1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

関西大学リーグ



混戦模様の関西大学Aリーグ 連覇狙う立命館はホロ苦い経験も強みに



左から冨岡耕児BKコーチ、守屋篤スポットコーチ、萩原寿哉選手、赤井大介FWコーチ、中林正一監督。赤井コーチ(関東学院大学卒)以外のコーチ陣は立命館大学OBである。
 9月初旬、滋賀県草津市にある立命館大学ラグビー部のグラウンドを訪ねた。昨季、12年ぶりに関西大学Aリーグを制し、連覇を狙うディフェンディング・チャンピオンである。

ヤマハSH矢富、神鋼CTB山中、コーラHO有田らが日本代表候補入り!

 この日は、ラグビーマガジン11月号(9月25日発売)に掲載される記事の取材で、FL萩原寿哉選手にインタビューをした。コーチ室にて取材だったのだが、コーチ陣と萩原選手の写真を撮ろうとしたら、やや太り気味の中林正一監督が一言。「明治にフィジカル勝負で負けたので、監督から大きくなっていますって、書いといてください(笑)」。

 立命館大学は、この夏、二度の合宿を行った。第1次合宿は北海道の北見市で行い、ここでは関東の三大学と対戦して、Aチームは1勝2敗。8月下旬に行われた長野県菅平での第2次合宿では、慶應義塾、明治に敗れた。中林監督の言葉は、明治に圧倒された試合を自嘲気味に話したものだ。

<夏合宿Aチーム試合結果(対関東のみ)>
○ 27-21 ●法政大学
● 5-43 ○東海大学
● 10-14 ○筑波大学
● 29- 33 ○慶應義塾大学
● 14- 70 ○明治大学

 昨季のメンバーから、キャプテンのHO庭井祐輔、LO宇佐美和彦、NO8嶋田直人(以上、キヤノンイーグルス)、SH井之上明(NTTドコモレッドハリケーンズ)、SO井本拓也らの主力が抜け、戦力ダウンは否めない。しかし、昨季の全国大学選手権で、慶應義塾、東海、明治という関東の強豪と接戦を繰り広げ、ベスト4まであと一歩と迫った経験は何ものにも代えがたい。キャプテン西村颯平、高島忍の両PR、LO杉下暢、FL萩原寿哉、CTB宮本将希、市原淳平、FB山中駿佑など昨季の大学選手権を経験した選手も多く、1年生には東海大仰星の高校日本一メンバー、CTB山田一輝もいる。山田はこの夏、ユースリンピックの7人制日本代表にも選出され、即戦力として期待される。

 萩原は言う。「僕が1年生の時と比べたら関東との差は詰まっています。明治との練習試合では、差は開いてしまったのですが、前半は戦えていた。相手の弱いところを、しっかりつくことができれば、もっとやれたはずです」。春には、萩原ほか、杉下、宮本、そして、SOの大城海がニュージーランドのウェリントンに留学し、ウェリントン代表ライオンズのアカデミーで学ぶなど、ラグビー理解度を深めた。

 昨年の大学選手権を振り返り、赤井大介コーチはこう話す。「去年は12年ぶりの優勝を決めた後、1週間で慶應との試合がありました。正直、優勝で浮かれてしまった。あの試合では、慶應の選手が立命のサイン名や、選手の名前を言いながら戦ってきた。完全に分析されていたのです。準備で負けました」。東海大学には、前半、30-7でリードしながら、後半に信じがたい逆転負け。こうしたホロ苦い経験が逆に今季の強みになるはずだ。

 関西大学Aリーグは、10月5日、東大阪市の花園ラグビー場に全8チームが揃って開幕する。今春の戦いぶりを見る限り、立命館に加え、関西学院、同志社、天理が4強で優勝争いを繰り広げそうだが、ここ数年は8チームの実力が拮抗していて何が起こるかわからない。今年の開幕戦では、いきなり同志社と天理が激突。立命館は大阪体育大学との対戦である。好試合になりそうだ。

 関西ラグビーフットボール協会は、関西リーグの開幕戦に1万人の観客を集めようと様々な企画を考えている。その内容は、リニューアルされたホームページで随時紹介される予定だ。
http://rugby-kansai.or.jp/

















NZ 21試合連続不敗も、ノヌー骨折離脱。 南米の雄はまたも7点差惜敗

グレイトライバル。南ア代表主将デヴィリアーズの100キャップ獲得を祝福するNZ代表主将マコウ



 世界ランキング1位と2位の最高峰バトル。頂点に立つオールブラックスの20試合連続不敗記録は、ライバルのスプリングボックスによって止められるかに思われた。13日にニュージーランドのウェリントンでおこなわれたラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)の第4節。

 ホームチームのオールブラックスが序盤にショットチャンスを得て3点を先制したものの、南アフリカ代表のスプリングボックスは前半15分、ランアウトからのアタックでWTBコーナル・ヘンドリクスが中央を突破し、トライを挙げた。オールブラックスは何度も敵陣深くに入ったが相手の堅守を崩せず、前半はPG2本のみ。6-7で折り返す。
 後半の46分、ようやくオールブラックスにトライが生まれた。22メートルライン内に入ってアドバンテージをもらい、SOアーロン・クルーデンが右前方へキックパス、これをNO8キアラン・リードがキャッチしてFLリッチー・マコウにつなぎ、背番号7の主将がインゴール右隅に飛び込んだ。ビデオ判定(TMO)でトライが確認され、オールブラックスが逆転。

 55分に南アの新鋭SOハンドレ・ポラードがドロップゴールを決めて1点差となったが、62分の50メートルPGはわずかに右へ外れた。
 ボール支配率、地域獲得率で上回ったニュージーランド代表は66分に途中出場のSOボーデン・バリットがPGを確実に決め、再び4点差。
 ジャン・デヴィリアーズ主将の100キャップ獲得を勝利で祝いたい南ア代表は終盤、ゴール前で2回ラインアウトチャンスを得たが、1本目はモールを押し込み切れず、2本目は揺さぶってトライラインに迫ったもののオブストラクションで好機を逸した。それでも、直後のスクラムをターンオーバーしてラストチャンスに死力を尽くしたスプリングボックスだったが、オールブラックスが守り抜き、14-10でノーサイドとなった。
 ニュージーランド代表は3勝1分(勝点16)となってラグビーチャンピオンシップ3連覇に大きく前進。南アフリカ代表は今大会2勝2敗(勝点10)で、対オールブラックス戦は5連敗となった。

 なお、この試合のハーフタイムに退いていたオールブラックスのCTBマア・ノヌーは左腕の骨折が判明し、年内のプレーは絶望的となった。一方のスプリングボックスは、右膝を痛めて前半途中に交代したSHルアン・ピナールが全治6~8週間と見られており、FLフランソワ・ロウも腕を負傷し、次節(9月27日)のオーストラリア代表戦は出場が危ぶまれている。

 同日にゴールドコーストでおこなわれたもう1試合は、ホームチームのオーストラリア代表が32-25でアルゼンチン代表を下した。
 前半を14-7で終えたオーストラリア代表“ワラビーズ”は、後半の43分に主将のFLマイケル・フーパーが2トライ目を奪い、リードを広げる。南米最強の“ロス・プーマス”は最大16点差からトライ2本を取り返して逆転可能な4点差に迫ったが、73分、オーストラリアがPGを追加して32-25。その後、アルゼンチンはラスト5分間を敵陣深くで攻め続けたが、79分を過ぎてからのゴールポスト近くでのスクラムは、痛恨のノットストレート。間もなく試合終了の笛が鳴った。
 オーストラリア代表は2勝1敗1分(勝点10)とし、優勝の可能性を残した。アルゼンチン代表は0勝4敗となったが、7点差以内の敗戦は今大会これで3試合目で、ラスト2つのホームゲーム(9月27日・ニュージーランド戦、10月4日・オーストラリア戦)に歴史的初勝利の期待が膨らむ。






[2014/09/14]ドコモ、巻き返しへ! 神戸製鋼に敗れるも、ガッツあふれる4トライ

神戸製鋼に惜敗後のNTTドコモ。多くの会社関係者も激励に訪れ、「次は勝つぞ!」の声が飛ぶ



 昨季入替戦を経験したNTTドコモレッドハリケーンズが今季も苦しんでいる。トップリーグ2014-2015のファーストステージ、いまだ勝星なしで4敗目を喫し、プールBの最下位を抜け出せない。
 このまま低迷を続けるのだろうか。否、9月13日に山口・維新百年記念公園で彼らの戦いを観た人々は、NTTドコモの覚悟を感じたに違いない。チームの愛称どおり、大差をつけられてもフィールドを激しく駆けまわり、必死にゴールを目指した、勇敢なレッドハリケーンズだった。

 相手は優勝候補の一角で、今季負けなしの神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 序盤は両チームの堅守が光る。ドコモは9分、先発したFLハインリッヒ・ブルソーが22メートルライン内でのPKからタップ&ゴーで仕掛け、下半身を襲ってきた相手ディフェンダーをジャンプで飛び越えゴールラインに迫った。が、得点には至らない。
 13分にようやくスコアボードが動く。神戸製鋼がゴール前のラインアウトからモールで前進し、ゲームキャプテンを務めたLOアンドリース・ベッカーがパワフルにインゴールへ飛び込んだ。
 PGで3点を追加した神戸製鋼は33分、相手のミスで球を得ると、CTB山中亮平がパントキックで揺さぶり、バウンドボールをFL鈴木敬弘が確保、WTB山下楽平につなぎ、一気にゴールへ走った。15-0となる。

 なんとか食らいついていたドコモだが、後半が始まって5分後、HO神野慧二郎がイエローカードをもらい、FWが7人になってしまった。直後、スクラムで崩れ、レフリーにペナルティトライを宣告されてしまう。50分には神戸製鋼のWTB中濱寛造がチーム4トライ目を奪い、29-0で、勝負はほぼ決まったかに思われた。

 しかし、ドコモの選手は誰一人戦意を失っていなかった。自陣深くからでもボールを大きく回し、FBリアン・フィルヨーンなどが果敢に仕掛ける。54分、22メートルライン内のPKから速攻、WTB茂野洸気が捕まりながらもゴールへボールをねじ込み、ビデオ判定(TMO)でトライが確認された。
 58分に神戸製鋼のキーマンとなっていたLOベッカーとHO木津武士がベンチへ下がると、ドコモの反撃は加速する。59分、WTB茂野が左タッチライン沿いを突破し、バックスがつないでWTB渡辺義己がフィニッシュ。63分にはゴール前ラインアウトからモールで押し、フォワードが抜け出したあとWTB渡辺がトライを決め、約10分間で29-19の接戦に変わった。
 その後、神戸製鋼に7点を奪われたNTTドコモだったが、75分にも会場を沸かす。FBフィルヨーンが自陣グラウンド上のボールを大きく蹴って、チェイスで相手にプレッシャーをかけ、仲間のサポートも早く、ラックでターンオーバー。CTBパエア ミフィポセチからWTB茂野へとボールは渡り、4トライ目を挙げてボーナスポイントを獲得した。

 結局、36-26で勝ったのは神戸製鋼だったが、3012人の観衆はNTTドコモの選手たちにも大きな拍手を送った。

「連敗が続いているなか、強敵である神戸製鋼さんに対し、まずトライを取りに行こうと、積極的に戦いました。ハーフタイムで、『自分たちがこれまで取り組んできたことをやり切ろう』と確認し、それが後半の4トライにつながったと思います」と語ったNTTドコモの下沖正博監督。吉岡宏樹主将も、「後半は思い切って攻めていこうということで、自陣からでもボールを回しながら、小さいチャンスもものにできました」と光明を見いだす。
 指揮官はモールディフェンスで奮闘したFWも称え、「次につながるプレーが確かにあった。残りの試合もあきらめずに、1試合1試合、勝ちを目指して頑張っていきます」と前を向いた。

 敵将、ギャリー・ゴールド ヘッドコーチもドコモの力を認めている。
「終盤に複数の主力選手をベンチへ下げてからチーム(神戸製鋼)は集中力を欠き、プレーの質が下がって相手に4トライを献上してしまった。しかしそれは、ドコモがパッションを持って向かってきたからでもある。彼らは最後まで自分たちのプレーを懸命にやり続けた。だから、接戦となったのは、正当な結果なのかもしれません」




[2014/09/15]全国中学生大会 伏見中と横浜RSが初優勝! 女子は東京・合同チームがV



「太陽生命カップ2014 第5回全国中学生ラグビーフットボール大会」が9月13日から15日まで茨城県水戸市で開催され、第1ブロック・中学校の部では、京都市立伏見中学校が國學院大學久我山中学校(東京)との決勝を26-7で制し、初優勝した。第2ブロック・ラグビースクールの部は、 横浜ラグビースクール(神奈川)と伊丹ラグビースクール(兵庫)が決勝に進み、37-17で横浜ラグビースクールが勝利、こちらも初の栄冠獲得となった。
 また、15歳以下の女子7人制エキシビションマッチもおこなわれ、U15東京都・合同チーム女子選抜が初優勝。決勝ではU15九州女子選抜Aに24-0で快勝した。


























ハマー






















スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 05:07:09|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索