1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

日本選手権



熱き男たちのロマン-ラグビー日本選手権、クラブ参加枠の検討を

 日本ラグビー協会はトーナメント方式で行われていた日本選手権を、今季はトップリーグ(TL)と全国大学選手権の優勝チームが対戦する方式で開催することを決めた。1996年度まで行われていた社会人と大学王者による「一発勝負」が19季ぶりに復活することになる。

 ただ、これは今年の9、10月にワールドカップ(W杯)、11月に7人制のリオ五輪アジア予選があり、さらに日本チームが初参戦する世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」が来年2月下旬ごろに開幕するという特殊事情があるための措置で、来季以降の大会方式については改めて検討されることになる。

 そこで、検討課題の一つとしてほしいのがクラブチームの扱いだ。と、言っても日本選手権7連覇の実績を誇る新日鉄釜石を前身に持ち、外国人のプロ選手もいる釜石シーウェイブス(岩手県釜石市)のような社会人リーグに参加している本格クラブではなく、平日はそれぞれの仕事に追われ、週末に集まってプレーしている“草ラグビー”的なチームのことだ。

 こうしたクラブにも日本選手権への門戸が開かれていた時代があり、03年度から10年間は全国クラブ大会優勝チームが大学勢と毎年対戦してきた。が、結果は1勝も挙げることもできず、12年度に六甲ファイティングブル(神戸市)が当時大学選手権4連覇中だった帝京大に5-115と記録的な大敗を喫したのを最後に実力差を理由として出場枠が無くなった。

 「強化」という観点から見れば、当然かもしれない。肉体接触を伴うスポーツである以上、危険でもあるだろう。が、どこか寂しさを覚えるのだ。

 学校卒業後、トップレベルの企業チームでプレーを続けられるのは一握りの選手だけで、「普及」という点ではクラブは日本ラグビー界に大きな貢献をしてきた。14年度の日本協会登録チーム数は高校の1065に次いで多い624で、選手数は社会人プレーヤーの3人に2人となる19427人。「好きだから」という理由だけで、貴重な休日にラグビーに打ち込む彼らの思いは熱い。

 現実的には、クラブが日本一となる可能性は限りなくゼロに近く、企業や大学を相手に1勝することだって相当にハードルは高い。それでも、一度はトップレベルへの挑戦を断念せざるを得なかった男たちが日本選手権という檜(ひのき)舞台に立ち、日本一になるという夢を見ても良いじゃないか。それこそロマンである。






スポンサーサイト
  1. 2015/06/05(金) 03:34:15|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索