1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

コーチ

エディーHCのイングランド全勝優勝。「影響を受けた2人の指導者は……」

日本の歴史を変えたエディーは、イングランドでも大成功を手にした。その能力の源は何なのか。

 

監督就任早々、北半球最強国を決める「シックス・ネーションズ」で、イングランドを'13年ぶりのグランドスラム(全勝優勝)に導いたエディー・ジョーンズ。戦いを終え、イングランド代表キャンプ地であるロンドン郊外のバグショットで、イングランド代表と、自身の監督哲学を語ってくれた。

――シックス・ネーションズでのイングランドのパフォーマンスを総括すると。
「初戦のスコットランド戦、2戦目のイタリア戦は、あまり手強い相手ではなかったせいか、いい出来だったとは言えませんね。2試合とも点差をつけて勝ちましたが、これは相手の問題で、特に我々がいいプレーをしたというものではありません。3戦目のアイルランド戦で、ようやく納得のいくレベルのプレーが要所で見られるようになってきました。4戦目のウェールズ戦は、前半はほぼ完璧でした」
――すでに優勝が決まり、グランドスラムを懸けた最終戦のフランス戦については。
「フランスは才能のある個人が不規則にプレーをしてくる、厄介なチームです。チームとしてのまとまりよりも、予測不能なプレーで仕掛けてきます。フランスはホームで迎える大会最終戦でもあり、今大会で一番いいパフォーマンスだったのではないでしょうか」
日本代表でも一緒だったコーチとともに。
――今大会で、最も成長した選手を一人挙げるとしたら。
「ジェームス・ハスケル(フランカー)ですね。本職は6番ですが、今大会の全試合スタメンで起用した7番でいいプレーをしてくれました。特に、相手を叩き潰すような激しいディフェンスは我々の強力な武器です。ナンバーエイトのビリー・ブニポラもそうですが、とにかく激しいプレーをした選手がグランドスラムの立役者です。シックス・ネーションズはスクラム、ラインアウト、ブレイクダウンのFW戦が勝負の鍵ですから」
――FWコーチには、日本代表監督時にも右腕を務めたスティーブ・ボーズウィックがいます。
「今回のグランドスラムにコーチ陣の貢献は計り知れません。彼の分析眼と、妥協を許さないラグビーへの徹底した姿勢はチームにとって欠かせないものです」
「ゲームプランよりも、いかにチームを強くするか」
――選手たちは結果を出し、良いパフォーマンスを見せた。6月に予定している豪州遠征は、今大会のメンバー中心で臨むのか。
「今大会に怪我で出場できなかった選手や、怪我から復帰したばかりで大きなインパクトを残せなかった選手にも、十分メンバー入りのチャンスはあります。チームとして全体的にまだまだ向上する必要があり、そのためにはまだまだ新しい選手にも出てきて欲しいですね。
今大会を戦った選手たちは、戦術理解については悪くありませんが、全体的にスキルレベルを向上させなければなりません。フィットネスについては、開幕時に比べると30%は上がりました。これはまさにトレーニングの賜物です。練習時間はせいぜい1セッション45分程度で、1日に2セッション以上はやりませんが、毎回集中して強度の高いトレーニングをしてきました」
――豪州遠征でのゲームプラン、注目している選手などは。
「ゲームプランは欧州のチームを相手にした試合とは変わってきますが、今はゲームプランというより、いかにチームを強くするかを考えています。豪州を相手に3試合テストマッチを戦い、全勝するのが目標です。そのためには、全ての面でレベルアップしていかなければなりません。
注目しているのは、マヌ・ツイランギ(センター)ですね。典型的なサモア出身の選手で、ボールを手に走り回り、激しい接触プレーを好むタイプ。シックス・ネーションズは負傷による長期離脱から戻ってきたばかりでフル出場した試合はありませんが、間違いなく注目すべき選手の1人です」
監督のアプローチは違えど、目的は同じ。
――イングランド代表監督としても結果を出し、名将の名に違わぬ手腕。自身の監督としてのキャリアに影響を与えた監督は。
「私が選手時代に指導を受けた2人の監督の影響は大きいですね。1人は、1991年の豪州代表W杯優勝時のボブ・ドワイヤー監督。私はランドウィックというクラブで彼の指導を受けたのですが、細部にまでわたる緻密なコーチングと、ラグビーというゲームに対する根本的な理解の仕方には多くを学びました。彼とは今でも話しますよ。何かに大きく迷った時などは、彼に相談したりします。
もう1人は、ジェフ・サイル監督(多くの豪州代表を輩出した元ランドウィック監督)。技術的な面よりも、チームが機能する上での環境作りに長けた、人間的に素晴らしい監督。選手たちは、この監督のためにプレーしたいと感じ、実力を最大限に発揮する。この2人は全く違うタイプの監督で、アプローチも全く異なりますが、チームを勝たせるという目的は同じです」
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 03:31:06|
  2. 未分類

監督

こんにちは。ラグビー日本代表GMの岩渕健輔です。
今回は日本代表について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
まず15人制の代表に関しては皆さんもご存知のとおり、エディー・ジョーンズヘッドコーチの後任に、ジェイミー・ジョセフが就任しました。
この人選について、私自身はGMとして強い手応えを感じています。たしかに両者は年齢も異なればキャリアも異なりますが、いい意味での共通点も多いからです。
エディー・ジョーンズは熱血指導で有名になりましたが、ジェイミー・ジョセフもリーダーシップを発揮して引っ張っていくタイプです。また代表チームを率いた経験こそないにせよ、昨シーズンは世界最高峰のリーグであるスーパーラグビーでハイランダーズを見事に優勝に導きました。その意味では彼も、世界での戦い方に精通した指導者だと言えます。そもそもスーパーラグビーのディフェンディングチャンピオンチームからヘッドコーチを招聘するというのは異例のことですし、日本が新たなヘッドコーチに起用したことは、各国メディアで大きく報じられました。
日本でプレーし、日本代表経験もあるトップ指導者。
さらにジェイミー・ジョセフは、エディー・ジョーンズに優るとも劣らぬ知日派としても知られています。具体的に言うならば、過去にはサニックスという日本のトップリーグのチーム(現:宗像サニックスブルース)に所属していただけでなく日本代表としてもプレーし、現役引退後には日本で度々指導も行ってきました。現在、ラグビー界において活動しているトップクラスの指導者の中で、このような経験を持っている人物はほとんど存在しません。
日本のラグビー界は世界の強豪国に比べれば、代表の強化に向けた環境が整備されているとは言い難いのが実情ですし、強化のためには世界を知っているとともに、日本を知っていることが必須条件となります。
その点で、ジェイミー・ジョセフは実に貴重な人材だと言えます。事実、ジェイミー・ジョセフはかつてのエディー・ジョーンズと同じように、私が協会のスタッフと共に作った人選リストの中で、最初から有力候補の一人に挙がっていた人物でした。
2017年頃にはサンウルブズを代表チーム化!?
個人的な話をすれば、ジェイミー・ジョセフは私が現役時代、日本代表で共にプレーした同僚でもあります。私はこのような交流を通して、彼の人柄やラグビーに関するノウハウの豊かさ、そして日本のラグビーを強くしたいという情熱を昔からよく知っていました。
もちろん、最終的な適性の有無は蓋を開けてみるまではわかりませんが、少なくともヘッドコーチを選んでいくプロセスとしては、正しいステップを踏むことができました。彼のような人物と契約を結ぶことができたのは、日本ラグビー界全体にとって、非常に前向きな材料ではないかと思います。
最後は日本代表の今後の展望について、少し触れたいと思います。
代表の強化を考えた場合、短期的にはヒト・コミュニケーションズ サンウルブズの強化と、日本代表の強化をどこで連動させていくかという課題も出てきます。私が協会スタッフと共にスーパーラグビーへの参戦を実現させた最大の目的は、やはり日本代表の強化にあるからです。その意味では、ラグビーW杯日本大会がより目前に迫ってきた2017年頃からは、サンウルブズと日本代表の陣容を、限りなく近づけていくことも検討しなければならないでしょう。
選手が高いレベルの試合を経験する場をより多く。
ただし中・長期的な視点に立つならば、必ずしも日本代表=サンウルブズでなくてもいいと考えています。日本ラグビーの総合的な底上げのためには、世界との戦いを肌で味わう機会を、より多くの選手、スタッフが持つことが重要だからです。
具体的には、将来の日本代表入りを目指す選手が、サンウルブズでの活動を通してスケールアップしていくようなシナリオが実現することも十分に考えられます。このような新たな流れができてくれば、日本代表はトップリーグの試合はもとより、サンウルブズ、または海外のクラブチームでの活動を通しても、コンスタントに選手の強化を図っていけるようになります。
新しい代表チームが本格的に始動するのは、現在行なわれているスーパーラグビーのシーズン中断期間になります。6月のスコットランドとのテストマッチは、サンウルブズの指揮を執るマーク・ハメットヘッドコーチが代行監督を務めますが、日本代表にとっては2019年に向けて、負けられない戦いが続いていくことは言うまでもありません。新生日本代表にも是非注目していただき、熱い声援を送っていただければ幸いです。
  1. 2016/03/29(火) 03:41:58|
  2. 未分類

チーム

治安不安も…ハメットHC、南アフリカでの“ホテルごもり禁止令” 

 

“ホテルごもり禁止令”を通達だ。スーパーラグビー(SR)のサンウルブズが、24日からの4週間の海外遠征(シンガポール、南アフリカ)を前に、都内で国内練習を打ち上げた。
26日のブルズ戦(シンガポール)後は治安が心配される南アに3週間滞在するが、マーク・ハメット・ヘッドコーチ(HC)は「選手がビビッて外に出ないことの方が良くない」とし、遠征中のオフや空き時間は積極的に外出させる方針を示した。
ニュージーランド出身の指揮官自身、選手やSRハリケーンズHC時代を含めて20回以上も南アを訪れており「1人では出歩かない、夜はタクシーに乗るなど、安全ルールを守れば危険は少ない」と断言。チーム単位でのバーベキューやサファリ体験も計画しており、オンとオフの切り替えを行い、未体験続きの過酷な遠征を乗り切る考えだ。
  1. 2016/03/28(月) 04:39:20|
  2. 未分類

チーム

イングランド復活の立役者エディーHC、全勝優勝は「快感」


ラグビーイングランド代表のエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)は19日、シックスネーションズ(Six Nations Rugby 2016)での全勝優勝(グランドスラム)は「快感」だと明かしたが、視線はすでに今夏に予定されているオーストラリアツアーに切り替わっている。
不本意な成績に終わったW杯イングランド大会終了後、スチュアート・ランカスター前HCからチームを引き継いだジョーンズHCは、シックスネーションズでスコットランド(15-9)、イタリア(40-9)、アイルランド(21-10)、ウェールズ(25-21)、フランス(31-21)を退け、就任後5連勝を飾った。
イングランドにとっては、W杯で優勝した2003年以来のグランドスラム達成となったが、この年のW杯決勝で対戦したオーストラリアは、ジョーンズHCが指揮官を務めていた。


「グランドスラム達成というのは、大会ですべてのチームを倒したということ。すなわち、最強のチームであることを意味している。欧州最強のチームという称号には誰もが快感を覚える」とジョーンズHCは語る。
「われわれの第一歩としては良い結果になったが、ほんの小さなステップに過ぎない。なぜならこれから大きなステップを踏まなければならないからだ。それはオーストラリアツアーから始まる」
■若いチームに自信「数年後にはオールブラックスに勝てる」
ジョーンズHCはまた、フランスと対戦した最終節の試合を振り返り、前半の内容は「普通」だったとの見解を示している。
たしかに、イングランドはダニー・ケア、ダン・コール、アンソニー・ワトソンがトライを記録し、オーウェン・ファレルもキックで16得点を稼いだが、フランスのマキシム・マシュノーに前半だけで4本のペナルティーゴールを献上した。
ジョーンズHCは「結果を気にしすぎて、前半は本来のプレーができていなかったが、後半はかなり改善された。そういう精神状態を克服して、信念と勇気を持ってプレーし、最終的には勝つことができた」とコメント。
「すでに優勝が決まっていた中で、失うものがないフランスとの試合には難しさがあった。私はチームを誇りに思う。この8週間で選手は大きく成長したが、われわれにはまだこれから長い道のりがある」


ジョーンズHCは平均年齢24歳という若いチームに厚い信頼を寄せており、通算3度のW杯優勝を誇るニュージーランド(オールブラックス)を脅かす存在になると自信を持っている。
「オールブラックスに勝てるかって?もちろんだ。現在は無理かもしれないが、将来的には勝てるようになる。オールブラックスに勝つことを想定せずにどうやってテストをするというのだ?」
「われわれの選手は才能に恵まれており、オールブラックスを倒せるだけのタレントがそろっている。今は難しいかもしれない。でも数年後には勝てる」

  1. 2016/03/27(日) 03:06:39|
  2. 未分類

選手

1月下旬、極寒の成田空港。わざわざ来てくれたメディアの方々のインタビューに応えた後、妻と娘、エージェント、サントリーの広報担当・田原(耕太郎)さんでコーヒーを飲み、しばし談笑。あっという間に出発時刻。
出発直前、妻と娘から手紙をもらう。3歳の娘が書いた「おとうさん れんしゅう がんばってね」という文字に涙がこぼれる。久しぶりにもらった妻からの手紙からは、背中を押されるような心強さをもらう。インターネットやSNSなどを日常で当たり前のように使用しているぶん、「手書き」の温かみを改めて感じることが出来る。
見知らぬ土地に行く不安があったせいか、プレミアシップというプレッシャーがあったせいか、「久しぶりに」という時間的な問題か。少なからず不安がある中で、手書きという救いは本当に有難かった。手紙で不安が和らいだおかげで、成田空港から乗り継ぎ先のドバイまでの約12時間、機内で深い眠りにつけた。ニューカッスルでもこれぐらい深い眠りにつけるのか……ドバイでまた少し不安にかられた。
初めてのゲームメンバー、そして初めてのグラウンド。
現地時間で、2016年2月12日金曜日。ファルコンズはホームのキングストン・パークで強豪レスター・タイガースとの試合。キックオフは19:45のナイトゲーム。この試合で僕は初めてゲームメンバー(リザーブ、18番)となり、仲間の戦いをベンチから見守った。
イングランド、プレミアシップで最多リーグ優勝回数を誇る名門レスター。しかし今シーズンも好調なレスターに対し、序盤からファルコンズのメンバーは素晴らしいパフォーマンスを発揮した。ホームということもあり、雰囲気もゲーム展開も終始ファルコンズペース。20-9で前半を終え、後半へ。
後半に入ってもファルコンズはレスターの猛攻を耐え続け、得点チャンスでしっかりスコアし、23-9。それでもレスターの猛攻は続き、64分にトライされてしまう。キックは外れて23-14。
トライ後に「ハタケー!!!」と観客席にあるリザーブ選手が座る席にいる僕の名前が呼ばれた。僕の他にフッカーのジョージ(・マグウィガン)、スタンドオフのクレイグ(・ウィリス)も呼ばれ、3人が交代する。
この時の僕は比較的、冷静だった。もちろん多少の緊張はしていたが、不思議と落ち着いていた。

理由は、まず勝っているというのが大きい。1トライ1ゴールの7点でも追いつけない点差で勝っていることが1つ。あとは、15分という時間。15分は決して短くはない。レスターのような強いチームなら十分逆転出来る点差。しかし、ホームスタジアムという地の利があり、今日のファルコンズのパフォーマンスなら十分守りきれると感じた。
もちろん、自分が余計なミスさえしなければ。しかしその「ミスしなければ」という感情すら浮かばないほど、程よい緊張と落ち着いた感情を保ったまま試合に入れた。これは若い時では出来なかったかもしれない。メンタルセット、歳を重ねる、経験を積む、失敗したことがあるからこそ生まれる「次に何をしなくてはいけないか」というポジティブな思考。これらは僕にとって貴重な武器だ。
ロッカーでイングランド流の歓迎セレモニー!?
15分はあっという間だった。何度か危ない場面もあったが、仲間の集中力とパフォーマンス、ファンの声援、全てがレスターにプレッシャーを与えた。結果、26-14でファルコンズ勝利。強豪レスターに7年ぶりの勝利だった。
僕のボールキャリーは2回、タックルは3回ぐらいかな。一番心配だったスクラムは1回だけだった。決して多くはないプレー時間、プレー回数だったが、怪我なく勝利に多少なりとも貢献できてよかった。それ以上にチームが勝利出来たことが一番嬉しかった。
ノンメンバーもスタッフも決して広くはないロッカーに皆で入り、勝利を喜びを分かち合った。ディレクターのディーン(・リチャーズ)が「よくやった」と選手を讃え、この日のマン・オブ・ザ・マッチを発表。この日はニリ(・ラトゥ/元NECのトンガ代表フランカー)が選ばれた。
その後、主将のウィル(・ウェルチ/フランカー)が「今日はハタケのファルコンズ、ファーストキャップ(初めての試合)だ!」と言って、誰のか分からない使用済スパイクにビールを注ぎ、渡してくれた。皆が拍手と歓声をあげながら、スパイクのビールをこぼしながら飲み干した。
日常会話より、グラウンド内の方が簡単。
2008年、当時23歳の僕がトップリーグにデビューした時も金曜日のナイトゲームだった。相手は三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)。試合には負け、満足いくパフォーマンスも出せなかった、ほろ苦いデビューだった。イングランドでは仲間のおかげで、30歳にして最高のデビューとなり、苦いはずのビールが若干、美味く感じた。
ニューカッスルに来て練習に本格的に合流したのは、渡英から4日後ぐらいだった。英語での日常会話より、グラウンドの方が良いコミュニケーションが取れている気がする。日本でもイングランドでも、ラグビーの内容、本質は大きくは変わらない。

サイン名は違っても、動きは同じ場合があったりする。細かいポジショニングやシステムの違いはあっても、案外アジャスト出来る。なんなら、ランニングコースやディフェンスの上がり方など、細かい部分に関しては「体格で劣る」という理由で、時間をかけてこだわってきたエディージャパンの財産のおかげで、対等以上に戦えている気がする。
コンタクトの激しさはやはり日本以上だった。
問題はやはりフィジカル、コンタクトの激しさにある。一発一発のコンタクトのレベルは、日本のトップリーグとは違う。日本でも激しいタックルや当たりがくることはあるが、それはトップチームやレベルの高い選手のみ、という限定された中だけだったりする。ここでは全てのチーム、選手が何発も何発も重く激しいコンタクトをしてくる。この激しさに慣れ、対応しないと、ここでは戦えない。
日本に持ち帰れる「土産」は早々に練習で得ることが出来た。日本でプレー経験がある仲間も「日本のトップリーグはよりテンポの速いゲーム展開だが、ここは日本よりテンポはゆっくりだが、コンタクトのレベルが圧倒的に激しい」と話していた。
課題は強みの再認識だったりする。日本ではコンタクトのレベルは低いが、よりテンポの速いゲームプランを遂行できる。イングランドではコンタクトレベルは高いが、テンポの速いゲーム展開では無いため、速いテンポに対応出来ない可能性が高い。エディーが3年間かけて世界と戦うために用意した狂気的なプランは、我々の強みを活かしたものだったと再確認できた。
  1. 2016/03/26(土) 02:09:57|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索