1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ヤマハ



ヤマハ矢富の大泣きのワケ



ラグビーのヤマハ発動機がとうとう日本一に輝いた。真っ青な冬空の下、水色の大漁旗が舞う。歓喜に沸くヤマハフィフティーンにあって、SHの矢富勇毅は周りをはばからず、泣きじゃくっていた。まぶしい光景だった。
試合後の通路。「なぜ、あんなに泣いたのですか?」とストレートに問えば、30歳の不屈のオトコは「わかんないですね。自分でも、“オレだけむちゃ泣いているやん”って思っていました」と照れた。正直だ。
「いろんなことがぶわっときたっすね。ほんまに、いままでの苦労とか。けがとかたくさんしてきたので…。(社のチーム強化が)縮小された時も苦しかったです。それで涙がでたのかな。報われたのというか、僕たちが選んだ道が間違いじゃなかったと思うと、もう…。(涙が)止まらなくなりました」
本社の業績不振によるチーム強化の縮小、トップリーグ降格の危機に瀕したのは、2010年度だった。大量の選手がチームを離れた。矢富もまた、悩みに悩んだ。でも、他チームからの誘いを断り、ヤマハに残ることを決断した。
「そんな中、一緒に残った仲間もいたけど、現役を続けない人もいました。その時に辞めながらも、今でも試合前に(激励の)メールをくれたりする人もいるんです」
2011年度、かつて早大時代に監督をしていた清宮克幸監督が就任し、チームは上昇気流に乗った。でも、矢富は悪夢に襲われる。その年、右ひざの前十字じん帯を断裂した。壮絶なリハビリの末、復帰したものの、12年、今度は左足の前十字じんたいを断裂してしまった。
「けがをした時も泣きました。また試合という舞台に立てるかどうか不安なときもあったんです」
選手生命の危機にさらされたが、それでもラグビーをあきらめなかった。「不撓(ふとう)不屈」の精神で、再び、グラウンドに戻ってきた。今季は乗っていた。シーズンの頭からずっとリザーブで準備をし、いつも9番の先発でプレーすることをイメージして、80分間プレーするためのトレーニング、コンディショニングをやってきた。シーズン途中から、先発出場となった。
終盤にきての、身体能力を生かした機動力はけがによるブランクを少しも感じさせないものだった。この日の決勝戦も、俊敏な動きとパスさばきで相手をかき回した。ロングゲインでチームの窮地を救った。動きに「ラグビーができる幸福感」を感じさせる。
チームの強みを問えば、負けん気の固まりはこう、言った。
「たくさんあると思いますけど、ひとつはハードワークですかね。朝6時から2時間ほど、毎日練習しても、だれも文句を言わない。早いやつは朝5時40分からやるんです。最初は顔面蒼白になるくらい、しんどくて。ウエイトも足りないと思ったら、一生懸命にやって。レスリング練習もやって。だから、フィジカルで負けなかったんです」
ヤマハスタイルとは?
「セットプレー、そこしかないですね。ボールを大きく展開するとかありますけど、ヤマハはまず、そこにかけています。勝っても、セットで負けていたら勝ちじゃない」
秋のワールドカップ(W杯)の日本代表候補にも選ばれている。ヤマハに入社した2007年、日本代表としてW杯フランス大会にも出場した。再びW杯へ。
「(日本選手権で)優勝したスクラムハーフだと証明するためにも、しっかりジャパンのメンバーに残りたい。(ジャパンで)成長できるようにがんばりたい」






ラグビーW杯:2日夜、開催地決定 地域バランスを考慮


 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地が3月2日、国際統括団体「ワールドラグビー」から大会運営を委託されている「W杯リミテッド」の理事会で決まる。国内15カ所の立候補地の中から10~12会場が選ばれ、同日午後0時半(日本時間午後9時半)に発表される見込みだ。

 アイルランドの首都ダブリンで行われる理事会では、日本の大会組織委員会が立候補地を評価順に並べたリストと、W杯リミテッドが1月に行った現地視察の情報を参考に議論される。

 検討課題の一つになるのは、地域のバランスだ。立候補地は北海道から九州まで全国に散っている。その中から、多くの観客が会場にアクセスできるような開催地の組み合わせを模索するという。

 会場の収容観客数も重要な要素。すでに東京・新国立競技場での開催が決まっている開幕戦と決勝に加え、準決勝と3位決定戦の会場も6万人以上の収容が必要と規定されている。この条件を満たすのは新国立競技場と横浜国際総合競技場しかない。その他、強豪国同士の対戦や日本の試合(カテゴリーA)は4万人以上収容▽強豪国とその他の国の対戦(同B)は2万人以上▽強豪国以外同士の対戦(同C)は1万5000人以上−−と決められている。

 組織委関係者は「例えば、横浜はCの試合には大きすぎて持て余す可能性もある」と、必ずしも会場の大きさが有利に働くわけではないことを示唆する。逆に2万人に満たない規模で建設計画が立てられている東日本大震災の被災地、岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム(仮称)について、ワールドラグビーのアラン・ギルピンW杯統括責任者は「我々が復興の一助になれれば」とも語っている。候補地それぞれの特徴や魅力を精査して開催地を決定する方針だ。






















































スポンサーサイト
  1. 2015/03/02(月) 03:40:25|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索