1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

選手



東海大学ラグビー部のキャプテンである藤田貴大が、トレーナーに「ストレッチ、して下さい」と声をかけられた。

2015年5月24日、東京都日野市の帝京大学グラウンド。大学選手権6連覇中の帝京大学との公式戦(関東大学春季大会)を19-59で落とし、木村季由監督による円陣が解けた後のことだ。

アスリートである。筋肉に疲れを残さないためにも、整理体操するのは自然な流れだった。ただ本人は、違う行動を取った。

「先、いいですよ」

まず先に、近くにいた記者の質問を受け付けた。この後は教育実習のため地元の青森へ向かう予定で、クールダウンの後はすぐに東京駅へ向かわねばならなかったのだ。スパイクは脱いでグラウンドの脇に揃え、ストッキングもその隣に折りたたんで並べている。身体を圧迫するものは、すでに外していた。

「このチームから、この状態で離れるのが悔しいですね…」

大敗の翌日から成長するプロセスに加われないことを悔やみつつ、試合の感想をこうまとめた。

「小さな差なんですけど、それが大きい差かなって」

青森北高校出身。「175センチ、95キロ」。密集で身を挺するフランカーの選手にあっては、特に上背では小柄の部類だ。低さ、しつこさ、がむしゃらさで魅せる。

私生活がグラウンドでの働きに直結すると、本気で信じている。

大学1年時、寮の同じ部屋で過ごしていた宮田一馬(現近鉄)が下級生に雑用を押し付けない優しい人で、自分も自分を律する選手になりたいと思った。

「ごみが一つ落ちている。拾う。そうしたらきょうのプレーはよくなるかな、よくなればいいな、って」

細やかさを旨としていながら、悲壮感とは、無縁だった。

5月5日、東京・秩父宮ラグビー場。来日中だったニュージーランド学生代表(NZU)と試合を行う、関東学生代表のキャプテンに選ばれていた。

キックオフ直前。NZUは、相手を威嚇する「ハカ」という儀式を披露する。

ラグビー王国であるニュージーランドにとって、「ハカ」は特別な意味がある。本家の同国代表と2013年秋に対戦した日本代表は、何よりもまず「ハカ」への対策を考えたほどだ。この日のNZUは新たな「ハカ」をお披露目。精神を充実させていた。
気圧されたか。いや。藤田はチームメイトに笑みを浮かべた。

「逆に、気合い、入ったな」

厳しさと明るさを、絶妙にブレンドさせていた。

2年になった頃にはすでに、木村季由監督から「将来のリーダー」と言われていた。チームの船頭になったのも必然で、日本代表の練習生になった同級生の石井魁にも「(キャプテンは)藤田じゃないと、成り立たない」と謳われた。NZUとのゲームでは35-50で敗れながら、溌剌とした哲学を残したのだった。

「最高のパフォーマンスを、どう出すか。どのレベルであっても、そういう自分の取り組み方は変わらない」

さて、帝京大学戦。他大学が苦しんでいた身体のぶつかり合いはある程度は互角で、自身も何度か相手選手の束を跳ね返していたが、結果的には大差で屈した

「小さな差なんですけど、それが大きい差かなって」

キャプテンの実感は、そこかしこに見え隠れしていたようだ。

例えば。東海大学は要所で反則を重ね、相手ボールの場面を多く作ってしまった。「立ってプレーする」という競技原則があるなか、ボールを持たない選手が接点で簡単に倒れ込んでしまったからだ。

かたや帝京大学のサポート役は、地面に倒れる際には必ず東海大学の選手を巻き込んでいたらしい。要は、倒れる前に「立って」格闘していた。

ここが「15:7」という反則数の差に繋がったと、藤田は感じ。味方が一時退場処分を受けていた前半24分からの10分間で、19失点を喫した。

また、例えば。後半初頭、もともと頑張れていたはずの1対1で劣勢となる場面があった。「攻撃対守備」の人数は同じだったのに、「身体的にきつくて、あぁ、やばいやばいやばいって…」。声の掛け合いが不足する間に、自信満々の相手ランナーに守備網を破られたのである。ここでも14失点。

さらに決定的な、例えば。それは、藤田が何より大切にするグラウンド外にあった。

「試合に出ないメンバーが、どこにモチベーションをもっていくか。『きょうは試合がないし』となるか、試合を観て『このプレーは、いいな』などと思えるか…。そこが難しくて。帝京さんは、全員が、帝京大学ラグビー部なんです。1人ひとりが周りを観ている。ごみが落ちていたらぱっと拾って。そういう、人間的な強さもある」

普段がだらしないからプレーも…などと、説教臭いことを言うつもりはない。ただ、大差のスコアの根っこに細部のプレーの違いを見つけ、その違いを埋めるには普段の練習の質を上げるしかないと具体的に見据えているのだ。

そして、練習中の意識を支えるのが、グラウンド外での居住まいをはじめとした無意識的行動である、とも。

――このチームのいいところは。

一見、明るい答えが出てきそうな質問にも、ひたすら内省する。

「横のつながりが強い。フレンドリー。ただ、それがいいのか悪いのか…。こういうなかでも厳しさは必要で。ペナルティーがあった。ここで『次、次』と言うのか、だめなものをきちんと『だめ』というか…。ここにも差が出る。きょうは、色々と勉強になりました」

頂点との差は、ある。ただ、それを具体的に認識しうる位置にはいる。スパイクとストッキングを大事そうに抱え、藤田はロッカールームへ走った。ストレッチも、そこでするのだろう。

「課題は明確というか、足りないところがはっきりわかった。それは収穫でもあります」 

東海大学は続く31日、こちらも上井草の相手の練習場で早稲田大学と戦う。藤田のいないチームは、藤田が思いついたロードマップを描けるだろうか。それを確認できないのが、本人は「悔しい」と言った。







スポンサーサイト
  1. 2015/05/30(土) 06:35:44|
  2. その他

監督


大学選手権6連覇中の帝京大学ラグビー部は、現在、関東大学春季大会で開幕3連勝中。主力を欠きながら、隙の見つけづらい試合運びを続けている。
目指すは学生王者と、そして日本一だ。

このほど、ラグビーシーズンを締めくくる日本選手権のフォーマットが変更。前年度まで各カテゴリーの複数チームが頂点を争うトーナメント形式だったが、今季から「トップリーグ(国内最高峰リーグ)王者対学生王者」という一発勝負となった。



今季は4年に1度のワールドカップ(イングランド)が10月まであり、トップリーグは11月中旬に開幕予定。来年度からは南半球最高峰のスーパーラグビーに日本拠点のチームが参戦するとあって、かねてから大会の日程やあり方について見直しが求められていた。

前年度の日本選手権では、帝京大学が9季ぶりのトップリーグ勢撃破を果たして話題をさらっている。

2月8日、東京・秩父宮ラグビー場。トップリーグで10位だったNECを31-25で下した。続く15日には同3位の東芝に24-38で屈したが、敗れた岩出雅之監督がこう前を向いていた。

「(1回戦で)勝ったことに満足しないという挑戦心を奮い立たせる。監督がそれをイメージした計画を立てる。そうすれば、我々にも微笑むチャンスはあったのではと思います。現実的じゃなくても、高い目標設定を置かないと」

遠回しにではあるが、当時から今季の目標を日本一としていた。

5月24日、春季大会第3戦で東海大学を59-19で下した後、指揮官が単独取材に応じた(東京・帝京大学グラウンド)。

以下、一問一答。

――まず、東海大学戦の感想を聞かせてください。

「こちらのメンバーが若いのでね(この日の出場選手中、前年度のレギュラーはわずか数名)。彼らが自身を持つゲームになってくれたら…と臨んだのですが。まだまだ、ガツガツ行く感じが少ないような。もっと、自分に自信を持つようになってくれたらいいと思います」

――今季から初めて主力組に入った選手も。

「そう。たくさんいるでしょう」

――この日の収穫は。

「Bチーム(控え)レベルだった選手が、相手のAチーム(主力)に対して十分やれたと感じた。それが収穫かな」

――例えば、3年生のフランカー上原充選手。過去2戦で力強いタックルを連発し、期待されての先発でした。

「うん。頑張ってたね。ただ、(他選手も含め)コンスタントに頑張らんと、Aチームには止まれんよ」

――常に安定した高いパフォーマンスを、と。

「そう。特に3、4年はね。1、2年は我慢するけど」

――1年生といえば、竹山晃暉選手。ここまで3戦で11トライです。

「あいつはもう、別格よ。モノが違う。男前だし、メディア的にもいいんじゃないですか」

――話題を変えますが、日本選手権のフォーマットが変わったことへの感想を。

「まず、そこの場所に行けるように。そこまでの積み上げをしっかりやります」

――去年、チャンピオンを争う東芝と戦った印象は。

「去年は、去年。今年は、こういう相手と戦うということを、ちゃんと想定するということです」

――確かに、あの日の敗戦後もそうした発言をしていました。

「(頷く)」

――その観点で、いまの準備期間に意識していることはありますか。

「全てのプレーの質を上げる、ということ。何となく、偶然勝つということはないので」

――偶然はないからこそ、必然的に勝てるように練習の質を上げるのですね。全てのプレーで求める基準値を上げる、というか。

「基準値を上げるというより、理解するということじゃないですか。いいプレーも、悪いプレーも、それがなぜ生まれたのかをちゃんと理解する。そして(悪いプレーを具体的に)修正する。その力がなかったら、雑になってしまう。焦らず、しかし全てを貪欲に。あ、焦らないということが大事かな。ものの捉え方、試合への臨み方、試合中に起こったプレーへの対応も含めてね」

――精神状態の起伏を平らにすべき…。こうも言っていましたね。

「そういうこと。自信をもって、それでも驕らずに」






  1. 2015/05/29(金) 03:05:48|
  2. 未分類

選手



ラグビーシーズンを締めくくる日本選手権のフォーマットが今季から変更。前年度まで各カテゴリーの複数チームが頂点を争うトーナメント形式だったが、「トップリーグ(国内最高峰リーグ)王者対学生王者」という一発勝負となった。

今季は4年に1度のワールドカップ(イングランド)が10月まであり、来年度からは南半球最高峰のスーパーラグビーに日本拠点のチームが参戦。かねてからスケジュールの見直しが求められていた。

トーナメント形式だった前年度の同選手権。9季ぶりのトップリーグ勢撃破を果たしたのは、大学選手権6連覇中の帝京大学だった。2月8日、東京・秩父宮ラグビー場。トップリーグで10位だったNECを31-25で下して話題を集め、スクラムハーフの流大キャプテンの働きは高く評価された。



新たな大会フォーマットが発表された21日、今季からサントリーに加わった流が単独取材に応じた。大学でメディアトレーニングを受けており、「一番伝えたい結論から先に話す」など、自分なりの質疑応答のノウハウを持っている。

以下、一問一答。

――社会人生活、2ヶ月目ですね。

「仕事を覚えるのが大変で、いまの段階ではそこを充実させていくことにウェイトを置いています。ただ、グラウンドに来たらラグビーのことだけを考えてやれる環境があるなと、改めて感じています。はい」

――仕事にウェイト。

「社会人として信頼されない人間は、ラグビーでも同じようなことになると思っていて、大学でも同じように教わってきたので。まずは社会人として認められるということが、大きいですね」

――仕事は。

「営業です。何と言ったらいいのか、自分のなかでもわからない状態ですが…」

――サントリーの商品が並ぶスーパーを回っているのでは。

「そうですね、色んな先輩と回らせていただいている段階です。何件か、担当のお店を持たせてもらっています」

――グラウンドでの練習は。

「1年間の基礎を作る練習で、フィジカル的なところとベーシックスキルを中心にやっています。僕自身も、1年目からチャレンジするための基礎を作りたいなと思っています」

――このレベルで自分が通用しそうな点と、課題は。

「実際、ラグビー的なことはほとんどやっていないので、見えない部分が多いですけど…。ただ、社会人は大学以上にスピードがある。そこは僕も取り入れていかないといけないと思います。リアクションのスピードも、個人のスピードも含めて」

――今季の目標は。

「9番を着ること(スクラムハーフの先発)です」

――フーリー・デュプレア選手(チームメイトで現役南アフリカ代表スクラムハーフ)にだって、ポジション争いでは負けない! と。

「いえいえ、もちろんすごい選手ですし、他に日和佐さん(篤/日本代表スクラムハーフ)や芦田さん(一顕/入部3年目のスクラムハーフ)もそれぞれいいプレーヤー。それぞれから学ぶべきことは多くあるんですけど、僕は、9番を着ることにターゲットに置きたいです。そこを目指さないと成長もないですし、9番を着て日本一に貢献したいという思いがあります」

――改めて、最大のライバルになるであろうデュプレア選手について。

「僕自身、面識もないですし、テレビ上でしか観たことがないんですけど…。スキルが高いですし、何より、ゲームを自分自身で自由に動かせる。色んな選手に『フーリーさんはどんな選手ですか』と聞いても『次元が違う』みたいな答えが返ってくるので、頭がいいんだろうとは思うんですけど」

――そういう選手に勝たないと、「9番」は見えてこない。

「ワールドカップ(9月、イングランドで開幕。各国代表は現在、その準備に集中)があるので、フーリーさんと日和佐さんが合流するのはまだまだ先。その間、僕は芦田さんと切磋琢磨したいと思います」

――ご自身は、昨季メンバー入りしていた日本代表からは離れています。

「エディーさんからは、電話で何が足りなくて外れたかを教えてもらっている。判断、コミュニケーションです。もう一度、そこに必要とされるような人間になりたいなと思います」

――話は変わり、日本選手権のフォーマット変更について感想を。

「帝京が日本一にチャレンジできる環境ができたことは、OBとしても嬉しく思います。もちろん、僕もそこでチャンピオンとなった帝京と戦いたいです! (笑いながら)現実を見せてあげたいです」

――昨年まで大学生だったことを思い出していただきたいのですが、トップリーグの王者と戦うことにどこまで現実味を抱けそうでしょうか。

「去年の立場だと、正直、想像もつかないようなところだと思います。去年は1回戦(ワイルドカードを勝ち抜いたトップリーグ中位陣)に勝つことを目標に置いていたので。ただ、今年の帝京は日本一を狙っていると思います」

――改めて、帝京大のトップリーグ勢撃破の要因は。

「まずは1年間、いい準備ができたこと。また、勝ちたいという気持ちの部員が増えたことです。一昨年もトップリーグのチームに勝つことを目標に置いていましたが、正直、本当にそう思えていたのはAチーム(主力)とBチームの一部だったと思います。去年は下のチームも本気で勝ちたいと思っているのが、伝わってきていました」



  1. 2015/05/27(水) 23:05:12|
  2. その他

記事



 ヤマハ発動機ジュビロをラグビー日本一に導いた清宮監督(47)は組織の人材育成について、「言葉が大事」と語った。今春、早稲田実に入学した長男・幸太郎(1年)が春季東京都大会準々決勝でいきなり130メートル弾。清宮監督は「怪物打者」と注目される我が子の育て方も「同じ」と言う。「清宮流」才能の伸ばし方に迫る。


■水泳コーチに「プロ失格!」と直談判

 清宮監督は幸太郎が4歳になった頃からさまざまなことを経験させた。水泳、陸上、テニス、ピアノ、そしてラグビー。幼稚園の頃にはこんなことがあった。スイミングスクールに通う幸太郎が2カ月に1度の昇級テストになかなか受からず、1年半も同じクラスにいた。

「それが、どうにも我慢ならないから(代表と)話がしたいと。『あなたたちは指導のプロですよね? 息子がなぜ1年半も同じクラスなのか把握してますか?』と言ったんです。試験に落ちる原因はターンだったかな。いつもその項目で試験に落ちる。にもかかわらず、次の2カ月も同じステップ。息子が受からないのはいつも『8(段階)』のところだったけど、毎回『1(段階)』からやり直し。それを16カ月連続でやったんです。『それじゃ話にならない。プロ失格!』と言いました。料金が発生しているわけだから、その対価に指導力で応えて欲しい。ボクは(ラグビーの)監督と親、同じ目線でやっていますから」

能力を伸ばせないのは指導法にも問題がある。子供だからと相手に全ての指導を委ねたくないというのが持論。その子に合った指導が受けられる場所や環境を見極められるか――。これが親の重要な役目だと清宮監督は言う。実際、他のスイミングクラブへ移ると、幸太郎の泳ぎは見る見る上達していった。

 ヤマハ発動機を日本一に導いた指導法は、我が子に対しても「考えて語らせる」という点で一致する。

「ラグビーの指導と子育てはあまり変わりません。『何でうまく打てたか分かるか?』と聞いて本人に考えさせます。例えば高めのボール球をうまく打った時、『肩が水平に回ったから上から叩けた』などと自分の言葉で答えられれば、ボクは納得します。『インコースがなぜ打てた?』と聞き、必ず説明させるのです。これはボクのクセ。仕事(ラグビーの指導)と同じです。抑え込まれた投手がいたとしたら、『次に同じ投手と当たったらどうする?』と。どうするって考えることが大事。正解か間違いかなんてどうでもいいんです」

親子の会話は、具体的に狙う球種にまで及ぶこともあったという。

「『あの投手はカーブで三振を取ったから、次はカーブを狙っていく。相手の得意な球を狙う』なんて言うこともあれば、反論もしますよ。『いやいやパパ、それは違う。変化球を狙うと直球が打てなくなるから、直球だけを狙っていく』と言う時もある。大事なのは自分の意見を語ること。語ると失敗を繰り返さずに成功を続けられるんです。投手をやっていた時も一緒。投げたボールを振り返らせました。うちはこれまで全試合ビデオを撮っていて、全打席全投球を家でもう一度見させます。そうなると、もう仕事か子育てか分かりません。でも根底は同じなんだと思っています」







  1. 2015/05/23(土) 03:45:58|
  2. その他

少年院



 茨城県茨城町の少年院「水府(すいふ)学院」で今年から、入院少年と企業経営者らのタグラグビーの交流試合が始まった。犯歴などを理解した上で、出院した少年らを雇う「協力雇用主」になってもらい、就職先の確保につなげる目的。法務省は「協力雇用主を増やす目的でのスポーツ交流は聞いたことがない」としている。 
 水府学院に入っているのは、十五~十七歳の約六十人。元ラグビー日本代表の故石塚武生さんらが二〇〇七年から年二回ほど、少年たちの指導を始め、現在は元慶応大監督の上田昭夫さん(62)らが受け継いでいる。指導に協力する県ラグビーフットボール協会が昨年、「少年院と社会をつなぐ機会を」と交流試合を発案した。
 水戸市で行政書士事務所を経営する橋本哲さん(47)が、市内のロータリークラブのラグビー経験者らに参加を呼びかけた。尻込みする人や直前にキャンセルする人もいたが、自動車整備や精密機械製造、不動産業などの企業経営者五人が集まった。
 交流試合は二月、学院の体育館であり、ラグビー協会員や企業経営者ら約二十人と、少年約六十人が一緒に汗を流した。タグラグビーは、タックルなど危険なプレーを行わない手軽なスポーツ。試合後に握手を交わし、企業経営者らに見送られて体育館を出る時、目を潤ませる少年もいたという。
 後日、少年たちは企業経営者らにあてて手紙を書いた。「見守ってくれる人を二度と裏切ってはいけない。涙が出そうになるぐらい心が痛くなりました」「ここを出ても非行少年と言われるかもしれませんが、支えてくれる方々がいると思うと孤独も感じません」と、感謝の言葉がつづられていた。
 仲立ちをした橋本さんは「先入観があり不安だったが、普通の子どもと変わらない顔つきで驚いた。法に触れるようなことをしたのは、環境が原因だったのかと思った」と振り返る。「トライを決めて、はにかんだ笑顔が、社会に出てからも見られるようにしたい。交流試合を続ければ、遠くない将来、雇用する企業が出るのではないか」と期待する。
 水府学院では、六月にも第二回を計画中。県協会の小沼公道副理事長(56)は「参加してくれた経営者は五人しかいないのが、今の現実」とするが、その反応には手応えを感じている。「モデルとして全国に広がってほしい。美談じゃない。やらなきゃいけないことだと思っている」と話した。









  1. 2015/05/22(金) 03:15:36|
  2. その他
次のページ

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2015年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索