3トライを重ねて、最終スコアは40—0。
全くと言っていいほど隙を見せなかったディフェンス。終盤、メンバーが代わり3連続ペナルティを取られたものの「コインの裏表、どちらになるか程度の問題」と、ジョーンズHCが意に介さず、「勝ち切った」(同HC)セットプレー。

難しい角度からも次々にゴールを決めていったFB五郎丸の安定感抜群のキックなど、課題を上げる方が難しいような内容での快勝となった。
「いくつかミスもあったし、ブレイクダウンでも取られた場面もあった。それでも、理想に近づいている。ひとりひとりが日本代表という思いを持ってプレーしている」
7月に復帰してから、メンバーに日本代表でプレーする本当の意味を問い続けてきたSH田中史朗もこの日の仲間たちのプレーには大きな手応えを感じた様子でそう語った。
「ここまではしっかり準備してきた。あとはメンタルの部分。ワールドカップの中で心動かされずに、いつも通りの感じでできるか。メンタルによって自分のスキルが落ちたりするので、メンタルの部分は重点的にやることが大事」
田中同様、4年前のニュージーランドでの経験から海外でプレーして自分を高めることの必要性を感じてスーパーラグビープレーヤーとなったHO堀江翔太も、あとはどんな精神状態でRWC本番を迎えられるかだけとの感触を掴んでいる。
「世界で一番ハードワークしてきた。ワールドカップの試合前、もの凄いプレッシャーに潰されそうになる。恐怖を感じたりするが、それもいままで流した汗の量を思い出せれば落ち着く。

そういう意味ではいい1年を過ごせている。
ワールドカップに出場する国に対して完勝できた。選手の自信は大きい」
チーム最年長かつ日本代表最多キャップホルダーであり、31日に発表されるRWC2015スコッド入りすれば、イングランド大会が自身3度目のRWCとなるLO大野均は、世界一のハードワークを重ねて来たメンバーたちが自信を持って世界列強とのワールドカップでの戦いに臨むことになると胸を張る。
「日本のラグビーを変えられるのは俺らだけ」(リーチキャプテン)

国内でやるべきことはすべてやり尽くし、RWCベスト8を勝ち取るために選ばれし精鋭31人が、9月1日、機上の人となる。















チームとは生き物である。チームがひとつになるためには、どうしても欠かせない選手が存在する。ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会(9月18日開幕)に挑む日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)はこう、言った。

「大きな舞台では、フィールド以外のリーダーシップも大事になるものです。そういった選手はたとえ、試合に出られなかったとしても、チームをサポートして、ハードワークを続けてくれる。彼は、そういった特別な選手のひとりです。チームの中で非常に重要な役割を担っています」

彼とは、日本代表の前主将、廣瀬俊朗(東芝)のことである。8月31日のW杯メンバー発表で、最近は代表戦の出場機会が減っていた廣瀬も選出された。SOやWTBなどができるユーティリティー選手という能力もあるが、チームリーダーとしての資質も無関係であるまい。

意外にも、初めてのW杯出場である。廣瀬は発表会見の席上、いつも通りの自然な感じで決意をこう、口にした。

「3年半前、エディーさんの横で記者会見したことを思い出していました。そのときから、このワールドカップのためにやってきました。日本代表はずっと、努力をしてきたので、その成果を出して、もっともっと、子どもたちが憧れるような素晴らしいチームにしていきたいと思います」

メンバー決定の知らせは26日に受けていた。だからだろう、興奮や喜びは控えめだった。記者会見が終わる。真っ先に廣瀬を囲んだ。まずは、心境を問えば、顔がパッと明るくなった。

「うれしいですね。ラグビーの人生の中で一番の夢だったので」

大阪出身の33歳。北野高校から慶大に進み、東芝に入社した。ラグビーの発展をいつも意識している。誠実である。ラグビーという競技をレスペクトしている、献身的なチームプレーヤーである。つまり、模範的なラガーマンというわけだ。

つい、3年半前の日本代表の主将就任のときの話になった。なぜ、廣瀬が主将に抜てきされたのかといえば、その前年の2011年の東日本大震災の日本代表×トップリーグ選抜のチャリティーマッチの試合前夜の出来事がきっかけだったそうだ。

そのとき、トップリーグ選抜主将の廣瀬はチームメイトを集め、靴磨きの道具を持ち出して、みんなでせっせとスパイクを磨いたのだった。なぜ。

「ひとつは、スパイクを磨くことで、試合の前の日だということを自分にインプットできる。ふたつめは、試合前に相手と向き合って並んだとき、相手のスパイクより、自分たちのスパイクがめちゃくちゃきれいだったら、いい準備してきたと実感できる。自信が持てる。3つ目が、きれいなグラウンド、きれいなスパイクだと、子どもたちが憧れるでしょ。ものを大事にする感謝の気持ちもできます。それと、最後にそういう場を作りたかったんです。しょうもない話をしながら、一緒にスパイクを磨く。それが、チームのロイヤリティーアップにつながります」

W杯のことに話題を戻す。恐らく選手であるなら、試合に出場したいに決まっているだろう。そう問えば、「もちろんです」と廣瀬は笑顔で即答した。

「もちろん、出たいですけど、出られなくても、次の役割がある。いや、両方大事でしょ。僕の今の一番の夢は、このチームが勝つことなんです。出るための努力、チームが勝つための努力の両方をやっていきたい」

ジョーンズHCからの信頼は絶大である。ここから日本代表の戦力が大幅アップすることはあり得ない。ただ、チームがひとつになることで、チームがぐんと強くなる。

廣瀬はそれを理解している。だから、チームプレーヤーに徹するつもりなのだ。

「このチームには3年半の蓄積がある。各選手から、チームへのロイヤリティ、チームへの思いがもっと出てくれば、すごくいいチームになると思うのです」

日本代表は1日、決戦の地、英国に出発した。2019年にはW杯日本大会がやってくる。今回のW杯は、日本のラグビーの歴史を変える大きなチャンスとなる。

廣瀬がコトバを弾ませた。

「こう言っちゃなんだけど、(W杯メンバーは)ごほうびみたいなものだと思うんです。ずっとがんばって、がんばって、最後に(W杯メンバーに)選ばれた。だから、思い切り楽しみたい、すべてを。最高の仲間と最高の思い出をつくりたい」

最高の思い出とは、日本代表がW杯ベスト8入りを果たすことである。





スポンサーサイト
  1. 2015/09/02(水) 05:03:41|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索