1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

同志社香里



高校ラグビー激戦区・大阪。 同志社香里に注目だ!

 同志社香里が充実している。同志社大学の系列校は超高校級BKラインを軸に、激戦区大阪で20年ぶりの花園出場を目指す。
 5月の大阪府総体は前年度全国4強の大阪桐蔭を39-19で破り5位。7月の第1回7人制全国大会府予選では決勝に進む。東海大仰星には5-38と敗れたが、仰星は全国ベスト4になった。毎年11月にある全国府予選決勝にはここまで4年連続で進出している。

 FBには183センチ、92キロの山口修平(3年)、WTBには184センチ、91キロの江金駿(2年)が立つ。トップリーグ並みの体格を持った2人は他校の脅威。パススキルの高いCTB日浦奨が巨漢を縦に入れる。山口は高校日本代表候補。日浦とともに国体のオール大阪にも選ばれた。江金はU17日本代表だ。
 率いるのは清鶴敏也。同大ではSHとして1982年度からの大学3連覇に貢献する。高校日本代表での指揮経験や全国大会シード校選考委員長もつとめる。監督には手応えがある。
「いろいろな局面で慌てへんようになった。生徒の理解度はいつもより高い。何をしたらよいか、の判断ができている。それは結局、1人1人に自信があるからやろうね」

 長野・菅平での夏合宿は8月1日から計2回、12日間に及んだ。練習内容はランパスなどを中心にしたフィットネス系を従来の60%程度に落とし、相手をつけた試合形式に重点を置いた。FLの平野幹典主将(3年)は「ぼくたちが目指しているボールを動かすことができました」と笑顔を浮かべる。
 ラグビー部は1951年創部。今年64年目を迎える。これまで全国大会には4回出場。最高位は最後となる1994年度の第74回大会だ。4強に進出して準優勝の長崎北陽台に12-18で惜敗した。早慶付属の早大学院、慶応志木とは定期戦を組んでいる。

 日本代表は5人を輩出する。直近では神戸製鋼FBで1999年の第4回ワールドカップに出場した平尾剛史(現名 剛、神戸親和女子大学講師)。キャップ11を持つ。
 高い戦績もあり、偉大なOBもいる。
 男子校だった同志社香里は2000年に男女共学になった。1学年約300人の男女比はおおむね半々。ほぼ全員が同大に進学する。中高一貫に近いシステムのため、高校時の外部入学は約60人。中学校の内申書は10段階の9が必要なため、門は狭い。その上、半数は女子。新入生の入部は毎年3人程度と非常に少ない。現在の部員数は3年生10人、2年生17人、1年生15人の42人である。
 それでも公式戦で供用される専用グラウンドは府内では珍しい人工芝。片側のサイドでは中学生が練習する。入学難の反面、部員たちはほぼ6年間をともに過ごすため、気心は知れ、コンビネーションはなめらかだ。
 トレーナーは7人制日本代表にも帯同する理学療法士の吉村直心氏。同大、ワールドでFLとしてプレーし、京都市内で整骨院2院を経営する。その助言はトレーニングから食生活にまで及び、実際的でチームには心強い。

 京都では同じ系列校で全国V8回を数える同志社が5月の総体決勝に進出。17-31で京都成章に敗れたが、名門復活をアピール。初の全国アベック出場に周囲の期待は高まる。
 今秋の全国大会府予選はBシードとして戦う。順調にいけば全国連覇を狙うAシードの仰星と決勝で対戦する。中2から4年連続で全国寸前での敗北を見続けた主将は言う。
「入学前からずっと勝てないことを意識させられてきました。今年こそは全員気持ちを統一させて、なんとしても勝ちたいんです」
 BKを機能させるにはFWの力は不可欠。ボールに絡みまくる元サントリーFLのジョージ・スミスを目標にする平野を中心に、前8人が低く、素早く動けるか。5回目の聖地を目指し、ここから濃密な3カ月を送りたい。














































































スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 05:49:47|
  2. その他

セブンジャージ




7人制代表、独自の新ジャージー リオ五輪で着用


新ジャージーを披露した男女7人制日本代表(左から豊島、坂井、中村、竹内)
 2016年リオデジャネイロ五輪から正式種目に採用される男女7人制ラグビーの日本代表が26日、都内で新ジャージーを発表した。これまでは15人制代表と同じ赤色がベースだったが、7人制独自の新ジャージーは白色がベースとなり赤色の模様が施された。

 女子代表「サクラセブンズ」のジャージーには桜をモチーフにしたデザインも使用され、中村知春主将(26)=フェニックス=は「五輪で着るジャージーなので、いち早く勝利の味を染み込ませられるように頑張りたい」と語った。男子は9月19日開幕のアジア大会(韓国・仁川)、女子は同12日開幕のワールドシリーズコアチーム昇格決定大会(香港)から着用する。

 また、男子の瀬川智広ヘッドコーチ(43)はアジア大会でリーチ・マイケル(25)=東芝=ら15人制代表選手を「コンディション次第で」起用する考えを明かした。









東芝、4本のスクラムで「認定」 NTTコムは終盤に守備の穴突くも及ばず

スクラムでNTTコムを苦しめた東芝Fw


<トップリーグ 2014-2015 1stステージ 第2節 プールA>
東芝 23-16 NTTコミュニケーションズ
(2014年8月29日/東京・秩父宮ラグビー場)

 NTTコムの韓国代表CTB諸葛彬は「東芝の守備が合ってない。(対面が)自分だけを見ている」。早めにパスを求め、向こうから飛び込むタックラーとすれ違いざまに、直進。敵陣22メートルエリア左を破り、後半26分の得点を導く。ロブ・ペニー新ヘッドコーチの作戦通りか。前節に昨季王者のパナソニックを下した昨季4強の東芝を前に、同13位の挑戦者は似た形で好機を作り続ける。36分にも追加点を挙げ、後半のスコアを13-10とした。
 トライ数は2対2。東芝は相手の反則でのペナルティゴールで勝った格好だ。攻守の起点たるスクラムが優勢で、序盤、6-3と先行した。
 前半26分以降は敵陣ゴール前右で4本、組んだ。2本目、真ん中へ頭をねじ込む相手の右PR斉藤展士を、HO湯原祐希がブロック。8人一体で押す。置き去りのNTTコムの両FLが「オフサイド」。続く3本目の組み直しでNTTコムが崩れると、遠目で観ていた東芝のSO廣瀬俊朗がレフリーに注意喚起を促す。4本目、NTTコム、崩壊。ここでのペナルティトライなどで一時10点リードとしたHO湯原は、苦しい一戦の後に「駆け引き疲れ、しました」。




























































  1. 2014/08/30(土) 05:15:43|
  2. その他

コカコーラ




監督、主将の言葉に浮かぶ真実。サンゴリアス追い詰めたコーラの気迫。

南アフリカから来た超大物、スカルク・バーガーにも果敢に挑んだレッドスパークス



 熱かった熊本の夜。8月23日に同地でおこなわれたコカ・コーラ×サントリーの『飲料ダービー』はコカ・コーラが79分間リードするも、最後の最後にサントリーが逆転し、17-13で勝利を手にする激戦となった。
 試合後の監督、主将の言葉から、両チームの現在地と、この先向かう道が見えた。

 前半の得点は、コカ・コーラSO福田哲也のPGのみ。3-0で始まった後半、1分にFLソロモン・キングがトライを挙げ(ゴールも決まり)、コーラのリードは10-0となった。
 その後、サントリーは9分にFL佐々木隆道がトライを挙げ、コーラは13分に福田がPGを決めて13-5。WTB中靍隆彰のトライで、サントリーが3点差に追い上げたのが25分だ(13-10とコーラがリード)。そして、勝負が決したのは試合終了を告げるホーンが鳴った後半41分だった。SHに入っていた成田秀悦がインゴールに入り逆転(ゴールも成功/17-13)。死闘は終わった。

 レッドスパークスの山口智史監督は、健闘しながらも勝ちきれなかった現実に目を向け、「こちらのアタックがなかなかできなかった。選択した戦術の精度が甘かった。今年は自分が監督就任して始めて防御強化に取り組んだのですが、いいディフェンスができた。ただ、負けたので次は結果に結びつけたい」と語った。
 敗戦のなかで得た収穫を問われると、昨季と今季の違いについて口にした。
「(トップリーグに復帰したばかりだった)昨季は、九州リーグ(トップキュウシュウ)とは違う、接点をはじめとした激しさ、テクニックの違いに面食らい、セカンドステージからようやく対応できた感じでした。でも今年は、トップリーグのスタンダードを知った上で準備できた。その成果は見えたと思う」

 NO8豊田将万主将は、選手たちの内面の変化に手応えを感じていた。
「会社の体制が変わって、多くの応援にきてもらえて感謝です。チームの名前が変わって(コカ・コーラウエスト→コカ・コーラ)、『新しい歴史を作ろう』という意気込みで挑みました。明確なターゲットを持って、この日のためにあらゆることを犠牲にしてやってきた。しかし最後は、サントリーが一枚上手でした。選手たちは最後まで前を向いて、新しいことを積み上げる戦いをやってくれた。まだ始まったばかりなので、次にフォーカスしてやって行きたい」
 キャプテンは前を向いていた。

 3点リードで最後まで進んだ試合。試合終盤、反則でPG機を得たサンゴリアスが同点を狙わず、トライを狙い、逆転したことについてふたりは、こう話した。
「ハーフタイムに『相手は後半の最初から攻めて来るぞ』という話を選手にしたが、それに対抗できる気持ちがあったので、できるだけ敵陣に入って点を取って行こう、と。そうしていけば相手は疲れて来るだろうと思っていたんです。でもなかなか敵陣に入れず、相手が息を吹き返して逆転された。そこは相手の素晴らしさ。フィジカルにボールを動かし続けるという、サントリーが積み上げてきたものが出たと思います」
 そう話した山口監督に続いて、豊田主将も相手を称えた。
「(サントリーは)僕ら(相手)だから攻めてきたんだと思います。僕がサントリーの立場だったら、狙わない。パナソニックや東芝との試合だったら、判断は違ったでしょう。(そう感じたので)負けられないと思ったけど、最後は意地が足りなかった。サントリーの選手は(誰もが)同じところにフォーカスできていた」

 一方、試合後の会見場に現れた勝者は渋い表情だった。
 それでも大久保直弥監督は、勝利をつかんだ選手たちを労った。
「開幕ということで気合いを入れて臨んだが、相手がそれを上回る気迫だった。自分たちが意図していたゲームではなかったが、選手は最後まであきらめずによく戦い、勝ってくれたと思います。まだ開幕したばかりなので、これを活かしていきたい。 昨年の開幕とは11人違うメンバーです。若い選手にとって、このプレッシャーは今後につながる経験になると思う。この勝利を次につなげたい」

 LO真壁伸弥主将は反省を口にした。
「いい準備をしてきたが、開始から硬くなって、いいプレーができなかった。相手のプレッシャーにやられてしまった印象です。勝って反省できることになったので、次の試合に向けて、何が良くて何が悪かったかを見極めて次に挑みたいと思います」
 試合終盤の決断について、「PGで同点は考えなかったか」と問われた際には、「ラインアウト、スクラムで優位に立っていたので攻めようと思った」と答えた。















↓↓↓クリック↓↓↓

ゴルゴ松本、少年院での魂の授業





































































  1. 2014/08/29(金) 05:03:27|
  2. その他

TL



雨中の激闘 トヨタはルーキー竹田が活躍 神戸製鋼は終盤PGで逆転勝利


 強い雨が降った8月24日の京都・西京極総合運動公園で、トップリーグ開幕節プールBの残り2試合がおこなわれ、水浸しのグラウンドコンディションのなか、トヨタ自動車ヴェルブリッツと神戸製鋼コベルコスティーラーズが勝点4を手にした。

 トヨタ自動車はキヤノンイーグルスと対戦し、23-16で勝利。
 開始早々、キヤノンがハンドリングに苦労するなかトヨタ自動車が攻め込み、CTBスティーブン・イェーツが突破したあとSO文字隆也、CTBデレック・カーペンターとつないで先制した。さらにPGを2本追加されて13点を追う展開になったキヤノンは27分、ラインアウトからモールで前進後、ショートサイドを攻めてHO山本貢がインゴールに飛び込んだ。コンバージョンを決めたキヤノンのCTB三友良平は、35分にPGもねじ込み、13-10で折り返す。
 後半が始まって3分後、キヤノンが落球して敵陣深くでチャンスとなったトヨタ自動車は、クイックパスで左へつなぎ、帝京大出身のFB竹田宜純がトップリーグデビュー戦での初トライを挙げた。ゲームキャプテンを務めたSO文字のプレースキックも好調で、リードを拡大。
 結局、キヤノンは逆転することはできなかったが、ホーンが鳴ったあとにCTB三友がPGを決め、7点差以内の敗戦によりボーナスポイント1点を手にした。

 マンオブザマッチはトヨタ自動車のルーキー、竹田宜純。



 南アフリカ代表アシスタントコーチだったギャリー・ゴールドが新しい指揮官となった昨季3位の神戸製鋼は、昨季11位のリコーブラックラムズ相手に苦しみながらも、19-17で逆転勝ちした。
 35分に神戸製鋼が反則の繰り返しでFW1人を減らした直後、リコーはスクラムからのサイドアタックでNO8マウ・ジョシュアがゴールラインを越え、6-10とリコーの4点リードで前半を終了。
 しかし神戸製鋼は49分、ゴール前のスクラムからNO8谷口到がショートサイドを突いて逆転する。その後、コベルコスティーラーズはCTB田邊秀樹によるコンバージョンとPGで5点を追加し、16-10。
 74分にリコーがSOコリン・ボークやHO滝澤佳之のゲインもあってテンポよく攻め、キャプテンのWTB小松大祐が左隅に飛び込み、ゴールキックも成功して再びゲームはひっくり返ったが、残り3分を切ったところで神戸製鋼がPGチャンスを得、田邊が左足でウイニングショットを決めた。
 その田邊が、この試合のマンオブザマッチに選ばれている。










































































































  1. 2014/08/28(木) 04:54:37|
  2. その他

サントリー



成田が逆転トライ!サントリー、2季ぶり∨へ劇勝発進!!

 ラグビー・トップリーグ第1S第1節第2日(23日、うまかな・よかなスタジアムほか)2季ぶり4度目の優勝を狙うサントリーが、ラストワンプレーでのSH成田秀悦(29)の逆転トライで、コカコーラとの“コーラ・ダービー”に17-13で競り勝った。NECはクボタをノートライに抑えて24-3で退け、昨季5位のヤマハ発動機は豊田自動織機に38-9で快勝。NTTコムはサニックスを25-11で破り、それぞれ白星発進した。

 真夏の悪夢となりそうだった苦闘を、最後のワンプレーでひっくり返した。10-13と1度もリードできずに迎え、プレーが切れれば試合終了を知らせるホーンが鳴ったあとの後半41分。敵陣ゴール前で成田に迷いはなかった。

 「(相手の反則の)アドバンテージが出ていたので思い切って勝負しました」

 強引にラックサイドを突いたトライで、土壇場で勝利をもぎ取った。

 夏合宿までとは見違えるコカコーラの粘り強い防御に反則やパスミスなどでターンオーバーを繰り返した。22日には昨季の2冠王者・パナソニックが東芝に敗れ、前年度のトップリーグ(TL)優勝、準優勝チームが史上初めてそろって開幕黒星となるところだった。

 それでもチームは、日本一の攻撃ラグビーを掲げる「サントリースピリッツ」を忘れなかった。残り10分を切って敵陣に攻め込むと、相手の反則にも1度も同点狙いのPGを狙わず攻め続けた。勝利のトライしか眼中になかった。

 成田は「あそこは全員が攻める気持ちだった。迷いはなかった」。執念をもってインゴールを陥れ、薄氷の勝利をもぎ取った。南アフリカ代表のフーリー・デュプレア(32)、日本代表・日和佐篤(27)の陰に隠れた存在だったが、2人のけがもあり、後半開始から投入された成田は値千金のトライで存在をアピール。12年目のTLで、頼れる第3の男が価値ある白星スタートの主役を演じ切った。




















































































  1. 2014/08/27(水) 05:23:59|
  2. その他
次のページ

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索