1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

専修大



常翔学園 車いすのキャプテン誕生 金沢頭脳で日本一導く

高校ラグビーの名門・常翔学園の新チーム主将になった金沢

 全国優勝5回を誇る高校ラグビーの名門・常翔学園(大阪)に車いすのキャプテンが誕生した。金沢功貴(2年)は22日に新チームの主将に就任。2年連続で花園出場を逃したチームをまとめ、来シーズンの日本一を目指している。

 「2年前に全国優勝をした山田主将(同大)に憧れ、自分も主将で優勝したいと思っていた。グラウンドに立てなくても、目標は変わらない」

 昨年8月、長野県菅平での練習中にラックの下敷きになり頸椎脱臼骨折、頸椎損傷の重症を負った。緊急手術を受けたものの、首から下が麻痺した。リハビリを経て、今は物はつかめないものの、左腕を動かせられる。右腕もひじが動くようになった。練習中は部員らに車いすを押してもらって選手に近づき、指示を与える。学校へは両親の送り迎えで通っている。

 中学では大阪府ラグビースクール選抜の主将として全国優勝。野上監督は「ひたむきで明るい。ケガがあってもなくても主将になる存在」と語る。重傷事故でフォワード選手の道を断たれた金沢は今、戦術、分析の勉強に意欲的だ。「外からしか見られないが、戦略は考えられる」。車いすの主将はチームの頭脳として名門を支えていく。

 ≪支援を募る≫日本ラグビー協会は傷害の程度に応じて見舞金を支給する制度を設けている。手術や入院費に充てられる。ただし、住居のバリアフリー化、専門リハビリの継続などで多額の費用がかかり、見舞金制度だけではまかないきれないのが現状だ。常翔学園では「金沢功貴くんを支援する会」を設立し、支援を募っている。詳しくは同校ラグビー部ホームページ。


















かつては黄金BKで活躍していた専修大が頑張っています。



リーグ戦1部復帰目指す専大、入替戦へ! 千載一遇のチャンス

今季の関東大学リーグ戦2部で2位が確定した専修大。次は1部復帰にチャレンジだ



 2008年のシーズン以来、やっとあの舞台に立つことができる。11月22日、関東大学リーグ戦2部の専修大学×國學院大学がおこなわれ、専大が34-31で勝利。6勝1敗で全日程を終了し、リーグ戦2部2位で1部7位チームとの入替戦に進出することになった。同ステージへの進出は6年ぶりのことだ。

 苦しい戦いだった。27-31と4点のビハインドで迎えた後半のインジャリータイム。相手ゴール前のラックから鋭く走ったのは途中出場のSH田辺雅文だった。インゴールに飛び込む。逆転。ゴールも決めて34-31としたところでフルタイムのホイッスルを聞いた。激戦だった。
 先制トライは國學院大だった。前半7分、専大のミスを見逃さない。ノックオンボールをWTBが拾い、いっきにトライを奪った。PGで3点を返された直後の15分には、キックチャージ-からのトライで加点。序盤の主導権を握った。
 しかし専大も20分過ぎから反撃に転じた。23分、CTB山崎翔がトライ。ゴールも決まる。29分にはBKが鮮やかにつなぐ。WTB池田大芽がトライラインを越え、15-14とスコアをひっくり返して前半を終えた。

 前半終盤をいい形で終えた専大だったけれど、後半もピリッとしなかった。5分に國學院大にPGを決められて逆転を許すと、7分にはモールでトライを奪われる。20分にWTB上田龍之介がトライを奪って4点差に迫るも、後半27分にもトライを許し、20-31までスコアを開かれた。
 残り5分強までそのスコアは動かなかった。専大の必死のアタックが続く。後半35分、モールを押し切り27-31へ。そこからフルタイムのホイッスルが吹かれるまで、長い時間が続いた。
 逆転へ至る最後の数分を村田亙監督が振り返った。
「焦る時間帯なんだけど、(選手たちは)うまくレフリーとコミュニケーションをとってやっていました。しっかりボールを継続すればいけるだろう、と」
 勝者は、気持ちは熱く、頭は冷静に戦って逆転のラストシーンを迎えた。
「この2シーズン本当に走って、ウエートして、ディフェンスしかやってこなかったけど、その培ってきたものがやっと今年(結果に)出てきました。今年からはアタックに着手し、取り切るということをやってきたので、自信はあったと思うし、ボールさえ継続できれば、判断してくれると思っていました。絶対にあきらめない、負けたくない、というハートの選手が増えてきた気がします」
 指揮官は、そう話した。

 2002年シーズン以来の1部復帰を目指す専大。決戦は12月13日(土/熊谷)、1部7位チームと戦う入替戦だ。「間違いなくチームはひとつになってきた」と手応えをつかんだ村田監督は、「ここからの3週間は本当に大事な3週間。もう24時間フルタイム使う。家族には申し訳ないけど」と覚悟を決めていた。
「今日の経験は大きい。勝って終われたことが本当によかった。またチャンスをもらったのでやるしかありません。(自身が日本代表時の監督である)宿沢(広朗)さんの言葉を借りれば(入替戦は)千載一遇のチャンス。たぶん10回やって、2回くらい勝てるんです。5回に1回。1部に上がるには2割。その2割に持っていくための準備をしたい。ピークに持っていく」
「楽しい3週間になる」と話す表情に、やり切る決意が見えた。
(取材:松本かおり)


海外リーグ
[11月22日]急ピッチで実行を。スーパーラグビー参入後の日本がやるべきこと。













































スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 03:55:24|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索