1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ




 

大学からラグビーを始めて日本代表入りした選手の代表格。バレーボール選手だったとは思えない激しいプレーで、法政大学、サントリーで活躍しました。キャプテンとして卓越したリーダーシップでチームを率い、2001年には来日したウェールズ代表を単独チームで下す快挙を成し遂げました。2003年、トップリーグ発足時の顔となった一人です。2度出場したRWCへの想いには、並々ならぬものがありました。


RWCは、一切の妥協を排除して
勝利を追及する。「戦場」



 RWCを一言でいえば「戦場」です。生き残る、つまり勝つ以外にない。僕は1999年と2003年に出場しました。1999年にはアルゼンチンに負けました(12-33)。彼らは当時からスクラム、モール、タックルに特化していた。一見面白くないラグビーですが、それを磨き、アイデンティティーにした。そして2007年のRWCではベスト4に入りました(優勝した南アフリカに13-37)。どんな理想を掲げようが、RWCは勝つ以外ありません。一切の妥協を排除して、勝利を追求する。そういう意味での「戦場」なのです。
 プレーヤーにはプレッシャーに打ち克つメンタリティーが必要です。そこから逃げる選手はプレーがどれだけよくてもいらない。
 「戦場」ですから匍匐(ほふく)前進して困難を切り開く力がないといけない。指導者はそのため、おのおの選手たちの役割をきちっと決めてやる。自信を持たせる。その上でRWCでの勝利が、色々なものを犠牲にしてでも得る価値のあるものだと選手たちに分からせてあげないといけません。
 これまでは指導体制にも問題があるように思えました。RWCが終われば、また一からのスタート。積み重ねがありません。線でなく、点で終わっている感じが否めませんでした。今はエディーさん(=ジョーンズ、現日本代表監督)がいて、継続されるようにはなってきました。しかし、アルゼンチンは一貫性があった指導のお蔭でRWCの成績は日本の上に来ています。


ラグビーを始めて6年目での大舞台
本気のサモアにRWCの重みを痛感

 1999年のRWCはサントリーに入社して2年目、ラグビーを始めて6年目でした。だから感慨は特にありませんでした。RWCのすごさを分かっていなかった。怖いもの知らずでした。そして初戦のサモアに完敗します(9-43)。イングランドの独特の雰囲気、雨、滑る芝、強い風の中での試合でした。
 サモアはNO8パット・ラムやWTBヴァイガ・トゥイガマラら名選手がたくさん出ていました。5月のパシフィックリムで勝ったチーム(37-34)とは別物。目の色がまったく違いました。日本相手に海外のチームが本気で来るのはRWCしかない、と実感しました。レフリーのブラインドで殴られたりもしました。僕もやり返した。やらなきゃやられるんです。それが最初に「戦場」と言ったゆえんです。これまでのテストマッチでそんな感覚になったことはありませんでした。
 試合の最初の方で、ラッキーバウンドになったボールを僕が拾って抜けたけれど、ディフェンスに捕まってうまくボールを出せなかった。当時はタックルされた人間が前方に倒れ、股の下からボールを出す「亀ラック」(亀の出産に似ているため命名された)を練習していました。しかし、倒れるのが早く、できなかった。ベンチから「亀、亀」という声が聞こえたのを覚えています。
 試合はあっと言う間に終わりました。時間を気にする余裕はなかった。「平尾ジャパン」(当時の監督は現神戸製鋼GMの平尾誠二)は期待が高かっただけにあの負けでつまずきました。僕たちは気持ちの切り替えができないままに次のウェールズ戦(15-64)を迎えたのです。例えれば今年(2014年)のサッカーW杯の日本と同じです。初戦のコートジボワール(1-2)に勝っていれば、その後の結果はまた違ったものなっていたでしょう。


日本は守り続けて勝つのは無理
高い意識で攻撃を仕掛けていくしかない

 2003年のRWCは28歳でした。大畑(=大介、WTB、現神戸製鋼アンバサダー)や箕内(=拓郎、NO8、現NTTドコモ)ら僕らの世代がチームをリードして戦いました。「平尾ジャパン」に比べると「向井ジャパン」(当時の監督は現コカ・コーラGMの向井昭吾)は前評判がよくなかった。逆にそれが「何とかしないといけない」という気持ちになり、チームが一つになりました。初戦のスコットランドや3戦目のフランス戦は後半20分までは競ったゲームができました(11-32、29-51)。下馬評の低かった2010年のサッカーW杯の日本と一緒です(決勝トーナメントに進出、PK戦でパラグアイに敗退)。低評価は逆に余計なことを考えなくなり、できるプレーにだけ集中します。だからチームは面白い。戦前の評価とは違ってきますから。
 2回のRWCを経験した中で、「日本は守り続けて勝つのは無理」と思いました。体格、パワーの差で最後は押し切られてしまう。勝つためには最低でもボール支配率を50パーセント弱に持って行かないといけない。そのためにはアタック。ディフェンスでチームは作るのは手っ取り早い。マーク・マークなどのシステムを決めればいいからです。でもアタックはそうはいかない。チーム全体の感性がいるし、「どこで誰が動くのか」など高い意思統一が必要です。当然リスクも高くなる。攻めている中でボールを失えば、守りができていないだけに一気にトライに持っていかれる。でも攻撃を仕掛けていかないと日本が世界に勝つ目はない。僕はそういうことをRWCから学んだ気がします。


























































スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 03:13:08|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索