1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

記事



 ヤマハ発動機ジュビロをラグビー日本一に導いた清宮監督(47)は組織の人材育成について、「言葉が大事」と語った。今春、早稲田実に入学した長男・幸太郎(1年)が春季東京都大会準々決勝でいきなり130メートル弾。清宮監督は「怪物打者」と注目される我が子の育て方も「同じ」と言う。「清宮流」才能の伸ばし方に迫る。


■水泳コーチに「プロ失格!」と直談判

 清宮監督は幸太郎が4歳になった頃からさまざまなことを経験させた。水泳、陸上、テニス、ピアノ、そしてラグビー。幼稚園の頃にはこんなことがあった。スイミングスクールに通う幸太郎が2カ月に1度の昇級テストになかなか受からず、1年半も同じクラスにいた。

「それが、どうにも我慢ならないから(代表と)話がしたいと。『あなたたちは指導のプロですよね? 息子がなぜ1年半も同じクラスなのか把握してますか?』と言ったんです。試験に落ちる原因はターンだったかな。いつもその項目で試験に落ちる。にもかかわらず、次の2カ月も同じステップ。息子が受からないのはいつも『8(段階)』のところだったけど、毎回『1(段階)』からやり直し。それを16カ月連続でやったんです。『それじゃ話にならない。プロ失格!』と言いました。料金が発生しているわけだから、その対価に指導力で応えて欲しい。ボクは(ラグビーの)監督と親、同じ目線でやっていますから」

能力を伸ばせないのは指導法にも問題がある。子供だからと相手に全ての指導を委ねたくないというのが持論。その子に合った指導が受けられる場所や環境を見極められるか――。これが親の重要な役目だと清宮監督は言う。実際、他のスイミングクラブへ移ると、幸太郎の泳ぎは見る見る上達していった。

 ヤマハ発動機を日本一に導いた指導法は、我が子に対しても「考えて語らせる」という点で一致する。

「ラグビーの指導と子育てはあまり変わりません。『何でうまく打てたか分かるか?』と聞いて本人に考えさせます。例えば高めのボール球をうまく打った時、『肩が水平に回ったから上から叩けた』などと自分の言葉で答えられれば、ボクは納得します。『インコースがなぜ打てた?』と聞き、必ず説明させるのです。これはボクのクセ。仕事(ラグビーの指導)と同じです。抑え込まれた投手がいたとしたら、『次に同じ投手と当たったらどうする?』と。どうするって考えることが大事。正解か間違いかなんてどうでもいいんです」

親子の会話は、具体的に狙う球種にまで及ぶこともあったという。

「『あの投手はカーブで三振を取ったから、次はカーブを狙っていく。相手の得意な球を狙う』なんて言うこともあれば、反論もしますよ。『いやいやパパ、それは違う。変化球を狙うと直球が打てなくなるから、直球だけを狙っていく』と言う時もある。大事なのは自分の意見を語ること。語ると失敗を繰り返さずに成功を続けられるんです。投手をやっていた時も一緒。投げたボールを振り返らせました。うちはこれまで全試合ビデオを撮っていて、全打席全投球を家でもう一度見させます。そうなると、もう仕事か子育てか分かりません。でも根底は同じなんだと思っています」







スポンサーサイト
  1. 2015/05/23(土) 03:45:58|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索