1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

NZ



オールブラックスが首位浮上! ワラビーズは南アに劇的勝利

アルゼンチンのディフェンスを破るニュージーランド代表SOボーデン・バリット



 南半球の強豪4か国が争う「ラグビーチャンピオンシップ 2014」は、6日にパース(オーストラリア)などで第3節の2試合がおこなわれ、3連覇を目指すニュージーランド代表が唯一の負けなしで勝点を12に伸ばし、首位に立った。

 地元ネイピアでアルゼンチン代表の挑戦を受けた世界ランキング1位のオールブラックスは、28-9で勝利。
 序盤は雨でボールコントロールに苦しんだが、3-3で迎えた前半26分、CTBコンラッド・スミスがキックでインゴールに転がしたボールをWTBジュリアン・サヴェアが押さえ、リードを奪った。前半ラストにはスクラムをターンオーバーしたあと、SOボーデン・バリットが中央をブレイクスルー、FLリーアム・メッサムがサポートしてゴールラインを越え、13-6として折り返した。
 オールブラックスは後半早々、ラインアウトからのアタックでWTBサヴェアが抜け出し5点を追加。さらにPGで加点し、72分にはゴール前でのスクラムから8→9と渡り、SHアーロン・スミスがチーム4トライ目を挙げてボーナスポイントを獲得した。
 南半球国別対抗戦に参加して3年目となるアルゼンチンは、善戦したものの悲願の初勝利にまたも届かず、今季はこれで0勝3敗(勝点2)となった。

 パースでは、5年ぶりの南半球タイトル獲得を目指す南アフリカ代表が3連勝を狙ったが、6点リードして迎えた試合終了3分前、オーストラリア代表にトライと逆転ゴールを奪われ、23-24で手痛い黒星を喫した。この試合で代表100キャップ目となったWTBブライアン・ハバナだが、自身がイエローカードをもらうなどして不完全燃焼。記念すべきゲームを勝利とともに祝うことはできなかった。
 南ア代表“スプリングボックス”は2勝1敗(勝点9)で2位にダウン。オーストラリア代表“ワラビーズ”は1勝1敗1分(勝点6)として、優勝に望みをつないだ。


前半1分過ぎにオーストラリア代表のFBイズラエル・フォラウが先制トライを奪い、12分には南アのWTBコーナル・ヘンドリクスが快走して天に向かって指を指したが、その後は互いにPGで得点を重ねる時間帯が続く。南アがスクラムで優勢だったこともあり、23-17とリードした。

 守りでも粘りを見せたスプリングボックス。しかし76分過ぎ、自陣深くでペナルティを得たもののタッチキックが外に出ず、ワラビーズがカウンターアタック、WTBロブ・ホーンが左サイドから内に切り込んで1点差に迫るトライを獲得した。そして、SOバーナード・フォーリーがコンバージョンキックをねじ込み、オーストラリア代表が逆転勝利を手にしている。


 次節は9月13日。ニュージーランド代表は地元ウェリントンに南アフリカ代表を迎え、オーストラリア代表はホームのゴールドコーストでアルゼンチン代表と対戦する。






日本最高峰に挑む小さな新人司令塔 NTTドコモ 小樋山


 自分にとっては高い山にどうしても登りたかった。一度はケリをつけた欲求を抑えきれない。退社という代償は払ったが、その山の麓(ふもと)には行きつく。

「前で止めろ」 クボタが2連勝中の強豪・東芝から今季初勝利!

 NTTドコモレッドハリケーンズのSO小樋山樹(しげる)。10月で25歳になる新人である。

 170センチと高校生並みに小柄な司令塔はトップリーグデビューを果たした。9月6日(土)、大阪・キンチョウスタジアムでのトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦で先発する。
「試合では緊張はありませんでした。火曜日のメンバー発表で名前を呼ばれた時のほうが緊張しました」

 午後7時開始のナイター。カクテル光線で大粒の雨滴が視認できる悪コンディションをものともしない。
 前半29分には乱戦の敵陣ゴール前中央からカットイン。マークに来たLO北川俊澄を外側に置き去りにしてインゴールにダイブした。12-14とする追撃のチーム2本目のトライは、本人にとって公式戦初になった。
「北川さんが内からわいてきたので、思い切ってそっちに切ったら抜けました」
 大雨の中、バックスタンドに陣取り、チームカラーの赤いポンチョを着たサポーターからはエールが飛ぶ。
「いいぞー、いいぞー、コヒヤマー。ありがとー」

 ただ小樋山の5点は勝利につながらない。19-31。開幕3連敗を喫する。昨季15位と6位の地力の差は埋まらなかった。19-21で始まった後半は、わずか2回しかトヨタ22メートル陣内に侵入できなかった。
「SOはチームを勝たせないとダメです」
 色黒の端正な顔はほころばない。

 今年3月までは下部組織、トップイーストDivision1所属の栗田工業ウォーターガッシュに籍があった。トップリーグでプレーする夢を諦めきれず2年で職を辞する。東京と大阪であった2回の合同トライアウトへの参加後、7月にドコモから受け入れ連絡がある。リーグ規約による8月31日の日本人最終登録に間に合い、チームの一員となった。
「助けてくれた人々にとても感謝しています」

 ラグビーを始めたのは4歳。小6まで大阪・茨木ラグビースクール、中3までは茨木市立西陵中でプレーした。関西学院高等部では高校日本代表にも選ばれ、’2007年のオーストラリア遠征に参加している。関西学院大学ではFBなどで公式戦出場するも、体の小ささが原因でトップリーグから声はかからなかった。

 しかし、この日の試合、肉体的ハンディを感じさせない。
 ファーストプレーはタックル。前半1分、タテに来た183センチ、94キロのCTBデレック・カーペンターのヒザ下へ勇敢に飛び込む。後半、頭部裂傷を負いながらグラウンドを離れなかった。雨でボールが滑る不利な条件の中でも、長いスクリューパスは利き手ではない左でも捕球者の身体前面にコントロールされた。大きなパスミスはない。

 あるプロ野球球団で新人選手採用の最終責任を持つスカウト部長は話す。
「そりゃプロは体が大きい選手を獲りたい。骨格が大きく、筋肉量が多い分、化ける要素、つまり将来性が感じられるからね。でもその縛りで人材を探すと限られてしまうんだよ。だって基本的に日本人は小さいんだもの。その上、サッカーなんかのほかのスポーツにも選手は流れる。そんな限られた環境の中で、小さくてもきらっと光るダイヤの原石を探すのが本物のスカウトの仕事なんだよな。大型選手は誰の目にもつくんだからさ」
 小樋山は最上級のレベルでも対面の文字(もんじ)隆也とそん色ない動きを見せた。

 ドコモの試合直前にリコーブラックラムズを28-23で破った近鉄ライナーズ監督、前田隆介は言う。
「小さい選手がラグビーをすることは仲間や見ている人に勇気を与える。チームは違うが小樋山君には頑張ってほしいですね」
 前田も158センチながらSHとして早大や近鉄でレギュラーを勝ち取った。ボールに手をかけた瞬間に放るパスは、引いたり、持ち上げたりしなければ投げられない多くのSHにとっては今も素晴らしいテキストになる。

 ただ小樋山は本来のスターターではない。正SOの茂木(もてぎ)大輔のケガで好機が巡ってきた。本人は立場を理解している。
「まずはレギュラーにならないと。今日はFWコントロールもできなかったし、キックを使ったエリア・マネジメントもイマイチでした。タックルももっと磨かなくては。体の小さい自分は狙われますから」
 課題は伸びしろにつながる。日本最高峰でプレーできたよろこびを噛みしめ、小樋山は生まれ育った大阪の地で成長を続ける。

















































おめでとうございます


















スポンサーサイト
  1. 2014/09/10(水) 04:25:19|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索