1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

シックスネーションズ



RWCイヤーで注目の欧州強豪。シックスネーションズいよいよ開幕!

開幕戦で激突するウエールズのウォーバートン主将(左)とイングランドのロブショウ主将



 2015年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)が現地時間2月6日に開幕する。ワールドカップイヤーだ。世界中が注目している。
 開幕戦ではウエールズとイングランドが戦う。この秋の大舞台でホスト国を務めるイングランドにとっては、試練の一戦となりそうだ。敵地・カーディフ(ミレニアムスタジアム)でレッドドラゴンと対するプレッシャーは相当なもの。ウエールズがイングランドをホームに迎えての過去6戦では、5度ウエールズが勝っている。

 ウォーレン・ガットランド監督が指揮を執るウエールズは、昨年こそスクラムで圧倒されて18-29と敗れたものの、それ以前は30-3(2013年)、19-12(2012年)と連勝している。今回、2013年に快勝した試合の先発15人中11人がまたもスターターとなった。熱烈な声援を受けて、密なチーム力を示すことができるだろうか。
 2戦目、3戦目をアウェー(スコットランド、フランス)で戦うウエールズは、なんとしても開幕戦で勝利を手にしたい。サム・ウォーバートン主将、ダン・リディエイトの両FLの仕事量に注目だ。
 長くともにプレーしているメンバーが並んでいるが、先発メンバーを脅かす存在の出現が待たれているのも、また事実。その中でPRサムソン・リーは、今秋のワールドカップへ向けて驚くべき進化を見せるだろうと言われる男だ。22歳でまだ9キャップも、スクラム、フィールドプレーに輝きを見せている。
 昨季ブレイクしたLOジェイク・ボール(201cm/121kg)らにも期待がかかる。SHリー・ウェッブは、判断力の高さ、切れ味鋭いランニング、戦術的キックで相手にとっては脅威となるだろう。才能あるBKを走らせそうだ。

 一方、スチュアート・ランカスター監督率いるイングランドは怪我人が多い。NO8ベン・モーガンやSOオーウェン・ファレルなど主力を欠き、ベンチにはSHニック・イースター(2011年以来キャップなし)やSOダニー・シプリアーニ(昨年6月のNZ遠征で6年ぶりに代表復帰)らが入った。
 しかし、FBマイク・ブラウンやWTBジョニー・メイらの走りは強烈だ。英・プレミアシップで好調なバースを牽引するSOジョージ・フォードも注目される。175cmと小柄ながら全身バネ。BKラインの能力を引き出しそうだ。
 NO8ビリー・ヴニポラはペネトレーターとして活躍しそうだ。豪州生まれの22歳。昨年のNZ遠征では存在感を示し、所属するサラセンズでも爆発力を見せている。



































































スポンサーサイト
  1. 2015/02/10(火) 03:12:51|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索