1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ



早野貴大(はやの・たかひろ)
生年月日:1974年9月6日。山梨県出身
日本代表キャップ:0
RWC出場歴:2003
ポジション:LO


ラグビー略歴:山梨・桂高校→帝京大学→サトリーサンゴリアス(1997~2009)。2003年度、2004年度シーズンのサントリーでキャプテンを務める。関東代表、日本A代表。現在は、サントリー酒類株式会社勤務
日本代表の合宿に一度も参加せず、日本代表キャップもゼロ。それなのに、RWCのメンバーになった早野貴大さんの登場です。極めて稀なケースで日本代表になった早野さんですが、サントリーでキャプテンを務め、日本A代表に選出されるなど、確かな実力があってこそのメンバー入りです。しかし、この巡り合わせは奇跡的です。本人も驚いたエピソードを語ってくれました。

サントリーのキャプテンとして遠征
そこでまさかのサプライズ選出

2003年のRWCのとき、サントリーサンゴリアスは観戦も兼ねて、オーストラリアで合宿をしていました。監督は土田雅人さんから永友洋司さんに代わり、僕はキャプテンを務めていました。RWCについては、サントリーのチームメイトの応援も兼ねて観戦に行っていたわけです。
そこで偶然が重なります。日本代表の宿舎でサントリーも晩御飯を食べる日があったのです。実はそのとき、日本代表LOの田沼広之さん(リコー)が試合(フランス代表戦)で膝を負傷し、残りの試合に出場するのが不可能ということが判明していました。LOの選手が一人欠けたことで、たまたま、そのホテルにいた僕に声がかかったわけです。「このまま残れますか」と。
嬉しくはあったのですが、キャプテンとしてチームの合宿中に抜けていいものかどうかという迷いはありました。2003年はトップリーグ元年でもあり、自分もキャプテンになったばかりでしたから。しかし、永友洋司監督は「行って来い」と送り出してくれました。せっかくのチャンスなので参加することにしたというわけです。
遠征中でしたから、練習着などはありますし、そのまま合流できたのもラッキーでした。日本代表の揃いのウェアは、その場でいただきました。ただし、スーツを持って行っていなかったので、ネクタイは日本代表のチームタイを借り、ワイシャツは田沼さんにいただきました。だから、私だけジャケットは無い状態で、いろんなイベントに参加しましたね。寒いときは上にヤッケを着たりして、しのいでいました(笑)。

選手の試合に臨む心構え、姿勢が
日本代表初体験者の刺激になった

実はそれまで日本選抜、日本A代表には選出されたことがあったのですが、日本代表の合宿には呼ばれたことはありませんでした。
選手達は顔見知りばかりだからすんなり入れましたが、その雰囲気はRWCということもあって独特でした。一人ひとりの責任感をひしひしと感じたし、できるだけ選手達に影響を与えないように気を使いましたね。
僕が合流したとき、日本代表はあと2試合(フィジー、アメリカ)を残していました。万が一、出場チャンスがあるかもしれないので、サインをすべて覚えるなどいつでも出場できるように備えました。出場のチャンスが巡ってくれば良かったですけど、そこまでずっとチームでプレーしてきた選手達がいるので、やはり遠慮していました。
他チームの選手達とは顔見知りとはいえ、試合後に談笑するくらいで、普段の顔は知りませんでした。このとき、初めて試合前からの姿を見られて、代表として試合に向かっていく心構えなどは、すごく刺激になりましたね。
フィジーとアメリカは、日本代表が必勝を期していた相手ですが、結局、勝てずに悔しい思いをしました。スタンドで見ることは、自分のチームでは少ないので、不思議な感覚でした。かといって、自分が出ても何もできないのですけれど。当時は、帰国後も、キャプテンという立場をしっかりやることで精一杯になっていて、RWCの経験を生かすというところまでは行かなかったですね。

2011年のRWC壮行会にも参加
自分が日本代表であることを再認識

結局、1試合も出られなかったし、その後、日本代表に選ばれることもなかったのですが、振り返ると、とてもいい思い出です。
僕は、キャップはありませんが、元日本代表なのです。2011年のRWCの直前、壮行会が、都庁で開催されたとき、僕にも声がかかりました。そのとき、「あっ、俺、日本代表なのだ」と気付きましたね。非常に珍しいタイプの日本代表だと思います(笑)。
日本代表ジャージーもご厚意でいただくことができて、いい記念になりました。出場記念の瀬戸物も日本協会から送られてきたし、RWCの参加証もある。日本代表は高校の頃から目標だったので嬉しかったです。
2019年、日本で行われるRWCについては、日本のいろんな場所で試合が行われますよね。オーストラリアの大会に参加して実感したのですが、日本代表も各地で歓迎してもらいました。同じように、日本でも各地で世界のチームを歓迎し、多くの日本の皆さんにいろんな国の試合を見てもらいたいと思います。
僕は2009年まで現役を続けました。ラグビーは、「信頼」がないとできないスポーツだし、自分がすべてさらけ出されるものだと思います。サボると分かるし、相手を怖がって腰が引けているのも皆に分かられてしまう。練習がウソをつかないスポーツであり、努力と結果がリンクする。それがラグビーの魅力だと思います。
2019年のことはこれから考えたいのですが、現状だと普通に見に行くでしょうね。日本代表はもちろん見ますし、東京近郊の試合はぜひ見たいです。

スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 04:08:28|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索