1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

エディ



ラグビー日本代表HCに聞く 「他競技からスカウトしたい選手」


 ラグビー日本代表のジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は日本のスポーツ界について「選手の力量に合わせて練習すべきだ」と指摘する。インタビューの2回目は指導方針や15年W杯イングランド大会への手応えについて聞いた。

――これまで豪州や南アフリカでもコーチを務めていますが、指導者としてのポリシーを聞かせて下さい。

「最初に明確なビジョンを示すことです。今、我々が目標にしているのは15年のW杯で準々決勝に進出することです。目標を達成するために、自分の役割を果たすことを選手たちに理解させることが重要だと考えています」

――代表クラスになると、選手の扱いは難しくないですか?

「私は選手を公平に扱うが、平等には扱いません。例えば、(日本歴代最多85キャップを持つ)ロックの大野均選手(36)のようなベテラン選手はシーズン中に毎日、ハードなトレーニングをしていたら週末の試合ではスタミナ切れを起こしますよね? 大野選手のようなベテランは試合で実力を発揮できるように調整を認めています。また、プレースキッカーを務めるFBの五郎丸歩選手には月曜日にキックを重点的に練習させるなどしています」

――選手個々に合った調整法を取り入れているのですね。

「サントリーのアドバイザーとして来日した時、『それぞれの選手に合った練習をさせた方がいい』と進言したところ、当時のコーチから『それはできません』と言われました。日本の社会では和が重視されますが、社会とスポーツ界は違う。チーム内には実戦的な練習が必要な選手もいれば、フィジカルの強化を図らなければならない選手もいるでしょう。個々の能力、力量を無視して全体練習に時間を割いていてはチーム力の向上にはつながりません。残念ながら、今でもトップリーグにはそのようなチームは存在します。当然、結果は伴っていません」

――野球はメジャーリーグ、サッカーは欧州リーグのように、ラグビーでもトップクラスの選手は海外の強豪国でプレーするのが強化につながるのではないですか?

「19年のW杯日本大会までに日本が強豪国になるには代表のスタメン15人のうち、海外でプレーする選手が75%(約11人)を占めれば、可能だと思います。才能ある選手やプロになりたいと考えている選手は積極的に海外のチームに所属してレベルアップを図るべきです。今の日本代表でいえば、(18歳7カ月27日の日本代表最年少出場記録を持つ)藤田慶和選手(早大)、(高校卒業後に南アに渡った)松島幸太朗選手(現サントリー)ら、才能に恵まれた選手は海外でプレーすべきでしょう。私は藤田選手がスーツにネクタイでサラリーマン生活を送る姿は想像できません(笑い)」

――海外でプレーするにあたって重要なことは何ですか?

「海外のチームに所属しても高いレベルの試合でプレーしないと意味がありません。ラグビーはパワーがないと厳しいスポーツです。海外でプレーするためにも、日本人選手は背が低くても、しっかりとした体づくりをすべきです。夏の高校野球をテレビで観戦しましたが、多くの選手たちは同世代のラグビー選手よりもいい体格をしていました。野球の選手は海外でプレーするには筋力が必要なことを理解しているからでしょうね」

――他の競技も精力的に視察していますが、代表にスカウトしたい選手はいますか?

「田中将大投手(ヤンキース)は優秀なフランカーになると思いますね。あの目を見ていると、いい意味でのクレージーさが伝わってくる。生まれ持ってのファイターのような雰囲気が漂っています。女子バレーボール代表の木村沙織選手も素晴らしい。高さはもちろん、アスリートとしての全てを兼ね備えていると思いますね」

――W杯ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わったサッカーのザック・ジャパンをどう見ていましたか?

「W杯までの準備に関しては言いにくいことですが……。大会前の強化試合の組み方は果たして正しかったのでしょうか? 豪州のスイミングコーチがこんな話をしていました。大きな大会に臨む前は強化試合として6試合組み、そのうち、必ず勝てる試合を3つ、いいレースをしても勝敗が微妙な五分五分の相手と2つ、最後の1つはレベルの高い相手と組むそうです。格下、互角の相手との試合で自信を付け、勝てない試合で現実に戻ることができる。強化試合のマッチングにはバランスが重要だそうです。ラグビーの場合、残念ながらテストマッチでも自分たちで対戦相手を決めることはできませんが、現実的にチームを把握して大会に臨みたいと思っています」

――来年のW杯で勝つ手ごたえはありますか?

「W杯では達成したいことが2つあります。準々決勝まで進むことはもちろん、いいラグビーをして世界を驚かせたいですね。日本のラグビーをサッカーのW杯でベスト8まで進出したコスタリカのようなチームに変えることかなと思います。もうひとつは日本のラグビーの将来につなげることです。W杯のような国際試合で活躍すれば、子供たちに夢を与えられると思っています。特にメンタルな部分とハードなプレーでも耐えられるタフさ、適応力を見てほしいですね」

(おわり)

▽1960年1月30日、豪州タスマニア島生まれ。豪州人の父と日本人の母を両親に持つ。現役時代はフッカーとしてプレーし、シドニー代表(82~91年)、ニューサウスウェールズ州代表(84~90年)に選ばれた。01年には豪州代表ワラビーズのHCに就任し、自国開催だった03年のW杯で準優勝に導いた。07年フランスW杯では南アフリカ代表スプリングボクスのテクニカルアドバイザーとして優勝に貢献した。トップリーグ・サントリー・サンゴリアスのGM、GM兼監督を経て、12年4月から日本代表を率いている。夫人は日本人の宏子さん。












ラグビー早明戦 東京ドーム開催を断念、秩父宮開催へ

 例年国立競技場で行われている関東大学リーグ対抗戦の伝統の一戦、早大―明大の東京ドーム開催を関東ラグビー協会が断念したことが6日、関係者の話で分かった。ゴールのポールを安定して設置することが困難なためで、東京・秩父宮ラグビー場での開催で最終調整している。

 早明戦は昨年、約4万7000人の観客を集めた。ことしは12月7日に開催予定だが、国立競技場が2020年東京五輪に向けた建て替えで使用できないため、両校関係者の提案を受けた関東協会が4万人以上を収容できる東京ドームでの開催を検討していた。

 しかし、関係者によると、東京ドームではラグビーを定期的に行う予定がなく、ポール設置のために人工芝に改良を施すなど十分な対策を取れず、約2万5000人収容の秩父宮ラグビー場開催に方針を変えた。

























































































スポンサーサイト
  1. 2014/09/08(月) 05:38:27|
  2. その他

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索