1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

京産大




入替戦を覚悟した京産大が優勝争いトップに! 関西学大も全勝キープ

 11月15日(土)、東大阪市の近鉄花園ラグビー場にて、関西大学Aリーグ第5節の2試合が行われた。第1試合は4戦全勝同士の同志社大学と京都産業大学が対戦し、大方の予想を覆して京産大が接戦をものにした。自陣でミス、反則を繰り返した同大に対して、京産大は、SH梁正秋(りゃんじょんちゅ)のハイパントとFW陣の縦突進を軸にシンプルに試合を組み立て、守っては粘り強く低いタックルを連発した。それでも、29-27という接戦に、同大の底力が垣間見える好勝負だった。

 第2試合は、ディフェンディング・チャンピオンの立命館大学と、4戦全勝の関西学院大学が対戦し、リーグ随一の攻撃力を見せつけた関西学大が33-10で快勝した。キャプテンのFL鈴木将大、FL中村圭佑、NO8徳永祥尭のFW第三列を中心に突進力ある選手たちが次々に前進し、FW、BK一体となった分厚い攻撃は迫力があった。野中孝介監督、選手たちの口から、等しく「全勝優勝を狙っている」という言葉が出るのも頼もしい。

 この日の結果、優勝争いは、5戦全勝の関西学大、京都産業大、4勝1敗の同志社大にしぼられた。立命大は、2勝2敗1分け。優勝候補の一角だった天理大は、関西学大戦の1点差負けが響き、2勝3敗で5位、1勝3敗1分けの近畿大がこれに続き、大阪体育大、摂南大はいまだ白星がない。

 シーズン前、京産大のここまでの成長を誰が予想できただろうか。大西健監督ですら、こう話す。「夏合宿までは、スクラムは押される、ディフェンスもガタガタ、入替戦を覚悟していました。Bリーグのチームもウチにターゲットを絞っていたようですよ」。それが、元木由記雄コーチの厳しい指導、組織ディフェンスの構築に定評のあるクリス・ミルステッドコーチの存在もあって、めきめきと力をつけた。

「稀に見るキャプテン」と、大西監督が称賛する梁正秋のリーダーシップも大きいようだ。「気持ちで負けないチームを作りたかったのですが、なかなか上手くいかなくて。僕が厳しすぎて反感を買い、言い返されることもありました。優しさも必要だと思って、一人一人への声掛けを意識するようにしました。今は僕の声に反応してくれるようになっています」。妥協のないキャプテンの姿勢も好調の一因だろう。

 京産大は、11月23日に立命館大、30日に関西学大と、いずれも地元の宝が池で対戦する。関西学大は、23日に同志社大と対戦。23日の宝が池は面白い。多数の観客がスタンドを埋めることだろう。

 さて、15日は、「関西大学Aリーグ最後の近鉄花園」と銘打たれ、関西協会のホームページにもPR映像が公開されていた。正確に書くと、この日が近鉄花園ラグビー場の第1グラウンドで開催される最後の関西大学Aリーグということになる。22日に同リーグの2試合が予定されているが、これは第2グラウンドでの開催。その後、トップリーグや全国高校大会では使用されるが、大学リーグは15日が最後だった。近鉄花園ラグビー場は、東大阪市に譲渡され来春には、東大阪市立花園ラグビー場として新たなスタートを切る。近鉄花園に愛着を持つ人々にとっては、感慨深い一日だったのである。



























































スポンサーサイト
  1. 2014/11/19(水) 04:29:33|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索