1. 無料アクセス解析

堺市立 金岡北中学校 ラグビ-部

心身ともにたくましい男子を目指します!!

オーストラリア

来日間近のオーストラリア代表“ワラビーズ”が、世界の頂点に君臨し続けるニュージーランド代表“オールブラックス”を倒した! 10月21日、地元ブリスベンのサンコープスタジアムで対戦し、23-18で激闘を制した。対オールブラックス戦7連敗中だったワラビーズは、2015年8月8日以来のライバル撃破となった。






  

今季対決の第1戦と第2戦に敗れ、両国間で争うブレディスローカップは15年連続でニュージーランドに輝くことを許したワラビーズだが、威信とプライドをかけ、そして、先住民のアボリジニがオーストラリアラグビー界で果たしてきた役割を祝い特別に作られたジャージーを着て、奮闘した。



前半6分、ワラビーズはWTBリース・ホッジがインターセプトから約80メートル独走し、先制。

13分に相手WTBワイサケ・ナホロにトライを奪われ、さらにPGを2本決められ追う展開となったが、39分、辛抱強くつないで敵陣22メートルライン内に入り、左を数的優位にしたところでFBイズラエル・フォラウが防御網を切り裂き、12-13と1点差に詰めて折り返した。



ワラビーズは56分(後半16分)、ゴール前ラインアウトからのモールでアドバンテージを得ると、左へ大きく回し、FBフォラウがディフェンダーをひきつけて、WTBマリカ・コロインベテが逆転トライを挙げた。63分にはWTBホッジがショットを決めて20-13。



しかし、8月26日の第2戦は17点ビハインドからひっくり返していたオールブラックスは慌てることなく、フェイズを重ねた70分、CTBソニービル・ウィリアムズが厳しいプレッシャーをかけられながらも、ターンでかわしてオフロードでNO8キアラン・リードにつなぎ、ボールは大外のWTBリーコ・イオアネへと渡って、黒衣の背番号11がタッチライン際を振り切りゴール左隅に飛び込んだ。コンバージョンキックは失敗で、2点差。



だがワラビーズも意地を見せ、77分に自陣でペナルティを得ると、WTBホッジが約55メートルのPGを決め、5点差に広げる。



オールブラックスは残り1分を切って敵陣22メートルライン内に入ったが、FLサム・ケインがピックアップからの攻撃を焦ったか、落球し、直後に試合終了の笛が鳴って、ワラビーズが歓喜した。



ワラビーズは10月28日にシドニーでバーバリアンズと対戦したあと来日し、11月4日に神奈川・日産スタジアムで日本代表とテストマッチをおこなう。


   












 
スポンサーサイト
  1. 2017/10/24(火) 02:23:05|
  2. 未分類

JAPAN

日本ラグビー協会は10月19日、今秋のビッグゲーム4試合に臨む日本代表メンバー34人(FW:19、BK:15)を発表した。


キャプテンに任命されたのはリーチ マイケル(東芝)。今年6月の日本代表活動では堀江翔太(パナソニック)と立川理道(クボタ)が共同でキャプテンを務めたが、2015年ワールドカップでジャパンの先頭に立って歴史的快挙を遂げた闘将リーチが再びキャプテンとしてチームをけん引する。


ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチはリーチをキャプテンに選んだ理由について、ワールドカップなどでの彼の経験を高く評価しており、「みんながついていく存在」と語った。「堀江に関しては、共同キャプテンを務めてくれたとき、彼はチームに大きなものを与えてくれていた。

しかし、昨年からタフなシーズンを過ごしてきて大変だ。立川とのコンビは、とてもいいリーダーシップを発揮してくれていたが、これでまた、自分のプレーに集中していいパフォーマンスを出してくれるだろう」。
リーチ主将は「ラグビーワールドカップ2019はあと2年後。我々の目標を達成するためには、すべきことがまだまだたくさんあります。大きな、エキサイティングな挑戦が目の前にあり、ワールドカップに向けた我々のこの“旅路”をファンの皆様にサポートいただくことを、楽しみにしています。

今回選ばれなかった選手の皆さん、また日本代表でプレーをしたいと強く望む皆さんへ。是非トレーニングを継続し、高いレベルを維持してほしいと思います」とコメントした。

初選出は5人で、トヨタ自動車のルーキーながら主将を任され今季トップリーグで活躍し、NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプなどでもアピールしてきた姫野和樹がFLで選ばれた。トンガ出身のPRヴァル アサエリ愛(パナソニック)、NO8フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車)、CTBシオネ・テアウパ(クボタ)、南アフリカ出身のLOヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)も桜のジャージーを手にすることとなり、昨年日本代表入りしてテストマッチ未経験の韓国出身PR具智元(ホンダ)とともに初キャップ獲得を目指す。
さらに、2015年ワールドカップでも活躍したCTB/WTBマレ・サウ(ヤマハ発動機)が日本代表復帰。今週の強化合宿には不在だったCTB中村亮土(サントリー)も招集されている。


代表11キャップを持つ東海大学4年のFB野口竜司は学生で唯一の選出となった。
その一方、100キャップまであと2つと迫っているLO大野均(東芝)や、ベテランのPR三上正貴(東芝)、HO木津武士(神戸製鋼)、FLツイ ヘンドリック(サントリー)、若手のFL金正奎(NTTコミュニケーションズ)、SO山沢拓也(パナソニック)、FB/WTB藤田慶和(パナソニック)などは選ばれなかった。


指揮官は、「選考は難しかったが、いいバランスがとれた。経験豊富な選手と若い選手がいる。FWフロントファイブは常に選手選考の難しいところだが、今回はルースFWでプレーできる人を2人いれた。それが姫野とヴィンピーです。BKでは、複数のポジションをできる人を選んでいる。期間の長いワールドカップや、ツアーの中で、そういう選手は価値が出てくる」とコメントした。
また、薫田真広・男子15人制日本代表強化委員長は今後のプランについて言及し、「今季のトップリーグ終了時点から2019年のワールドカップまでの20か月間、ワールドカップへ向けてのトレーニングスコッドを発表する。おおよそMAX30名を欧州ツアー後に発表する。ワールドカップ当確というわけではなく、随時入れ替えをしながら鍛えていく。トップリーグの協力を得て、彼らを代表側がコントロールしていく。代表資格をまだ得ていない選手も入れて強化していく」と語った。


日本代表(2017年10月16日時点での世界ランキングは11位)は10月22日から合宿に入り、28日に福岡・レベルファイブスタジアムで世界選抜と対戦。11月4日には神奈川・日産スタジアムでオーストラリア代表(同3位)に挑む。その後はフランスに遠征し、現地時間11月18日にトゥールーズのスタッド・アーネスト・ワロンでトンガ代表(同13位)と激突、同25日にはナンテールのUアリーナでフランス代表(同8位)にチャレンジする。


<2017年秋 日本代表メンバー>
【PR1】

石原慎太郎(サントリー/6 caps)、稲垣啓太(パナソニック/16 caps)、山本幸輝(ヤマハ発動機/4 caps)
【HO】

坂手淳史(パナソニック/8 caps)、日野剛志(ヤマハ発動機/4 caps)、堀江翔太(パナソニック/52 caps)
【PR3】

浅原拓真(東芝/8 caps)、ヴァル アサエリ愛(パナソニック/―)、具智元(ホンダ/―)
【LO】

アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)、ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/―)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機/6 caps)、谷田部洸太郎(パナソニック/15 caps)
【FL】

布巻峻介(パナソニック/3 caps)、姫野和樹(トヨタ自動車/―)、松橋周平(リコー/8 caps)、リーチ マイケル(主将/東芝/50 caps)
【NO8】

アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ/16 caps)、フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車/―)
【SH】

内田啓介(パナソニック/22 caps)、田中史朗(パナソニック/61 caps)、流大(サントリー/6 caps)
【SO】

田村優(キヤノン/45 caps)、松田力也(パナソニック/9 caps)
【CTB】

立川理道(クボタ/51 caps)、シオネ・テアウパ(クボタ/―)、中村亮土(サントリー/11 caps)、ティモシー・ラファエレ(コカ・コーラ/5 caps)
【WTB】

マレ・サウ(ヤマハ発動機/27 caps)、福岡堅樹(パナソニック/23 caps)、山田章仁(パナソニック/23 caps)、レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2 caps)
【FB】

野口竜司(東海大学4年/11 caps)、松島幸太朗(サントリー/25 caps)


  
























  
  1. 2017/10/19(木) 19:35:47|
  2. 未分類

トップリーグ

近年、4強入りの常連で、今季も優勝候補の一角と目されているヤマハ発動機と神戸製鋼が30日、静岡・エコパスタジアムで激突し、神戸製鋼が38-19で制して開幕から6連勝となった。ヤマハは今季2敗目(4勝)。




 






   


              






 


 
  1. 2017/10/03(火) 05:02:19|
  2. 未分類

五郎丸

10月28日に福岡・レベルファイブスタジアムで日本代表(JAPAN XV)と対戦する世界選抜(World XV)の出場選手の一部が決まり、日本ラグビー協会が発表した。


  

    


  
  



  

   




海外挑戦から帰国し、ヤマハ発動機ジュビロに復帰したFB五郎丸歩(31歳)が世界選抜の一員として“ブレイブ・ブロッサムズ”と対峙する。2015年のワールドカップで大活躍し世界のベストフィフティーンに選出された日本代表57キャップ保持者の五郎丸は、「初めて世界選抜チームとして、生まれ故郷の福岡で、日本代表と戦えることを楽しみにしています。日本代表並びに世界選抜への熱いご声援をよろしくお願いいたします」とコメントした。

    








   




  







  














  
    
  1. 2017/09/22(金) 22:40:08|
  2. 未分類

JAPAN

■2018年11月17日(土)日本代表 対 イングランド代表@トゥイッケナム・スタジアム(イギリス)
  

■日本代表 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチコメント
  

「ラグビーワールドカップ2019の開幕を10ヶ月後に控える大事な時期にイングランド代表と対戦できることを喜ばしく思います。また、伝統のあるスタジアムで、8万人の観客の前で試合ができることは選手にとっても素晴らしい経験になるでしょう。2018年11月はワールドラグビーランキング1位のオールブラックス(ニュージーランド代表)との対戦と、2位のイングランド代表との対戦があり、非常なタフなシーズンですが、この機会を最大限に活かしたいと思います」

  






 
 






  




  


 
  1. 2017/09/13(水) 19:28:11|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

kanakita

Author:kanakita
大阪府堺市立金岡北中学校ラグビー部です。部活動以外の行事なども写真&動画レポートします。よろしくお願いします。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

RUGBYブログ

↓ ラグビ-のブログ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索