1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

ワールドカップ



2023年ラグビーW杯 “オール・アイルランド”が開催に立候補!

アイルランドのサポーター。はたして、招致レースでも笑顔となるか



 アイルランドラグビー協会は5日、2023年ラグビーワールドカップの開催国に立候補することを公式に表明した。アイルランド政府、北アイルランド自治政府とも連携し、“オール・アイルランド”で招致活動に臨む。

 独立時の経緯により北アイルランドはイギリス領だが、ラグビーのアイルランド代表は政治と宗教に関係なく統一チームを形成している。国境を越えてアイリッシュの熱が高まれば、招致レースをリードするかもしれない。
 アイルランドのエンダ・ケニー首相は、「北アイルランド自治政府首相とともに、政府の支持を正式に発表できたことを嬉しく思います。アイルランドは招致成功へ向けて一丸となる」と語った。

 試合会場は、ダブリンのアビバスタジアム(前 ランズダウンロードスタジアム)、ベルファストのキングスパンスタジアム(前 ラベンヒル)、リムリックのソーモンドパークといった伝統あるラグビースタジアムに加え、アイルランドの国民的スポーツであるゲーリックフットボールの聖地、クロークパーク(約82,300人収容/ダブリン)の使用も望んでいる。

 2023年の楕円球の祭典には、イタリアもホスト国に立候補する予定だ。今週、同国ラグビー協会会長が「イタリアは、2022年のライダーカップゴルフと2024年のオリンピックだけでなく、2023年ラグビーワールドカップの招致も並べて考えている」と発言。国内オリンピック委員会との協定に達し、マッテオ・レンツィ首相の支持を得たことを明らかにした。
 そのほかでは、アルゼンチン、南アフリカ、フランスも関心を示している。































































スポンサーサイト
  1. 2014/12/09(火) 04:05:53|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索