1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

選手



眼光鋭い大東文化大のSH小山大輝

4年に1度のワールドカップ(イングランド大会)を秋に控える日本代表に、今春、大学3年生の合流が相次いだ。同志社大のWTB松井千士はテストマッチ(国同士の真剣勝負)デビューを飾り、東海大のPR渡邉隆之も練習生として宮崎での合宿に参加している。

そんな流れを受け、早期での代表入りを具体的に目指すようになった別の大学3年生がいる。SH小山大輝。大東大で1年時からレギュラーを獲得した、強気のプレーメーカーだ。昨季までは「いずれ代表に入りたい。いまは焦らず」と話していたのが、「大学生でもできる、そう思えて…」。特に、WTB松井の台頭に心を動かされたようだ。

本格的にラグビーを始めたのは、北海道芦別高。全国レベルでの経験は皆無だったSH小山だが、地域別の選抜合宿で日本協会の中竹竜二コーチングディレクターに「誰より本気だった」と見込まれた。ここから運命を急転させた。3年時、高校日本代表入り。全国高校ラグビーで活躍した茗渓学園のSH大越元気(同志社大3年)らを押しのけた格好だ。当時、抜擢を決めた横田典之監督はこう振り返ったことがある。

「候補合宿で試合形式の練習をしたのですけど、そこですごかった。ディフェンスの時も、ラインアウトの後ろからその逆側のタッチラインあたりまで走って戻ったり…。本当は、SHは他の2人で(事前にほぼ)決まっていたんです。それが、SH小山を『あれ、もう1本見てみようよ』と言ううちに…」

SH小山は大学ラグビー界でも存在感をアピール。20歳以下日本代表は負傷やチーム事情などのため辞退も、キレ味鋭いサイドアタックと強烈なタックルで関係者の耳目を集めた。昨季、大学選手権6連覇を果たした帝京大のSH流大前主将(現サントリー)にも、攻撃力を賞賛された。

ジャパン入りを具体的に目指すようになって迎えた、今季の春季大会。中大との最終戦ではチームの反則の繰り返しによりシンビンを喰らうなどし、「もっと冷静にやれれば。それだけ気持ちが入っていたとも取れるんですけど…」と反省した(6月21日/埼玉・大東大グラウンド/●39-40)。

もっともこの日は、日本最高峰であるトップリーグのある採用担当者から「1人、違う次元でプレーしている」と評されもした。持ち味も発揮している。3フェーズ連続でタックルを繰り出したり、相手が反則すれば速攻を仕掛けまくった。下級生の頃はサイドアタック1本槍の向きもあったが、いまは目の前の敵の状況を観ながらキックなども繰り出す。「FWとの連携がまだまだ」としながら、こう決意を語る。

「練習も、経験も、もっと積んでいきたい。チームにはせっかく、山内さん(智一コーチ)などすばらしい指導者がいる。吸収できるものはどんどん吸収したい。グラウンドに入ったら、目つきを変える。オンとオフをはっきりとする。チームを引っ張る」

国際舞台に挑むうえではフィジカル強化も必須だが、キレを保ちながらのウェイトトレーニングで「(体重は)年々、4キロ増えている」(チーム発表の公式サイズは「身長170センチ、体重67キロ」)。

28日、東京・秩父宮ラグビー場。関東大学オールスターにも「リーグ戦選抜」の一員として出場する。

スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 03:55:50|
  2. その他

チーム



ハイランダーズが決勝へ SRプレーオフ

スーパーラグビーのプレーオフ準決勝でワラタスに勝ち、チームメートと抱き合って喜ぶハイランダーズの田中


南半球のラグビー強豪3カ国の15チームで争う世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」のプレーオフ準決勝は27日、シドニーなどで行われ、SH田中史朗が所属するハイランダーズ(ニュージーランド)が昨年優勝のワラタス(オーストラリア)を35-17で破り、決勝に進出した。田中は後半終了間際に途中出場した。

準決勝のもう1試合はハリケーンズ(ニュージーランド)がブランビーズ(オーストラリア)に29-9で快勝した。決勝は7月4日に行われる。
  1. 2015/06/29(月) 03:46:35|
  2. その他

選手



デビューイヤーに大活躍したチーフスのリーチ マイケル


スーパーラグビーのチーフス(ニュージーランド)は25日、日本代表主将のFL/NO8リーチ マイケル(26歳)と来季契約を結んだと発表した。南半球のニュージーランド、オーストラリア、南アフリカを舞台に開催されてきたスーパーラグビーは、2016年から拡張し、日本とアルゼンチンからも加わって3チーム増の18チームでおこなわれることが決まっている。日本チームは日本代表選手を中心に編成されると思われるが、これで闘将リーチの加入はなくなった。

東芝ブレイブルーパスの人気選手でもあるリーチは、2013年に初めて、母国ニュージーランドのチーフスに入団し、そのときは度重なる怪我に泣いてスーパーラグビーの舞台には立てなかったが、今年再挑戦し、3月14日に南ア・ケープタウンでおこなわれたストーマーズ戦でデビュー。その後、主に8番をつけて計13試合に出場(12試合先発)し、3トライを含む活躍で、チーフス選手が投票するルーキー・オブ・ザイヤー(チーフス最優秀新人賞)に選ばれていた。

2012年と2013年に優勝を遂げ、少なくとも2017年までチーフスを指揮することが決まっているデイヴ・レニー ヘッドコーチは、献身的なハードワーカーであるリーチを高評価。
「マイケルはデビューシーズンで強烈な印象をもたらした。彼はトップマン、まさしくプロフェッショナルで、チームの若い選手に本当にいい影響を与えてくれた。マイケルがチーフスに戻ることが決まって嬉しい」と、チームの公式サイトでコメントしている。

リーチ自身も、「(今季)チーフスでやってて本当に楽しかった。自分自身を成長させるということにおいても、世界最高の場所だと感じている。最高の選手たち、コーチ陣、トレーニング環境に囲まれ、私は与えられた機会を最大限に活用したいと思っている。このチャンスを与えてくれた東芝と日本代表チームにも感謝します」と語っている。

チーフスは、主将のFL/NO8リーアム・メッサムがリオデジャネイロオリンピック出場をめざして来季はセブンズで活動する可能性があり、バックローの重要な戦力であるリーチを確保できたのは大きい。
その一方で、来季からスーパーラグビーに参入する日本チームにとっては大打撃だ。
リーチは絶対に必要な戦力だったが、契約へのアクションが遅く、日本代表スキッパーの気持ちをこちらに向けられなかった。ジャパンの選手たちが海外から必要とされる力を持つことは歓迎も、新規チームの顔となるべき男にフラれたのは、戦力的にも痛いが、プロモーション面で大きな痛手となる。
  1. 2015/06/28(日) 03:56:53|
  2. その他

監督



日本代表HCが講演 宮崎の高校でリーダー論


ラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が24日、代表候補合宿を行っている宮崎県の宮崎大宮高で全校生徒ら約1300人を前に講演を行った。

同校が今年、文部科学省から国際社会で活躍する人材の育成を目指す「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)に指定された記念に招かれた。ジョーンズHCは、「周りの人がどう学ぶかを知り、彼らの潜在能力を引き出すことが重要」などとリーダー論を披露した。

「自分の強みをどうしたら見つけられるか」という生徒の質問には「旅や人に会う経験をたくさんすれば、必ず見つかります」とアドバイス。「ジャパン・ウエーを確立した日本代表のようにね」とチームの成長にも自信を見せていた。

  1. 2015/06/27(土) 04:26:59|
  2. その他

ワールドカップ



早野貴大(はやの・たかひろ)
生年月日:1974年9月6日。山梨県出身
日本代表キャップ:0
RWC出場歴:2003
ポジション:LO


ラグビー略歴:山梨・桂高校→帝京大学→サトリーサンゴリアス(1997~2009)。2003年度、2004年度シーズンのサントリーでキャプテンを務める。関東代表、日本A代表。現在は、サントリー酒類株式会社勤務
日本代表の合宿に一度も参加せず、日本代表キャップもゼロ。それなのに、RWCのメンバーになった早野貴大さんの登場です。極めて稀なケースで日本代表になった早野さんですが、サントリーでキャプテンを務め、日本A代表に選出されるなど、確かな実力があってこそのメンバー入りです。しかし、この巡り合わせは奇跡的です。本人も驚いたエピソードを語ってくれました。

サントリーのキャプテンとして遠征
そこでまさかのサプライズ選出

2003年のRWCのとき、サントリーサンゴリアスは観戦も兼ねて、オーストラリアで合宿をしていました。監督は土田雅人さんから永友洋司さんに代わり、僕はキャプテンを務めていました。RWCについては、サントリーのチームメイトの応援も兼ねて観戦に行っていたわけです。
そこで偶然が重なります。日本代表の宿舎でサントリーも晩御飯を食べる日があったのです。実はそのとき、日本代表LOの田沼広之さん(リコー)が試合(フランス代表戦)で膝を負傷し、残りの試合に出場するのが不可能ということが判明していました。LOの選手が一人欠けたことで、たまたま、そのホテルにいた僕に声がかかったわけです。「このまま残れますか」と。
嬉しくはあったのですが、キャプテンとしてチームの合宿中に抜けていいものかどうかという迷いはありました。2003年はトップリーグ元年でもあり、自分もキャプテンになったばかりでしたから。しかし、永友洋司監督は「行って来い」と送り出してくれました。せっかくのチャンスなので参加することにしたというわけです。
遠征中でしたから、練習着などはありますし、そのまま合流できたのもラッキーでした。日本代表の揃いのウェアは、その場でいただきました。ただし、スーツを持って行っていなかったので、ネクタイは日本代表のチームタイを借り、ワイシャツは田沼さんにいただきました。だから、私だけジャケットは無い状態で、いろんなイベントに参加しましたね。寒いときは上にヤッケを着たりして、しのいでいました(笑)。

選手の試合に臨む心構え、姿勢が
日本代表初体験者の刺激になった

実はそれまで日本選抜、日本A代表には選出されたことがあったのですが、日本代表の合宿には呼ばれたことはありませんでした。
選手達は顔見知りばかりだからすんなり入れましたが、その雰囲気はRWCということもあって独特でした。一人ひとりの責任感をひしひしと感じたし、できるだけ選手達に影響を与えないように気を使いましたね。
僕が合流したとき、日本代表はあと2試合(フィジー、アメリカ)を残していました。万が一、出場チャンスがあるかもしれないので、サインをすべて覚えるなどいつでも出場できるように備えました。出場のチャンスが巡ってくれば良かったですけど、そこまでずっとチームでプレーしてきた選手達がいるので、やはり遠慮していました。
他チームの選手達とは顔見知りとはいえ、試合後に談笑するくらいで、普段の顔は知りませんでした。このとき、初めて試合前からの姿を見られて、代表として試合に向かっていく心構えなどは、すごく刺激になりましたね。
フィジーとアメリカは、日本代表が必勝を期していた相手ですが、結局、勝てずに悔しい思いをしました。スタンドで見ることは、自分のチームでは少ないので、不思議な感覚でした。かといって、自分が出ても何もできないのですけれど。当時は、帰国後も、キャプテンという立場をしっかりやることで精一杯になっていて、RWCの経験を生かすというところまでは行かなかったですね。

2011年のRWC壮行会にも参加
自分が日本代表であることを再認識

結局、1試合も出られなかったし、その後、日本代表に選ばれることもなかったのですが、振り返ると、とてもいい思い出です。
僕は、キャップはありませんが、元日本代表なのです。2011年のRWCの直前、壮行会が、都庁で開催されたとき、僕にも声がかかりました。そのとき、「あっ、俺、日本代表なのだ」と気付きましたね。非常に珍しいタイプの日本代表だと思います(笑)。
日本代表ジャージーもご厚意でいただくことができて、いい記念になりました。出場記念の瀬戸物も日本協会から送られてきたし、RWCの参加証もある。日本代表は高校の頃から目標だったので嬉しかったです。
2019年、日本で行われるRWCについては、日本のいろんな場所で試合が行われますよね。オーストラリアの大会に参加して実感したのですが、日本代表も各地で歓迎してもらいました。同じように、日本でも各地で世界のチームを歓迎し、多くの日本の皆さんにいろんな国の試合を見てもらいたいと思います。
僕は2009年まで現役を続けました。ラグビーは、「信頼」がないとできないスポーツだし、自分がすべてさらけ出されるものだと思います。サボると分かるし、相手を怖がって腰が引けているのも皆に分かられてしまう。練習がウソをつかないスポーツであり、努力と結果がリンクする。それがラグビーの魅力だと思います。
2019年のことはこれから考えたいのですが、現状だと普通に見に行くでしょうね。日本代表はもちろん見ますし、東京近郊の試合はぜひ見たいです。

  1. 2015/06/26(金) 04:08:28|
  2. その他
次のページ

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索