1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

少年院



 茨城県茨城町の少年院「水府(すいふ)学院」で今年から、入院少年と企業経営者らのタグラグビーの交流試合が始まった。犯歴などを理解した上で、出院した少年らを雇う「協力雇用主」になってもらい、就職先の確保につなげる目的。法務省は「協力雇用主を増やす目的でのスポーツ交流は聞いたことがない」としている。 
 水府学院に入っているのは、十五~十七歳の約六十人。元ラグビー日本代表の故石塚武生さんらが二〇〇七年から年二回ほど、少年たちの指導を始め、現在は元慶応大監督の上田昭夫さん(62)らが受け継いでいる。指導に協力する県ラグビーフットボール協会が昨年、「少年院と社会をつなぐ機会を」と交流試合を発案した。
 水戸市で行政書士事務所を経営する橋本哲さん(47)が、市内のロータリークラブのラグビー経験者らに参加を呼びかけた。尻込みする人や直前にキャンセルする人もいたが、自動車整備や精密機械製造、不動産業などの企業経営者五人が集まった。
 交流試合は二月、学院の体育館であり、ラグビー協会員や企業経営者ら約二十人と、少年約六十人が一緒に汗を流した。タグラグビーは、タックルなど危険なプレーを行わない手軽なスポーツ。試合後に握手を交わし、企業経営者らに見送られて体育館を出る時、目を潤ませる少年もいたという。
 後日、少年たちは企業経営者らにあてて手紙を書いた。「見守ってくれる人を二度と裏切ってはいけない。涙が出そうになるぐらい心が痛くなりました」「ここを出ても非行少年と言われるかもしれませんが、支えてくれる方々がいると思うと孤独も感じません」と、感謝の言葉がつづられていた。
 仲立ちをした橋本さんは「先入観があり不安だったが、普通の子どもと変わらない顔つきで驚いた。法に触れるようなことをしたのは、環境が原因だったのかと思った」と振り返る。「トライを決めて、はにかんだ笑顔が、社会に出てからも見られるようにしたい。交流試合を続ければ、遠くない将来、雇用する企業が出るのではないか」と期待する。
 水府学院では、六月にも第二回を計画中。県協会の小沼公道副理事長(56)は「参加してくれた経営者は五人しかいないのが、今の現実」とするが、その反応には手応えを感じている。「モデルとして全国に広がってほしい。美談じゃない。やらなきゃいけないことだと思っている」と話した。









スポンサーサイト
  1. 2015/05/22(金) 03:15:36|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索