1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

初勝利



うぶごえ。花園予選、都大会1回戦にて。  


 顔をくしゃくしゃにして泣いていた。少年たちの前で石川善司監督が言った。
「これは、うぶごえだぞ」
 教え子たちの嗚咽が、生まれたての赤ん坊の泣き声に聞こえた。監督には、全員が感情を露わにしたその瞬間こそが、チームとしての本当の出発点と感じた。これまでの活動の中で、そんなことはなかった。

 小雨が降っていた。9月7日。江戸川区臨海球技場で高校ラグビー、東京都の花園予選1回戦がおこなわれた。八王子拓真(たくしん)高校×学習院高等科。45-0で学習院が2回戦に進んだ試合は、八王子拓真が初めて単独チームとして戦った公式戦だった。
 創立8年目の同校は定時制(普通科・単位制)の高校だ。朝・昼・夜と三部制のコースがあり、生徒たちはいずれかの時間帯に学びながら、仕事やアルバイトに就く。以前に不登校の経験がある生徒も少なくない。社会と付き合うことが少し苦手な生徒たちが、自分たちのスタンスで3年間を過ごす。

 ラグビー部は2010年に創部。石川監督が赴任して今年で3年目となる。これまで合同チームで大会に出場してきたが、今年は単独チームとしてエントリーすることを目標にして、部員集め、トレーニングを進めてきた。それぞれ登校する時間がバラバラのため、共通の放課後なんてない。だから、どの時間帯に学ぶ生徒たちも集まることができる昼休み、12時30分から13時までだけは全員が校庭に出て、毎日練習することにした。
 やんちゃな子もいる。人と接することが苦手な繊細な者。運動があまり得意ではないラグビー愛好家も。生活サイクルとキャラクターの違いを乗り越えて、毎日30分だけ顔を合わせることを全員でやり通したのは、少年たちの純粋さゆえだった。
 今回この試合の取材に向かったのは、顧問のひとりである佐藤圭介先生からのFAXがラグビーマガジン編集部に届いたのがきっかけだった。
「初めて単独チームとして大会に出場できることになりました。個性あふれる部員ばかりです」
 愛情あふれる一枚。送り主は教え子たちのことを「愛すべき男たち」と評し、「言われたことをやり続ける真面目さは彼らの強さ」と愛でた。

 雨の降りしきる中でおこなわれた試合は0-45。必死のタックル。がむしゃらなアタック。夢中になって相手とボールを追い続けたけれど、水色のジャージーは最後のホイッスルが鳴るまで、ついに一度もトライラインを越えられなかった。
 学習院の選手たちと握手を交わした後、ピッチの外へ。グラウンドの隅で輪になった。少年たちはうなだれていた。顔をゆがめる者が何人も。鼻をすする者。涙を流して下を向く者も多数。
 監督は「拓真ラグビー部の歴史が始まったな」と言って、語りかけるように話し続けた。
「力およばなかった。しょうがない。勝負なんだから。社会に出ても、頑張っても、思いが届かないことなんかいくらでもある。大事なのは、どれだけのことをやってきたか。この3年間、みんな頑張ったよな。そのことは社会に出たとき、絶対に生きるから。
 悔しいな。練習量足りないよな。でも、お前たちは(仕事やアルバイトなど)やることが全日制の高校生より、たくさんある。その中で、時間を作って練習した。それを忘れるな。(トライまで)あと20メートルまで行ったよね。80メートルは走ったんだ。次は、あと20メートルを取り切る練習をしよう。胸を張って帰ろう。ナイスゲーム。ナイスゲーム」
 そう言って監督が選手たちに拍手をおくると、周囲で見守っていた人たちもそれに続いた。

 何度もラインブレイクしたキャプテンの志摩ベクタールは、中学時代は「何もしていませんでした」。高校入学後はパン屋さんでアルバイトをしながら、夜間部に学んだ。日本人の父とウクライナ人の母の間に生まれたCTBは、単独チームで大会に出場できただけで嬉しかったはずなのに、どれだけ攻めても1トライも奪えなかったことが悔しくて涙をこぼした。そんな感情があふれ出たのも、毎日練習したのに思いが届かなかったからだ。以前のように、たまに集まって練習していただけでは、涙は出なかっただろう。(合同チームで)他校のエースを加えてトライを奪ったとしても、果たして嬉しかったかどうか。
「ボールを持つ人が先頭で、他の14人がうしろで支える。サポートする。ラグビーの、そこが好きなんです」
 このラグビー部での3年間で、キャプテンは「目標は日本代表」と言えるようになった。帰宅部だった頃の自分が他人のようだ。

 バイスキャプテンの青木駿太はこの部に4年間在籍した。小さな体だけど、FLとしてこの試合でも何度もタックルした少年は、初めて取り組んだチームスポーツのワンシーンが大好きになった。
「トライすると、みんなが喜んで駆け寄ってくるでしょう。チームでプレーしているなぁっと思うし、みんなの優しさを感じられるんです」
 4年間で自分のトライは、練習試合での1つだけ。そのときの感覚は、人生を一生支えてくれそうだ。
 卒業後は、タイル貼りの職に就きたいと言う青木は、その理由を真面目な顔で話した。
「力のいる仕事です。ラグビーをやってきて、体力には自信があるので(笑)」

 大企業のトップがラグビー経験者だと知ると、勝手に誇らしく思う。街角で楕円球を追ったことがある人に会うと、もっと嬉しい。鉄板焼き店のお兄ちゃん。すましたライフプランナー。偶然楕円球界の住人だったことを知り、いっきに距離が近づいたことはいくらでもある。
ベクタールくんも、青木くん、他の仲間たちも、社会に出たら「拓真でラグビーをやっていた」と胸を張ってあちこちで口にしてほしい。全力で走る相手に、全力でタックルしたことがあるのだと知ったら尊敬と信頼を得る。
 社会に出たこの少年たちと、またどこかで会いたいな。








アジア大会のセブンズ日本代表メンバー発表! リーチら金メダル獲得誓う

男子セブンズ日本代表の主将、坂井克行



 アジア競技大会(韓国・インチョン/9月19日~10月4日)での金メダル獲得に向けて、7人制ラグビーの日本チームは強力布陣で臨む。日本ラグビーフットボール協会は16日、同大会に参加する男女セブンズ日本代表のメンバーを発表した。

 男子セブンズ日本代表の瀬川智広ヘッドコーチは、15人制日本代表主将のリーチ マイケル(東芝)や、エディー・ジョーンズも熱視線を注ぐ細田佳也(NEC)、トップリーグでも活躍している彦坂匡克(トヨタ自動車)、山下楽平(神戸製鋼)らを選出した。「3大会連続の金メダル獲得が目標。セブンズがオリンピック競技になったことでアジアのライバルチームも急速に強化を進めているため、相手がどのチームでも厳しい試合が予想されるが、オリンピックアジア地域予選の前哨戦ともいえるこの大会でアジアNO.1となれるよう、緊張感をもって戦いたい」と指揮官。

 リーチは「今回のアジア競技大会のメンバーに選ばれ、本当に光栄に思う。2016年のリオデジャネイロオリンピック出場につながるよう、必ず3大会連続の金メダルを獲りたい。また個人的にも15人制とセブンズの両立ができることを証明したい。チームのために全力で戦う」と闘志を燃やし、今季アジアシリーズで2大会(香港大会、マレーシア大会)連続で優勝を逃していることで雪辱を期す坂井克行キャプテンは、「アジア競技大会の目標は、優勝しか考えていない。優勝するためのメンバーが揃ったと思っている。各選手とも、トップリーグやトップウェストで活躍しているメンバーなので、さらにセブンズという舞台でその力を合わせチームとして一つになり、男女ともに優勝したい」と力強く語った。

 女子セブンズ日本代表は、先週香港でおこなわれたコアチーム昇格決定大会で悔しさを味わったメンバーがほとんど残り、中村知春キャプテンは「IRB女子セブンズワールドシリーズのコアチーム昇格決定大会で昇格を決めた中国に勝ち、絶対に金メダルを持って帰りたい」と最高パフォーマンスを誓った。小出深冬は「コアチーム昇格決定大会で負けた悔しさを胸に、勝ちにこだわり、そして代表ジャージーを着て戦えることを誇りに日本のためにプレーしたい」とコメント。

 2010年のアジア大会で女子セブンズ日本代表は5位に終わっており、浅見敬子ヘッドコーチは「今回の大会でアジアNO.1を勝ち取り、他競技の日本代表と同じように、日本の女子ラグビーの存在感をみせたい。前回大会で悔しい思いをした選手と、それ以降加わった新しい選手がメンバーに入っているが、勝てるメンバーを揃えたので必ず結果を出したい」と意気込みを語った。

 第17回アジア競技大会のセブンズ競技は9月30日~10月2日にインチョンのナムドン・アジアド・ラグビーフィールドで開催される。男子は予備予選(パキスタン、レバノン、サウジアラビアが参加)の上位2チームを加えた12か国・地域が本戦に出場し、日本はマレーシア、タイ、予備予選2位チームとプールステージで戦う。女子は11か国・地域が参加。日本はシンガポール、インド、ウズベキスタンと一緒のプールに入った。男女とも、プール戦で2位以上ならば準々決勝進出が確定となる(プール3位でも他組の3位チームと比べて上位成績なら8強入り)。


<第17回アジア競技大会 男子セブンズ日本代表>

ラトゥイラ レプハ(近鉄)、桑水流裕策(コカ・コーラ)、 細田佳也(NEC)、橋野皓介(キヤノン)、坂井克行(主将/豊田自動織機)、リーチ マイケル(東芝)、豊島翔平(東芝)、レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)、渡邊昌紀(リコー)、彦坂匡克(トヨタ自動車)、羽野一志(NTTコミュニケーションズ)、山下楽平(神戸製鋼)

<第17回アジア競技大会 女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)>

兼松由香(名古屋レディース)、竹内亜弥(ARUKAS)、中村知春(主将/東京フェニックスRC)、加藤慶子(世田谷レディース)、桑井亜乃(立正大学ラグビー部/ARUKAS)、山口真理恵(Rugirl-7)、冨田真紀子(世田谷レディース)、横尾千里(東京フェニックスRC)、谷口令子(東京学芸大学ラグビー部/ARUKAS)、鈴木陽子(立正大学ラグビー部/ARUKAS)、山田怜(戸塚共立メディカルラグビーフットボールクラブ)、小出深冬(東京学芸大学ラグビー部/ARUKAS)






















































スポンサーサイト
  1. 2014/09/17(水) 04:16:32|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索